和もみ®施術と一般的な施術の大きな違い

和もみ®(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
和もみと一般的な施術との大きな違いについてです。

強もみしない和もみ施術と一般的な施術との違いは何だろうか?お客さんが感じる違いはあるのかな?

このよう疑問をお持ちのセラピストさんへ。

和もみ®施術と一般的な施術の大きな違い

この記事を書いている私は、強もみができない、指が痛いセラピストさん向けの講座をはじめて5年、300人以上の手技の見直しをしてきました。

このような経験を基に、強もみしない和もみ施術と一般的な施術の違いのついて書きます。

結論から言いますと、お客様が自分の身体を感じられるか?の違いです。

というのも、一般的な強もみをする施術だと、お客様が身構えてしまい自分の身体を感じることが難しいからです。

先日も、福岡での講座に来てくれたセラピストさんから、このようなご報告が届きました。

10年以上施術を受けてくれているお客様に今までの痛気持ちいい揉みほぐしではなく、
和もみスキルアップで教えていただいたことを参考にし揉み方を変えたら、

お客様から、

「圧は弱いけど、自分が張っているところは少し痛みを感じるから、
どこが自分の身体が疲れているかが正解にわかっておもしろかった。

今まで施術中は痛い圧が来るから身体が身構えていたけど
今日は圧を身体が受け入れられている感じがして初めて施術中ぐっすり眠れた!」

と言っていただけました。

ただ今までが強く揉みすぎてたんだなと、あらためて思いました・・

まだまだ和もみは出来ませんが、
強く揉み過ぎないことだけは意識して施術しようと思いました^^

Yさんより

Yさん、早速お客様に試してみたのですね!

お客様からのお声も聞けて良かったですね。

>「圧は弱いけど、自分が張っているところは少し痛みを感じるから、
>どこが自分の身体が疲れているかが正解にわかっておもしろかった。

>今まで施術中は痛い圧が来るから身体が身構えていたけど
>今日は圧を身体が受け入れられている感じがして初めて施術中ぐっすり眠れた!」

Yさんとお客様との信頼関係が出来ているからこそ、こうしたことを言ってもらえたのですね^^

■和もみが一般的な施術と大きく違うのがこれ!

Yさんのお客様も言ってくださっているように、

『自分の身体を感じられる』

和もみが、一般的な施術と大きく違うのがこれです!

和もみでは、『自分の身体と向き合う』ことを目的に、施術を受けたりお話しを伺ったりしています。

施術に関しては、強くないけど弱くて物足りないのとも違う。

和もみの技術を身に付けたら、お客様にもっと喜んでいただけて、

お客様との信頼関係も築けて、長いお付き合いになっていくのではないでしょうか?

もしかしたら・・

セラピストの方が「強くしなきゃ!」「お客様に喜んでもらうために!」

そう思い過ぎていることがあるかもしれませんね。

自分の手技がどうなのか?

和もみが現場で通用するのか?

強もみのお客様にも喜んでもらえるのか?

確認しに来てみませんか?

あなたの技術や施術の幅が広がりますよ♪

■年末年始の営業について

12月ですね♪

ありがたいことに、たくさんのご予約をいただいておりまして、年内のサロンの予約枠は、全て埋まりました!

施術や個別レッスンをご希望の方は、2023年のご予約を承っております。

【年末年始の営業について】
12月29日~2023年1月4日までお休み。
1月5日から通常営業いたします。

↓予約状況はこちら
https://aromare.jp/contact2/

和もみの講座は、いくつかありまして

和もみのやり方をマンツーマンで指導できるのは個別レッスンです。

和もみを基礎から学びたい!自分に何が足りないのか分からない・・そんな方は、和もみ基礎講座。

(基礎講座は、動画で学ぶこともできます)

和もみの基礎を学んだみんなと一緒に練習したい!もっと上手になりたい!部分的に聞きたいことがある・・

そんなときは、スキルアップ講座を活用してください。

自分の現状や目的に合わせて、使い分けていただけるようになっています。

詳しいことは、こちらの記事も読んでみてね^^

↓和もみをどう学んだらいいの?
https://aromare.jp/school-22/

出張講座では、グループでの学びになりますので、基礎講座とスキルアップ講座を行っています。

和もみの考え方が好き!そんなセラピストさん同士で、学んで練習して情報交換して・・

同じ考えの仲間ができるといいですよね^^

皆さまよろしくお願いします♪

関連記事

  1. 【ほぐれる感覚】強もみしない和もみ®が出来ているかどうかの目…

  2. 和もみ®で理想のセラピストになろう!

  3. 痛みのある部位への施術アプローチの注意点

  4. 強押ししいないでほぐす!これが、まさに和もみ®の特徴です!

  5. 和もみでセラピストさんへオンラインでも伝えらること

  6. 強押しで傷つけるかも!?お客様を癒しているつもりが…