セラピストスクール【技術見直しで大切にしているもの】

和もみ®セラピストの万里です。

さて。今日は、
セラピストスクールの技術見直しって、何を見直しているの?そんな話をしたいと思います。

手技の見直しでセラピストスクールを考えているけど、どんな見直しができるの?

そんな悩みをお持ちのセラピストさんへ。

セラピストスクール【技術見直し講座について】

まず、最初に和もみ®セラピストの技術見直し講座の概要について。

『セラピストの技術見直し』と言っていますが、セラピストスクールでは施術の手技だけではなく、

接客やお客様との会話、セラピストとしてのあり方の見直しもしています。

  • 「力加減は大丈夫」と言っていたのに、なんだかイマイチな表情・・
  • 頑張って力を入れているのに、「もっと強く」と言われてしまう・・
  • 本当に気持ちいのか、これで良いのかお客様に聞きたいけど・・
  • できないことを言われたら、知らないことを聞かれたらどうしよう・・

お客様と接していると、色んな悩みがありますよね。

だから、施術・会話・あり方、この3つが大事なのです!

施術以外のことも大事!そう分かっていても、手技が一番気になるところですよね。

もちろん、セラピストスクールでは手技の見直しもしていきます。

■セラピストの手技の見直しはここから

和もみ®の手技の見直しは、ここから始まります。

  1. 手や身体の使い方の見直し
  2. 気持ちいい圧の入れ方の見直し
  3. ポイントの捉え方の見直し

まずは、なんと言ってもセラピストの身体に負担がないことが大切です。

しかも、自分に負担がない方が、お客様の身体もほぐれていきます。

しんどいのを我慢していても、お客様にも良いことないんですね・・

・身体の使い方はこちらでも解説しています

それから、圧の入れ方

お客様の身体が気持ちいい~と喜んでいるのか?

お客様は「もっと強く」と言っていたとしても、身体にとって強すぎではないのか?

身体の状態に合わせられることが大切です!

この加減をセラピストが分かっていないと、お客様をどんどん強もみにしてしまい、お客様の身体を壊してしまうことになりますからね。

とは言っても、強もみ好きで、身体の感覚が鈍くなっているお客様に、物足りないのを我慢してもらうのも違うと思うのです。

リラクゼーションですからね。お客様が喜ぶ気持ち良さも必要。

「あ~そこそこ!」と言う気持ち良さを味わってもらうにも、ほぐしていくためにも、

そして、アプローチしたいポイントが合っているのか?位置、深さ、角度などを見直ししていきます。

ちなみに、和もみ®の基礎講座では、1つ~2つの手技を見直します。
https://aromare.jp/course/seminar3/

このセラピストスクール(基礎講座)では、今までのやり方との違いを実感していただきます。

そして、60分~90分の施術を流れも含めて見直したい場合は、個別レッスン5回くらいが必要になります。

独立を目指すセラピストさんの場合は、タオルのかけ方、ファーストタッチ、触れるときの所作、お客様への声がけなど

細かいところ一つ一つ見直ししていきます。

お客様に喜んでいただくには、手技そのものよりも大事だったりしますので。

こんな風に、手技の流れ全体を見直したい場合は、1回でお伝えできることに限界があるので、受講しやすいように5回セット(1回分お得)も用意しています。

・個別レッスンの内容
https://aromare.jp/minaoshi

■もっとも大切な見直しはセラピストしてのあり方

このブログでも何度も言っていますが、『施術をする人』のことを『セラピスト』と言うのではありません。

本来のセラピストとしての仕事をすることで、セラピストの価値をもっと高めていきたいのが私の想いです。

お客様の身体のことと、こんなに直接関われるってすごい仕事だと思いませんか?

セラピスト次第で、お客様の今後が大きく変わるんですよ♪

  • 今ある技術を活かして、お客様とどう向き合っていくのか?
  • 施術をするときに、どんな想いでやるといいのか?
  • セラピストがどんな状態でいると、お客様により良い影響を与えられるのか?

和もみ®のセラピストスクール(講座)では、この仕事を長く続けていく上で最も大切な『セラピストとしてのあり方』

そこからも見直しをします。

だから、和もみ®の基礎講座では、実技よりも理論やあり方をお伝えする時間の方が多いのです。

施術をする人から、本物のセラピストになるためには、「あり方」と言う土台が必要!

あなたは、どんなセラピストになりたいですか?

どうお客様と向き合っていきますか?

どんな世界を作りたいですか?

今年もあと少しですね^^頑張りましょう!

■12月セラピストスキルアップ講座を終えて

目白は、昨晩から急に寒くなりましたが、皆さんのところはいかがですか?

月曜日は、スキルアップ講座でした。

実際に手技を見直していくとこんなことがたくさんあります。

自分では気持ちいいだろうと思ってやっていたポイントが、実はイマイチだったりすると・・

「力加減は大丈夫」と言ってもらえたのに、終わってみたらなんだか満足してもらえてなさそうな・・

そんなことが起こります。

また、圧を入れたい方向と自分の身体の位置や向き、動きがズレていたりすると・・

頑張って力を入れて押しているのにも関わらず、「もっと強くして」と言われてしまう・・

そんなことが起こります。

あなたの場合は、大丈夫ですか?

次回のスキルアップ講座は、1月の17日(月)と18日(火)です。

1月のテーマは、
・コリの種類と手技のアレンジ方法
・首肩まわりの手技の見直しと練習

※参加条件は何らかの和もみ®講座を受講した方です。

関連記事

  1. 強もみしないって、物足りなくないの? 

  2. 和もみ®講座では実技もやりますよ。

  3. セラピストは手技を増やしたら自信はつくの?

  4. 強もみで目先の指名を取っても・・

  5. セラピストさんへ「和もみ®理論基礎講座」動画が完成しました!…

  6. 強もみしない「和もみ®セラピスト養成講座」で見直せること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。