身体はどうにかしようとしない方が、どうにかなる

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
身体はどうにかしようとしない方が、どうにかなる。そんな話です。

強くない方が身体がゆるむのを実感

今週は月曜・火曜と、静岡の和もみ®認定セラピストさんのサロンに行っていました!

『ひととき』のサロンオーナーの、根本亜夕美さんとインスタライブをしました。

サロンの様子、よかったら見てみてください。https://www.instagram.com/reel/CuOMpR0prWU/

そして火曜は、こちらサロンでスキルアップ講座でした。

「静岡でも和もみ®を広めていきたいので、私のサロンでも講座をしていただけませんか?」

そうお声をかけていただき、今回で3回目の開催。

もともと強もみしていたセラピストさんも、和もみ®を取り入れるようになり、強くない方がゆるむのを実感されていました。

よかった!嬉しい^^

和もみ®とは?

根本さんと一緒に配信したインスタライブでも話したのですが、

和もみ®とは・・?との質問に、

強もみしないでほぐすと言う施術方法だけでなく、私が考える本物のセラピストの指標になる考え方が『和もみ®』です。

こんな風に答えました。

和もみ®で伝えているのは、施術の手法もふくめた、『私が考える本物のセラピスト』に必要なことです。

和もみ®理論と言った方がしっくりくるかもしれません。

「この人みたいになりたい!」そう思えるセラピストに出会えなかったので、私にとっての理想をあれやこれやと追求してきました。

その結果として出来上がったのが和もみ®なのです。

身体がよくなるために必要なこと

和もみ®の理論の一つ。

サロン来る、和もみ®の施術を受けることは、今の『自分の身体と向き合う時間』だと和もみ®では考えます。

調子が悪いと、

「こういうときは、どうしたらいいの?」

と、手っ取り早く対策を知りたくなりますが、これではよくなりません。

もっと言うと、根本的に身体はよくならない。
なので、また同じようなことが起こります。

じゃあ、本当の意味でよくなるために最も必要なこととは?

現状を知ること

これです!

現在地が分からないと、どっちに進めばいいのかも分からないですよね?

試してみた対策法がよかったのか悪かったのか、確かめられないですよね?

なので、和もみでは、サロン来る、和もみの施術を受けることは、今の『自分の身体と向き合う時間』だと考えています。

だから、強くしてはダメなのです。

どうにかしようとするのも、ダメなのです。

施術をしている人の手よりも、自分の身体を感じられるのが、和もみの施術の最大の特徴です。

どうにかしようとアレコレするよりも、よっぽど身体にいい変化がありますよ。

■11月の和もみ®セラピスト講座は仙台と広島を考えています

前回「開催リクエストくださーい!」とお知らせしましたら

・仙台4名
・広島2名
・岡山1名

さらに、インスタでもアンケートを取りましたら、

・仙台1名
・広島4名
・札幌1名
・その他3名

の方から開催リクエストをいただきました!

回答をくださった皆さま、ありがとうございました!!

7月は、名古屋と東京でも和もみ®講座をします。

9月は、大阪と東京で。

10月は、福岡と名古屋へ行く予定をしています。

ちょっと先の話ですが、11月は、どこに行こうかな?

と考えていましたが、仙台と広島での開催を検討したいと思います^^

ちなみに、12月は、大阪、名古屋、東京で和もみ®講座の予定をしています。

私の気持ちとしては、参加してくださる方が多く集まることろに行きたいと思っています。

必要な方に、和もみ®をお伝えしたいので、これからもリクエストお待ちしております。

いつか、47都道府県全てで講座ができたらいいな~^^

関連記事

  1. 大手リラクゼーションサロンに行ってきた感想

  2. 強くしないでほぐれ理由【セラピストさんの反応は?】

  3. 治療系やエステとも違う、リラクゼーションの目的とは?

  4. 強く押さないのに深い圧が入る仕組み

  5. セラピストの仕事は、施術だけじゃないですよ!

  6. 強押ししないでほぐす和もみ®の基本手技について