強く押さないのに深い圧が入る仕組み

和もみ®セラピストの万里です。

さて。今日は、
『強く押さないのに深い圧が入る仕組み』について書いてみたいと思います。

強く押さないと深い圧は入らないと思ってたけど…強く押さないで深い圧を入れる方法はあるの?

このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

強く押さないのに深い圧が入る仕組み

この記事を書いている私は、強もみができない、指が痛いセラピストさん向けの講座をはじめて5年、300人以上の手技の見直しをしてきました。

このような経験を基に、強く押さなくても深い圧は入ることについて書きます。

まずは、和もみ®動画講座を受講した、セラピストさんからの感想を紹介します。

こんな嬉しい報告が届きました。

動画で基礎講座を受けました。
なるほどー!和もみ理論が解りました。

動画講座を拝見して「えっ!こんなに自然体で圧を入れるの!?」「これでいいの?」と…
お客様は男性の体格の良い方が多いのでさすがに、いきなりは無理でしょ~とは思いましたが、

コリに圧をかけすぎて周りの組織まで傷ついてしまう…

アノ実験が頭をよぎり、先ずは摩ったり、四指でゆらしたり、上→下まで身体を温めてから いざ母指圧!
お客様の身体が私の指を受け入れてくれたら1センチ先を意識して…。

そしてクロージングは…
「筋肉の表面から張っていたのでそこを解して温まってきたら…私の指を受け入れてくれましたよ!」
お客様も「あ、少し楽かも!?」と、腕を回していました。

実は…セラピストとしてデビューしてからまだ2ヶ月で、まだまだ勉強中なのですが…
和もみ理論と施術動画に助けて頂く事いっぱいあります!

札幌の講座の日程が決定しましたら ご連絡をお待ちしています。
よろしくお願いいたします。

Kさんより

それまでもYouTubeの動画みて、実際に試してみたり、どうして強揉みがよくないのかをお客様に伝えてみたりしていたようですが、

和もみ®基礎講座の動画を見てその仕組みが分かったようです。

施術と会話で、お客様の反応もいい感じのようですね^^

お客様が「もっと強く」と言ってきても、言われるままにただ強くするだけじゃない対応ができますよね。

デビューして2カ月と言っていますが、このお客様との向き合い方は、立派なセラピストだと私は思います。

施術や会話の技術や知識は、これから学んでいきましょう!

強い刺激が身体にどんな影響を与えるのかを知ってしまうと、そんな申し訳ないことできないですよね・・

5月に、札幌にいきますので、お会いできるのを楽しみにしております。

▼和もみ講座の予定
https://aromare.jp/campaign/20220217/

■強く押さないのにほぐれていく

和もみ®って、強く押さない優しい圧だから深いところまでほぐせないんでしょ?

そんな風に思っている方の多いようですが、実は違うんですよ。

優しいんだけど、しっかりとした圧で、ほぐれていく感じが分かる。

そういう施術なのです。

どうしてそんなことが可能かと言うと・・

『お客様の身体に、こちらの指を受け入れてもらうから』

小さな緊張を招かないように、すでに入っている緊張を緩めるように

お客様の身体に、受け入れてもらいながら圧を入れていく。

だから、深くしっかりと圧が入っていくのです。

■強く押さないと指の感覚も変わる

お客様の身体に受け入れてもらえると、施術をしている自分の指の感覚が変わります。

「えっ!?これで圧入っているんですか?」
「押せてる感じがしないです・・」

和もみ®では、この感覚が上手くいっている目安です。

自分の指に押している感じがあると言うことは、お客様の身体が緊張している状態なのかもしれません。

その状態で、強く押そうとすると、更に緊張して押せなくなります。

頑張って力を入れても、ベッドに乗るくらい体重をのせても、

「もっと強く」と言われてしまいます・・

この状態で、施術を続けていると、指が痛くなったり、手首や肘、肩首、背中、腰など、色んなところに負担がかかります。

これでは、好きなセラピストの仕事を長く続けることはできません・・

自分の身体も、お客様の身体も、大切に扱ってくださいね。

この強く押さない圧の入れ方は、基礎講座やスキルアップ講座、個別レッスンで学ぶことができます。

実際に自分の身体で体感してみると、どう言うことか分かると思いますよ。

気になる人は、和もみ®を体感してみてね^^

個別レッスンとサロンの予約は、随時受付しています。

▼サロンの予約状況
https://aromare.jp/contact2/

2月のご予約があと1枠となりました。
3月は、まだ空きがあります♪

おわりに:ファスティングいいですよ♪

先月末に、ファスティング(5日間断食)をしていたことをメルマガに書いていましたが、

▼メルマガはこちらから登録できます
https://aromare.jp/course/seminar4/

それを受けて、やってみたい!と興味を持った人も多いみたいね。

ぜひ!自分の身体と向き合うためにも、ファスティングお勧め!

ただ、3~5日間断食をするのであれば、ファスティングのことを学んでからやるといいと思います。

半日~1日くらいならいいけど、断食すると色んな身体の反応が起こります。
頭痛とか、めまいとか、貧血とか・・

なので、それに必要な対策も必要です。
そのことも知識としてあった方が安心してできると思います。

それに、断食の期間をどう乗り越えるかよりも、回復食がものすごく大事!

「断食終わったーー!!」

って、甘いものを食べたり、お酒を飲んでしまったら・・

ファスティングの効果がないどころか、マイナスですでの気を付けてくださいね^^

普段ならなんてことなく食べられるものも、断食明けの身体にはかなり負担です。

ココを慎重にやらないと、太りやすくなったり、疲れやすくなったり、内臓を傷めることにもなります。

3~5日間断食は、普通の食事に戻すまで3日以上は必要ですので。

ちゃんと知識を持ってやった方が、効果や身体の変化もたくさん感じられるはず。

まずは、半日、1日くらいの断食で、胃腸を休ませるところから、チャレンジしてみるといいと思います。

関連記事

  1. リピート率を気にしないで、なぜ100回も10年も来るの?

  2. 「もっと強く」と言わた時の対応方法【押し過ぎじゃない!?】

  3. セラピストにとってコリって何でしょう?

  4. セラピストは自分を犠牲にしたら続かないよ!

  5. セラピストとしてできること【和もみ®を伝え続けている理由】

  6. セラピストにとって大切なこと「身体のことと人間関係」