手技を見直すことが大切!新しい技術を学ぶ前に

和もみ®(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
自分の手技がお客様にどんな風に伝わっているか?を意識するのって、かなり大事だよ!という話です。

今の手技を見直すのと新しい手技を学ぶのはどちらが良いのだろうか?できれば、お客様に喜ばれる施術をしたい…

このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

手技を見直すことが大切!新しい技術を学ぶ前に

この記事を書いている私は、強もみができない、指が痛いセラピストさん向けの講座をはじめて5年、300人以上の手技の見直しをしてきました。

このような経験を基に、セラピストが今の手技を見直すことの大切さについて書きます。

まずは、手技の見直しをしたセラピストのメッセージから。

先日、こんな嬉しいメールが届きました!

万里さん、こんにちは!

先日は、レッスンを受講させていただき本当にありがとうございました。

「相手を問い詰めているような施術」と言っていただき、「あー、本当にそうだなあ」と改めて思いました。

とにかく硬いんだから、あなたの意見はどうあれ、私はほぐしたいんです!

みたいな感じですよね?

これでは、癒しのお手伝いじゃなくて、押し付けの施術になってますよね。

全く無意識だったので、客観的に教えていただいて本当にありがとうございました。

意識を変えたら、本当の筋肉のシルエットに触れられたような気がしました。

本当に面白いです!

毎回、万里さんの客観的でわかりやすいアドバイスと、ご主人の率直なご感想をいただき、
自分の届けたい感覚と相手が受け取っている感覚にはずれがあるのに、自分ではできていると思い込んでいたんだなと気づかせていただけました。

Aさんより

Aさん、個別レッスンでの手技の見直しお疲れ様でした!

迷いの渦から抜け出せそうでよかったです^^

意識を変えると、お客様の身体から伝わってくる感覚も違いますよね。

もっともっと、お客様の身体のことが手から伝わってくると思いますよ!

■相手を問い詰めているような施術

私がAさんに、『相手を問い詰めているような施術』と言ったのは、視点が自分目線になっていたからです。

>とにかく硬いんだから、あなたの意見はどうあれ、私はほぐしたいんです!
>これでは、癒しのお手伝いじゃなくて、押し付けの施術になってますよね。

と。

言われたAさんも、これではいけない!これだったから上手くいかなかったんだ!と気づいたようです。

でも、一般的な考えだと、『私は、ほぐしたい!』でいいんじゃないの??

そう思うかもしれませんね。

そこが、和もみ®の考えだとちょっと違うのです。

和もみ®では、お客様には施術を受けながら自分の身体を感じられるように、自分の身体と向き合えるように・・施術をしています。

そうした方が、コリがほぐれるし、もっとたくさんのいい変化が起こるから♪

■どんな風に手技の見直しをするの?

和もみ®には、共通の決まった手技はなく、今ある手技を和もみ®の考えを取り入れて見直ししています。

例えば・・

1、自分の身体に負担のないように、手や身体の使い方を見直しする

2、届けたい感覚とお客様が受け取る感覚に、ズレがないように見直しする

3、和もみ®を取り入れて、もっとお客様の身体に変化を起こせるように見直しする

いい技術を習っているのに、全く使いこなせてないことが多い!

手技の見直しをしていると、もったいないな~><と思うことがたくさんあります。

今のやり方に自信が持てない、お客様の反応がイマイチだとしたら、新しい技術を学ぶよりも、今の手技を見直ししてみるといいですよ!

Aさんも言っているように、手技の見直しをして意識が変わっていくと、色々な変化が起こります。

なんとなくやっていた頃には気づかなかったことに気づけたり、あいまいだった身体のことが分かるようになったり。

そうなると、この仕事がもっと楽しくなりますね^^

ちなみに、指が痛いとか、身体がつらいのは、個別レッスン1回あれば解決します。

基礎講座&スキルアップ講座で学んだら、同時に、気持ち良い施術に見直すことも可能ですよ。

■おわりに:和もみ®の良さを実感

昨日は、和もみ®セラピスト養成講座を受講中のセラピストさんが、4回目の対面レッスンに来ていました。

今0期生がスタートしていて、1期生は10月からスタート予定です♪

カウンセリングのロープレをした後に、施術のチェックを兼ねて首肩から背中あたりをほぐしてもらいました。

私も疲れがたまっていたようで、ハリが強く押されている感じがしないところもありました。

もう少し押したら、「キク~><」って感じになるんだろうけど、和もみ®のじんわ~り圧でやってもらいました。

しんどいとギュッ!と押してほしくなるお客様の気持ちもわかるな・・

そんな風に思いながら受けていると、だんだんと感覚が出てきて、セラピストさんからも「緩んできましたよ」と。

時間は30分くらい。

終わってみて、身体がふっくら!だんだんと時間が経つごとに、やってもらったところが軽くて動きやすくなっていく・・

あ~!これこれ!!

強いとか弱いとかじゃなくて、必要なアプローチをしてもらえたら身体って良い方へ変わるのよね。

和もみ®の良さを、改めて自分の身体で実感することができました^^

『和もみ®』やっぱり好きだな~♪

関連記事

  1. 東京、大阪で、和もみの基礎講座を開催しました!

  2. 強もみしない「和もみ®セラピスト養成講座」で見直せること

  3. 【力加減】和もみの、強さレベルはどれくらい?

  4. 強もみは良くない…そう思うセラピストさんへの講座

  5. セラピストの手技を気持ち良くする!【見直しポイント3つ】

  6. お腹マッサージの効果について【やり方のコツ】