施術でつらい思いをしなくていいよ!今までの50分の1

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
セラピストさん!もう・・施術でそんなつらい思いしなくていいよ。と言う話です。

施術をすると指や腰がつらい…施術でつらいのは当たり前とは言われるけど本当なのかな?

このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

施術でつらい思いをしなくていいよ

この記事を書いている私は、強もみができない、指が痛いセラピストさん向けの講座をはじめて5年、300人以上の手技の見直しをしてきました。

このような経験を基に、施術でつらい思いをする必要がないことについて書きます。

結論から言うと、強もみの施術をして指や腰がつらいなら辞めた方がいいです。

というのも、強もみ施術をしなくてもほぐすことができるから。

施術の全てを変える必要はなく、和もみを一部だけでも取り入れることで、つらい思いをしなくてすんだセラピストさんがたくさんいます。

ですので、強もみ施術でつらい思いをしているのなら、まずは一部だけでも強もみ施術を辞めてみるといいです。

■強もみ施術をしない和もみ®ってどんな感じ?

先日の基礎講座を受けてくださったセラピストさんからは、こんな声をいただいています。

「思った以上にやさしい圧!今までの50分の1です(笑)」

「強くないけど弱くもない、しっかりと効いている感じがする・・
受け入れてもらうってこう言うことなんですね!」

「これでいいんですね!指も身体もどこも痛くないです」

話しを聞けば皆さん、強もみに悩み身体も心もつらくなっていたとのこと。

サロンの研修では、施術の手順を覚えたら、強くできるように練習。

その強さに慣れるように筋トレしたり、ベッドに乗ったり、踏ん張ったり・・

強もみが出来ないと、価値が無いように言われてしまうことも・・

施術で人の身体をほぐすのに、そんな戦いを挑むようなことは、全く必要ないですよ。

強もみに悩むセラピストさん全員に、伝えたい!!

もう・・施術でそんなつらい思いしなくていいよ。

↓強もみの危険性についてはこちらで書きました

■現場での施術に和もみ®を取り入れるには

まずは何と言っても、

・施術で自分の指や身体への負担をなくすこと

そして、

・筋肉を傷つける強もみ施術を辞めること

お勤めサロンの現場では、ここからやってみてほしい!

それによって、

・お客様をこれ以上の強もみにしない

・強もみ施術の悪循環から抜け出させる

・本来の感覚を取り戻す

そんなことを目指していきたいのです。

強もみ施術って、その場しのぎにしかならないし、長期的に見たら良いこと一つもないからね・・><

お客様にとっても、セラピストにとっても、つらいからね。

■12月セラピスト講座

大阪での講座が、無事に終了しました!

今回は、基礎講座→スキルアップ講座→忘年会→スキルアップ講座の3日間でした。

12月の残りの講座予定は、12日、13日は、目白サロンでスキルアップ講座。

19日、20日は、名古屋で講座です。

お会いする皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

そして、23日は、オンラインで勉強会と質問会をします。

23日10時~受講生さんの勉強会で、

20時~は、このメルマガを読んでくださっている方なら誰でも参加可能な質問会を行います。

↓無料メルマガ登録はこちら↓

強もみのこと、施術のこと、接客のこと、独立のこと、和もみのこと、つらいこと、

私への質問でもいいし、他の方がどうしているのか聞いてみてもいいし。

ふだん疑問に感じていること、違和感があることなどなど、気軽に話せる場となっています。

詳細については、またメルマガでお知らせしますので、よかったら予定しておいてくださいね^^

関連記事

  1. セラピストが力を抜くには身体が先!そうすると圧が入るよ

  2. マッサージで「力加減が絶妙で、全て気持ちよかった!」ともらう…

  3. セラピストがリピーターを増やすには?【早く上手くなる方法】

  4. マッサージ店のお客様が減っている理由は?

  5. セラピストとしてお客様にいいものを提供しませんか?

  6. 練習方法のコツ【セラピストは習ったことだけでは上達しない】