強押しで傷つけるかも!?お客様を癒しているつもりが…

和もみ®(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
強押しで良かれと思ってやっていたことがそうじゃなかった・・気づいたら変えていこう!

そんな話です。

お客さまに強押しをお願いされるけど身体に良いのかな?もしかしたら、傷つけているんじゃないかな…

このような疑問をお持ちのセラピストさんへ。

強押しでお客さまの身体を傷つけるかも・・

先日の、沖縄講座に来てくださったセラピストさんからメッセージが届きました。

おはようございます!

先日はありがとうございました^^

万里さんの講座を受けてみて、
自分がお客様の体を癒しているつもりが、傷付けていた可能性のある施術をしていたんだなと思いました・・

万里さんに習ったことを思い出しながら練習して、少しずつ、お客様にも和もみを知ってもらえるように取り入れていきたいと思います!

本当にありがとうございました!

Iさんより

Iさん、お疲れ様でした!

>自分がお客様の体を癒しているつもりが、傷付けていた可能性のある施術をしていたんだなと思いました・・

大事なことに気づけて良かったですね^^

お勤めサロンだと、和もみ®の全てはいきなり出来ないと思うので、手や身体の使い方、施術をするときの意識、お客様との向き合い方など

出来そうなところからやってみてくださいね。

応援しています!!

■強押しと和もみ®の違い

強押しの施術の場合、こんなイメージでやっていることが多いんじゃないかな?

  • 力加減の目安→イタ気持ちいい
  • ほぐれた目安→つぶれる
  • 圧の重さ→20~30kg

一方、和もみ®の場合は、こうです。

  • 力加減の目安→あぁ~気持ちいい~
  • ほぐれた目安→ふっくらする
  • 圧の重さ→1~3kg

けっこう違いがありますね。

更には、

  • 次の日の変化→さらに身体が楽になる
  • 続けていると→だんだんコリにくくなる

これが、和もみ®だから起こせる変化です。

■身体を傷つける強押しをやめて癒しませんか?

あなたのサロンのお客様の身体、だんだん固くなっていませんか?

つい先日も来てくれたのに、また戻ってしまってないですか?

「もっと強く」と言うお客様の言うままに、強押しをしていると・・お客様の身体を傷つけてしまっているかも。

強押しって、自分の身体もしんどいけど、お客様の身体を壊しているかもしれないのです。

そんなの・・悲しいですよね><

確かな知識と技術で、お客様を癒してあげましょう!

和もみ®なら、施術を受ける方も、する方もお互いが癒されていきますよ^^

■兵庫県と三重県からのセラピストさん

先週は、兵庫県と三重県から泊りでセラピストさんが来てくれました。

お二人とも、1日は個別レッスンを受けて、もう1日は施術受けるというスケジュールでした。

基礎講座やスキルアップ講座でも、私の施術を体感できますが、全身受けてみるとまた感じ方が違ったようです。

「思っていた以上に、じんわりとやさしい感じ」

「受けていて、自分の身体を感じられる」

その後の変化は・・

「長時間の新幹線で腰が痛かったのですが、帰宅してからも今もいつもより体が軽く感じます!朝もスッキリ起きられました^^」

「今日も、朝から身体が軽いです。
和もみの素晴らしさを、少しでも多くのみなさんに体感して頂ける様頑張ります!」

こんな、嬉しい感想もいただきました^^

自分もお客様も大切に、やさしさを循環させていきましょうね♪

関連記事

  1. ほぐしで痛いと効いているは違う!

  2. 強押ししないでほぐす和もみ®の基本手技について

  3. 「もっと強く」と言わた時の対応方法【押し過ぎじゃない!?】

  4. 和もみ®マッサージを受けた施術者さんとセラピストさんの感想

  5. リラクゼーション:ただ気持ちいいだけから抜け出すには?

  6. セラピストの体調も良くなる理由♪和もみ®