どれくらい?ほぐす目安について

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
ほぐれたときのイメージや目安についての話です。

ほぐす目安はやわらかくなったらと思ってたけど…ほぐれた目安ってあるのかな?

このような疑問をお持ちのセラピストさんへ。

どれくらい?ほぐす目安について、もしかしたら前提から違ってる?

「ガチガチに硬い場合は、どうしたらほぐれますか?」

「ここをほぐすには、この手技でいいですかね?」

「腰まわりのほぐし方を教えてほしいです!」

そんなことを聞かれることが、良くあるのですが・・

(言いたいことは分かるし、知りたいことも分かりますよ!)

でもね・・

詳しくお話を伺っていると、前提から違うのかな?と思うことがあります。

例えば・・こんな風に思っていたり。

  • 身体が固い、痛みがあるのは、「良くないことだ!」と思っている
  • 柔らかくなればなるほど、身体の調子はよくなっていくと思っている
  • たくさんやればやるほど、ほぐれると思っている
  • 「固いコリが柔らかくなる=ほぐれた」と判断している

これ。

全て間違いですよ。

身体の症状の意味や、身体が良くなっていく仕組み、

手技をする意味や目的、ほぐれるということが何なのか、

ちゃんと分かってお客様の身体に触れていますか?

■ほぐれる目安はどうなったらいいの?

施術をすることで、身体がどうなったら『良い』のか?

このほぐす目安の考え方があるといいですよね。

ちなみに、和もみ®の場合は、ほぐれたときのイメージや目安が、

×つぶれる
×固いものが柔らかくなる

これではなく、

◎コリがふっくらする
◎身体のチカラが抜ける
◎触れられている感覚が変わる

こちらです。

更に例えば、

◎コリがふっくらする

  • 硬さの1割くらいが変わればOK!
  • コリ全部がふわふわになるほどやってはいけない

というのが、ほぐれた目安になる和もみ®の考え方です。

先ほども書きましたが、

  • 柔らかくなればなるほど、身体の調子はよくなっていく
  • たくさんやればやるほど、ほぐれる

身体ってそういうものではないし、ほぐすってそういうことではないですよ。

ほぐし方や、ねらうポイントも大事ですが、

『どうなったらいいのか?』

目安になる考え方も大事ですよね。

和もみ®では、手技の実践練習をする前に、こういった基本のことを大切にしています。

セラピストを長く続けていくには、基礎となる土台がしっかりしていないとね。

人によっては面倒くさく感じるようですが、大切なことを丁寧にやっていくことが和もみ®の理論です。

ご興味がありましたら、お待ちしております^^

■新しい和もみ®基礎講座動画について

先週末は、和もみ®の基礎講座の最新版をつくるため、動画撮影をしていました。

数年前に作ったものをそろそろ新しくしたいな~と思いつつ、

一年以上かけて内容の見直し、伝え方の見直しをしてきました。

やっと中身が出来上がり、いざ撮影!

8時間かかって、1/4の撮影ができました。

まあまあ大変な作業だけど

「すごくいい動画になりそうだね!」

と、撮影している夫に、励まされ元気をもらいながら。

ところが、次の日の撮影でトラブルが・・

なんと!サロンの隣の工事がフル稼働!

カンカンカンカン!
ガーガーガーガー
ドドドド。。。

これでは、音声が全く取れない><

スタジオ借りて撮影するしかないか~

どうにかこうにかスケジュールを調整したけど、中旬頃になりそう・・

そこから、編集作業あるからね。

7月末までに出来上がるといいな~。。

現在制作中の『和もみ基礎講座の最新版』は、

過去に動画講座を購入してくれた方、リアルで基礎講座を受講された方にも、最新版ができたらプレゼントしたいと思っています。

そして、前回のメルマガでお知らせした、こちらの講座にご参加の方にも、最新版をお届できたらと思っています。

▼8月はこんな講座を予定しています♪
8月に予定している講座

関連記事

  1. 治療系とリラクゼーションの違い【それぞれの特徴】

  2. 【セラピストさんからの質問】身体大きな人をほぐすには?

  3. 和もみ認定セラピストを作ります!独立支援

  4. 一人で家でこっそり施術の練習②

  5. 和もみ®で理想のセラピストになろう!

  6. リピート率を気にしないで、なぜ100回も10年も来るの?