強もみの被害、減らしていこう!

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
強もみの被害、減らしていこう!と言う話です。

強もみをしてるけどお客様の体がよくなってるようには思えない…できれば、お客様の身体がよくなるようにしたいな。

このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

和もみで強もみの被害、減らしていこう!

まずはじめに、前回のブログでも養成講座で、学んでいるセラピストさんの成果をお伝えしましたが、

実際に担当したお客様にこんな変化が起きているようですよ。

  • 肌の透明感アップ、美肌に!
  • 身体のラインがすっきりしてきた!
  • 表面のコリが流れて、芯の固いところが出てきた
  • 調子のいい状態がらより長続きするようになってきた
  • セルフケアやらなきゃ!がやってみようかな♪になった
  • 大事にするようになった、大事にしたいと思うようになった

身体だけじゃなく、気持ちや自分に対しての意識が変わっているのが素晴らしいですね!

コリをほぐすだけじゃない、和もみだからできることです。

私以外のセラピストさんが、和もみできるようになることが何より嬉しい!!

だって、そうすることで、強もみの被害が少しずつでも減っていくから。

セラピストが自分の身体を壊さないこと、お客様の身体も壊さないこと。

本当に良いものをお客様に提供していきましょう!

■強もみしないでほぐす和もみの施術は、どんな感じ?

最初に、私が伝えたいのは・・

和もみの施術は、『優しくて弱いだけの施術じゃないよ!』ということです。

強もみしないでほぐすと言っているので、ソフトタッチの施術を想像されるかもしれませんね。

優しく身体の表面を撫でるような感じ?
浅いところにしかアプローチ出来ないんでしょ?
効果も大したことないんでしょ?

そんな風に思われるかもしれませんが、そうではありません。

はじめは物足りなく感じる場合もありますが、

じわじわとほぐれて感覚が変わっていくのが分かるようです。

施術をしている私の手の感触よりも、自分の身体を感じれられる。

押されているところだけじゃなく、圧が奥まで響いていく感じがする。

受けた方は、「え~不思議な感覚!」「今までに受けたことがない感じ!」と言われます。

更に驚かれるのは、『施術後から更に柔らかくなっていく!』ということです。

なので続けていくと、だんだんとコリにくい不調になりにくい身体になっていきます。

お客様と長く付き合っていきたいなら、その場しのぎの施術ではなく長期的な視点でのアプローチが必要ですよね。

担当しているお客様の身体がどんどん固くなって、鈍くなってしまうなんて・・

そんなのセラピストとしてダメですよね><

■強もみの被害を減らすためにも独立、半独立がおすすめ

いづれは独立したいと考えているなら、今から考えて準備しておくといいですよ。

お勤めのサロンでは、強もみを求められてしまうもの。

和もみを学んでも、なかなか思い通りには出来ないですよね・・

だから、自分の思い通りに出来る独立をお勧めしたい!

和もみって他にはないもだから、それを自分のサロンでやったら差別化できますよ。

でも・・いきなり場所を借りて独立するとかハードルが高すぎる><

と思うので、まずは半独立しましょう!

独立をするときには、色々と注意しなくてはいけないことがあります。

メニューの作り方も、価格の決め方も、施術のやり方、お客様の対応など・・

大手やチェーン店、今の店のマネをしては絶対ダメ!

なので、お勤めマインドから、独立マインドになるために必要なことが学べる講座とかも開催しています。

▼以前開催した独立準備講座はこちら
https://aromare.jp/infoschool-3/

今年もオンラインでやろうと思っているのですが、学びたい人がいましたらお声かけくださいね。

いつか独立できたらな~という方でも、来年には独立したい!という方でも、もうすでに初めているけどなかなか・・と言う方でも参加OKですよ♪

準備は早い方がいいですからね^^

■おわりに:雑誌セラピストの掲載されました♪

昨日から福岡に来てます!

福岡で講座をするのは、3回目になります。

3日間、基礎講座とスキルアップ講座で和もみを伝えたいと思います!

お会いする皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

そしてそして!!

和もみのことを掲載していただいた、雑誌「セラピスト12月号」が明日発売になります!

私のところには、すでに届いていまして、掲載は38-39ページでした。

ぜひ!読んでみてください。

よかったら感想教えてくださいね^^

更に、SNSとかでシェアしてもらえたら・・とても嬉しいです!!

関連記事

  1. 強く押さないのに深い圧が入る仕組み

  2. 和もみは、やわやわ~じゃないよ!セラピストが使える技術です

  3. 普段の3分の1の力加減で!?

  4. リラクゼーション業界に、未来はあるのか?

  5. 和もみ®施術と一般的な施術の大きな違い

  6. リラクゼーションと治療系マッサージの違い