強圧しないで、しっかり圧を入れるコツ

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
強圧しないで、力まずに、指への負担なく、しっかりと圧を入れるコツをお伝えしたいと思います。

一生懸命に強圧しても圧が入らない…強圧しなで圧を入れるコツとかあるのかな?

このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

強圧しないでほぐす効果はこちら↓

強圧しない手技に変えるのは、最初は苦戦します

強圧する手技の見直しをしていると、ほぐしの場合に多い悩みがこちらです。

  • 手が疲れる、指が痛くなってしまう
  • 手や肩に力が入ってしまう
  • 圧が深く入っていかない
  • 圧の方向がズレてしまう
  • 母指圧なのに、四指にも圧がのってしまう

指の当て方や身体の使い方、強圧しないで圧が入る仕組みなどは、基礎講座でお伝えしているので、

少しずつ出来るようになってくるのですが・・なかなか苦戦する方も多いです。

今までの強圧手技を変えていくのって、そう簡単にはいかないものです。

そこは焦らないでね^^

その次の段階として、最近のセラピストスキルアップ講座でのアドバイスで好評で、劇的にいい変化があるのがコレです。

『まずタオル!』

■まずタオル!強圧しないで圧をいれるコツ

  • 手が疲れる、指が痛くなってしまう
  • 手や肩に力が入ってしまう
  • 圧が深く入っていかない
  • 圧の方向がズレてしまう
  • 母指圧なのに、四指にも圧がのってしまう

そんなときは・・『まずタオル!』です。

セラピストさんの手技を見ていると、「押さなきゃ!」と焦っていることが多いんですよね。

その焦りによって、身体に余計な力が入ってしまって、自分も疲れるし、圧は深く入らない・・

そんな悪循環を起こしてしまっているのです。

なので、『まず、タオル』に触れましょう!

それから、皮膚に触れて、皮下脂肪、筋肉の層へと

焦らずに、一層ずつ触れながら圧を入れていってみてください。

その時も、チカラではなく、腕の重さと上半身の重さを合わせて2~3kgの重さで。

グイグイではなく、じんわ~り圧が入っていき、強圧しなくてもほぐれていきますよ。

よかったら、やってみてください!

感想をもらえたら嬉しいです^^

■来年は東京・目白と静岡・足柄から講座スタート

今週は、東京で、スキルアップ講座→忘年会→スキルアップ講座でした。

初めましての方も忘年会に参加してくださって、

「万里さんを筆頭に、皆さまの人柄に癒されてしまいました」と。

そう!

和もみに集まるセラピストさんは、みんな優しくて和ませてくれる人が多いんですよね^^

スキルアップ講座でみんなが練習しているところを見ていても、気配りが出来て、でも気を遣い過ぎてない。

いつもいい雰囲気なんですよね~

みんな、ありがとうございます!!

1月の目白サロンでのスキルアップ講座は、16日と18日に行います。

申込み受付中ですので、みんなで練習したい方はぜひ♪

↓スキルアップ講座の詳細はこちら
https://aromare.jp/infoschool-4/

追加で、1月25日に、静岡県の足柄でもスキルアップ講座をすることが決まりました!

詳細はメルマガでお伝えします。登録はこちらから↓

関連記事

  1. ガチガチ身体が大きなお客様をほぐすときのコツ

  2. 体力的に、セラピストは何歳までかな?あと何年続けられるんだろ…

  3. セラピストの仕事に必要なこと【選択肢を増やす】

  4. セラピストを長く続けていくためのステップ【講座の感想】

  5. セラピストとは・・治療家のマネでいいの?

  6. アドバイスは私に当てはまることばかり・・