圧を入れるときのイメージ♪エンゼルクリームとオールドファッション

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
エンゼルクリームとオールドファッションを例に、圧の入れ方の話です。

施術で圧を入れるときのイメージってあるのかな?どんなイメージで身体を見たら良いのだろうか?

このような疑問をお持ちのセラピストさんへ。

圧を入れるときのイメージ

先日のスキルアップ講座で、お腹の手技の練習をしていたセラピストさんの言葉がとても印象的でした。

圧を入れるときに、エンゼルクリームをイメージしていました^^

と。

ドーナツの『エンゼルクリーム』のことです。

ふっくら柔らかい生地で、中にはクリームがたっぷり入った美味しい奴です(笑)

それに圧を入れるイメージでやってみたら、いい感じだったとのこと。

指に力が入っていたら、柔らかい生地に傷がついてしまうし、強く押し過ぎたら中のクリームが飛び出てしまう・・

そうならないように、と。

和もみ®では、圧は強弱ではなく、深さの調整です。

お客様の身体に自分の指を受け入れてもらい、必要なところにアプローチするためにも、

この圧を入れる時のイメージ、とても良いな~と思います^^

■圧を入れるときはエンゼルクリームとオールドファッション

和もみ®では、圧を入れるときはお客様の身体の弾力に合わせて、自分の手や指も柔らかく(固く)します。

腰やお尻など、表面が柔らかい場合は、自分の手も同じくらいの柔らかさにします。

そして、中の筋肉のコリに対しても、同じくらいの固さにしてほぐれるアプローチをします。

そうすることで、お客様の身体に余計な緊張をさせずに、必要なところにアプローチすることができ、

筋肉を傷付けるような刺激にならずに、ふっくらとほぐれてきます。

手技の見直しをしていると、指や手、腕や肩に必要以上の力を入れて、圧を入れつ時に『押そう』としているセラピストさんがほとんど。

これでは、一方通行でほぐれないどころか、自分の手や指に負担がかかります。

いつまでも、お客様が気持ち良いのかどうか分からないのも、ここに問題があるのかも。

ちなみに・・

エンゼルクリームを持つときの手と、オールドファッションを持つとき、手の柔らかさ(固さ)って、自然と変えていますよね?

お客様の身体に触れるとき、圧と入れるとき・ほぐすときも同じようにするのです。

お客様の身体の弾力に合わせるとしたら、自分の手や指はどんな柔らかさ(固さ)になるのか意識してみてください。

実際に、自分の施術がどうなのかチェックしてほしい!そんな場合は個別レッスンもありますのでぜひ。

和もみ®の感覚を練習したい!場合は、スキルアップ講座がお勧めですよ。

個別レッスンとスキルアップ講座については、こちらを参考下さい。

■和もみ®の原点になった本

昨日は学びの日だったので、今日の午前中はその振り返りをしていました。

そしたら、和もみ®の原点に戻りたくなって、内海聡先生の著書『医学不要論』この本を読み直しています。

最後のあとがきを読んだときの衝撃は今でも覚えています。

言葉にするのは難しいのですが、

『あ~やっぱり。だからか・・』

今まで疑問だったことや違和感の原因が分かったのです!

そして、私の中で『この道で行こう!』と覚悟が決まったのもその瞬間でした。

今から10年ほど前のことです。

そこから何年もの試行錯誤を経て、『和もみ®』が誕生することになります。

内海先生の言葉は、厳しいけど真意をついていると思います。

目をそむけたくなる
耳をふさぎたくなる

そこに自分の課題があるからね。

読むたびに、自分のブレを修正されるような感じ。

今でも支えられています。

こちらのページにも紹介していますので、和もみ®に興味があるなら読んでみるといいですよ。

【お勧め本を紹介♪】
https://aromare.jp/osusumebook1/

■お知らせ♪セラピストさん向け『オンライン質問会』開催します♪

メルマガを読んでくださっている方ならどなたでも参加できる、セラピストオンライン質問会をします。

メルマガ↓登録まだの方は、この機会にぜひ!

メルマガを読んでいて、動画を見ていて・・色々と聞いてみたいことありませんか?

強もみしないのにどうしてほぐれるの?

ガチガチの人にも通用するの?

指、手首、腰が痛いけど、どうしたらいい?

お勤めサロンの中で、和もみの取り入れるには?

強もみが好きなお客様に、どう伝えたらいい?

オイルマッサージ独立講座、養成講座など、どれから学んだらいい?

などなど・・

日頃の疑問や違和感を解消できたらと思って、この『オンライン質問会』を企画しました。

日時:2023年7月30日(金)の21時~最大90分

Zoomを使ってオンラインで行います。
参加費は、かかりません。

お顔を見てお話しをしたいので、画面は『オン』にしてご参加くださいね。

私も色々と発信していますが、なかなか届けきれないので、この機会を活用していただけたら嬉しいです^^

関連記事

  1. お客様に合わせた施術をするには?

  2. 強くしないでほぐれ理由【セラピストさんの反応は?】

  3. 強もみしない「和もみセラピスト」がお客様に与えられる影響

  4. そもそもほぐれるとは?強もみしないのに、何でほぐれるの?

  5. 施術をするときに意識していること

  6. 強押ししいないでほぐす!これが、まさに和もみ®の特徴です!