施術のおける圧加減の目安【どれくらい押したらいいの?】

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
どれくらい押したらいいの?施術における圧加減の目安についてです。

施術における圧加減の目安ってあるのかな?強く押してもイマイチ反応が良くない…

このような疑問をお持ちのセラピストさんへ。

施術のおける圧加減の目安

和もみを学んでいるセラピストさんから、こんな報告をいただきました。

万里さん、お疲れ様です!

いつもは「今の押し方の5倍押してもらってる」と、言っていたお客様がいたのですが、
帰りのときに「ほぐれた感じあります!」と、言われました(*^^*)

これから来るお客様のためにも、もっとスキルアップして
気持ちいい~施術をしたいので、11月もスキルアップ講座参加します!

よろしくお願いいたします。

Yさんより

Yさん、頑張っていますね!

5倍押してもらっているって・・お客様の身体が心配ですね><

それだけ凝り固まって、鈍くなってしまっているということなのでしょう。

そんなお客様でも、ほぐれた感じがあったとのこと。

施術の圧加減をいつもの5分の1の押し方で、お客様の身体を傷付けることなく、ほぐれて感覚が出てきたのでしょうね。

素晴らしい!

■強すぎる圧加減の施術でポイントを通り過ぎてる?

私も強もみをしていた頃は、「圧加減はいかがですか?」とお客様の要望に合わせていました。

が、同時に「これで本当に良いのかな?こんなに強くして大丈夫なのかな?」とも思っていました。

だって、施術における圧加減の目安を誰も教えてくれないんだもん・・

今私が、セラピストさんの手技の見直しをするとき、施術の圧加減を「今の半分以下で」「5分の1くらいで」それ以上押さないように止めることがあります。

止めないと、練習モデルさんの身体が傷ついてしまいますからね・・

実際、半分以下で、5分の1で、止めた方が、押されている感じや気持ちいい感じがすることが多いです。

つまり・・押し過ぎ。

頑張って押しているんだけど、気持ちいいポイントを通り過ぎていたり、コリを押し込んでいたりするようです。

もしかしたら・・

あなたの施術の圧加減も、そのせいでお客様から「もっと強くして」と言われているかも。

■施術における圧加減の目安としては

施術における圧加減の目安は、コリに対して1~2割の圧です。

ほぐれた変化も、1~2割あれば十分。

それ以上やったらやり過ぎ。筋肉や毛細血管、細胞がキズついてしまいます。

キズついたら炎症を起こします。

身体に良いことをしたつもりがこれでは・・ダメですよね。

スキルアップ講座はや個別レッスンなどで、私はこんなことを伝えています。

  • 固いものを潰すのではなくて、固いところの血流を良くするんだよ
  • 押すのではなく、お客様の身体の中のコリを触りにいく感じで
  • 力ではなく、お客様の身体の弾力に合わせて自分の重みをかけていく

強い力で身体をイジメないように・・

やさしい気持ちでお客様のコリをほぐしてあげてくださいね^^

セラピストの身体に負担なく、お客様に「気持ち良かった~」と言ってもらえるように。

適切な施術の圧加減で、「また、あなたにやってもらいたい!」そう言われるセラピストを目指しましょう!

まずは10日間無料メール講座から和もみ®を学んでみませんか!?

関連記事

  1. 治療系とリラクゼーションの違い【それぞれの特徴】

  2. 強もみせずにほぐす【お客様に満足してもらう方法】

  3. 和もみ®マッサージを受けた施術者さんとセラピストさんの感想

  4. 強もみ好きマッサージのお客様に満足してもらうには

  5. そもそもほぐれるとは?強もみしないのに、何でほぐれるの?

  6. コリがほぐれるイメージ♪硬い氷が溶けるように