セラピストの仕事は、施術だけじゃないですよ!

こんにちは^^和もみ®セラピストの万里です。 

先日サロンに来店してくださったお客様は、来店回数182回目でした。

もう、10年以上のお付き合いになります。

サロンには、少しずつですがお客様が来てくださっています。

施術ができること、お客様に会えることが、嬉しくてしかたありません。

お客様の身体からの声を聴いていると、愛おしくてたまらなくなります。

身体って、肉体って、とても神秘的です。

「あなたの身体は、素晴らしい力を持っているんだよ!」

「もっと、その力を信じてみて!」

そんなことを、私はお客様に伝え続けています。

そうしたら、もっともっと楽に楽しく生きられるから^^

和もみ理論には、和もみという施術方法はありません。

よく勘違いされますが、私がセラピストさんに伝えたいのは『施術の方法』ではありません。

(もちろん、施術手技の見直しはしますよ)

施術をするとき、カウンセリングをするときに、どうお客様と向き合うのか?

セラピストとしての『あり方』から見直すための理論です。

自分の軸がしっかりするので、技術や精神的な波も減っていきます。

だから、お客様から信頼され、長く付き合っていくことができるのです。

お客様に身体の調子を伺っていると、不調があると簡単に薬を飲む方がいます。

例えば、お客様がこんなことを言ってきたら、あなたは違和感を感じられますか?

「生理痛や頭痛のときは、痛くなる前に鎮痛剤を飲んでいます」

「風邪を薬んだのですが、咳が止まらない、熱が下がらなくて・・」

「健康診断で、コレステロール値、血圧が高いと言われ、薬を飲んでいるんです」

「湿布を貼っているのに、なかなか痛みが引かなくて・・」

「じんましんの薬を塗ると良くなるのですが、塗らないとまたひどくなってしまうんです」

何が、おかしいか分かりますか?

私からしたら、どれも薬を飲む意味がわかりません。

何のために、その薬を飲んでいるのでしょうか?

おそらく、

「症状を抑えるため」や「治すため」

そう言うでしょうね。

しかし、よく考えてみてください。

それって、自分の身体の声を無視していませんか?

症状は、身体からのお知らせですよ。

それから、自律神経のバランスや、ウツも、薬で治ると思っている人が多いようでが、同じです。

自分の身体の声をちゃんと聴きましょう!

これからの時代は、こういうアドバイスができるセラピストがもっと必要です。

セラピストの仕事は、施術だけじゃないですよ。

こういう根本的なことから理解していないと、お客様と長くお付き合いしていくことはできません。

和もみ理論には、セラピストを長く続ける秘訣がたくさんありますよ^^

・セラピストの手や身体の負担なく、気持ちいい施術ができる!

和もみ理論~圧の入れ方・身体の使い方偏~

https://ameblo.jp/aromare-koe/entry-12586071648.html

※6/17は、大阪で開催します。

セラピストを長く続けたいなら、根本から学んでしっかりとした土台を作りましょう!

—————

セラピストを一生の仕事にしたい!

和もみは、そんなあなたを応援しています!

●個別レッスンで、和もみ®理論を学びませんか?

※6月7月スタート受付中♪

https://aromare.jp/minaoshi

※個別レッスンとサロンの予約は、随時受付しています

こちらの予約状況から、希望の日時をご連絡ください

予約状況・予約ページ

●オンライン相談室

あなたの疑問にお答えします♪ 

https://aromare.jp/onlinesoudan

●動画YouTubeにアップしています

https://bit.ly/2MZ9BFy

●無料で学べるメール講座、メルマガ配信中

強もみしないでセラピストを長く続ける秘訣を公開!

https://aromare.jp/tsuyomomishinai

和もみ®理論には、セラピストを長く続ける秘訣がたくさんあります。

お客様から「また、あなたにお願いしたい!」そう言ってもらえますよ^^

今日も、お仕事楽しく頑張りましょうね♪

関連記事

  1. 他のマッサージと和もみには、こんな違いがある

  2. 強もみを続けて、お客様と10年付き合えますか?

  3. セラピストの給料、安すぎない?

  4. このマッサージ、今まで受けたことがない感じです!

  5. 強もみ好きマッサージのお客様に満足してもらうには

  6. これで、強もみのお客様は満足してくれる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。