客層を変える♪和もみ®を取り入れたら、来るお客様が変わった!

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
和もみ®を取り入れたら、来るお客様が変わった!そんな話です。

ほぐしサロンをしているけど、望んでいる客層が来ない…客層を変える良い方法とかあるのかな?

このような悩みをお持ちの方へ。

客層を変えるには!?来て欲しいお客様にする!

先日、自宅サロンをされているセラピストさんから、こんな嬉しいメッセージが届きました。

和もみをやっていると、
ほぐして!っていう人ではなく

・自分らしくなりたい
・自分を好きになりたい、大事にしたい

そんな人が来てくださるな~と実感しています。

改めて、和もみをサロンで出来てよかったな~と思っています!
引き続きよろしくお願いいたします^^

Nさんより

Nさんは、和もみセラピスト養成講座の0期生です。

先月、養成講座の方は終了しまして、認定試験の準備中です。

だんだんと目指していたカタチに、なってきましたね^^

■客層を変えるには「セラピストのあり方」が大切

結論から先に言うと、セラピスト自身のあり方が、来てくださるお客様に現れます。

つまり、客層を変えるにはセラピスト自身の在り方が大切です。

セラピストNさんも、養成講座を通じて、

・どんなお客様(客層)に来てほしいのか?

・お客様とどう関わっていきたいのか?

・そのお客様がどうなることを目指すのか?

そんなことを具体的にイメージしながら、カウンセリングやお客様との会話を見直し、練習していきました。

和もみ®の養成講座では、強もみしないでほぐす方法だけでなく、

触れるときの手や身体の使い方や、セラピストの精神面についても学んでいきます。

そう言うことが、お客様に影響しますからね。

スポーツ選手のトレーナーのように、導いていくことができるのが、『和もみセラピスト』です。

Nさんが言っているように、

「ほぐして!」っていう人ではなく

・自分らしくなりたい
・自分を好きになりたい、大事にしたい

そんなお客様と、長くお付き合いができるのも和もみ®の特徴です。

客層を変えたいなら、セラピスト自身が変わる必要があります。

お客様に言われるままに施術するのではなく、お客様をより良い方へ導けるセラピストになりませんか?

ちなみに、和もみセラピスト養成講座の2期生は、4月スタート予定です。

▼詳しく知りたい方はこちらをご覧ください
https://aromare.jp/school-35/

▼まずは、基礎から学んでみたい方は基礎講座から♪
https://aromare.jp/course/seminar3/

■おわりに:超常連さんとランチ

昨日は、常連のお客様と新宿の眺めのいいレストランでランチをしてきました。

毎年この時期に食事会をしているのですが、今回は『超』常連さまの3名とこじんまりとした会になりました。

皆さん、10年以上のお付き合い!

一番長い方は13年だから、お互いに歳を取るはずです・・苦笑

「五十肩がつらかったけど、先月やってもらってから良い感じです!」

と、年齢と共に身体の変化もありますが、、やりたいことをやれているようです。

こうして長く健康のサポートをさせていただけるって、幸せなことだな~としみじみ。

そのお客様の不調の原因や背景も考えて、施術を受けた翌日以降がどうなるのかも考えて、

更に、自分の施術を5年10年受け続けたらどうなるのか?

そんなことを常に考えてお客様と向き合っています。

せっかく来てくれているのに、身体がどんどん固くなったり、鈍くなったりしたら大変ですからね。

関連記事

  1. セラピストを続けるために!やっと伝わるようになってきた

  2. リラクゼーションと治療系マッサージの違い

  3. 強押ししない和もみ®と強押しの違いを比較

  4. お客様に合わせた施術をするには?

  5. 和もみにも治療効果がある!?

  6. 【ほぐれる感覚】強もみしない和もみ®が出来ているかどうかの目…