マッサージで「もっと強く」と言われた時どっちなのか分かってる?

和もみ®(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
マッサージで「もっと強く」と言われた時の、お客様との向き合い方について。

もっと強くと言われた時の対応方法に困っている…どのように考えたら良いのだろうか?

このような疑問をお持ちのセラピストさんへ。

マッサージで「もっと強く」と言われたら

お客様にマッサージをしていて、「もっと強く」と言われたときに、あなたはどう思いますか?

  • 圧が足らなかったのかな?
  • ポイントが違ったのかな?

そう考えますか?

私の場合は、

  • 鈍くなっているのかな?
  • 身体の状態はどうかな?

こう考えます。

自分の手技が足りていないのか?

お客様の身体が鈍くなっているのか?

どっちなのか?

これが分からないと、いつまでもお客様の言うことに合わせるしかありません。

マッサージが終わったときに「気持ち良かった」と言ってもらえるかな・・

そればかりを気にしていたら、お客様に良い変化を感じていただくことは出来ないですよね。

これを見極めるための第一歩は、コリの種類を知ること。

硬くて感覚の鈍くなっているものもあれば、押したら痛いものもあるし、やわらかくても痛みを感じるものもあります。

そして次に、そのコリに対して最適な圧加減でアプローチできることです。

最適な圧加減でアプローチしてみて「もっと強く」と言われたら、お客様の身体の感覚が鈍くなっていると分かりますよね。

■マッサージでもっと強くというお客様には

和もみ®を学び取り入れていくには、こんなステップがあります。

  1. 自分の身体に負担ない、手や身体の使い方に変える
  2. 強もみをやめる、お客様の身体を傷つけるような施術と考え方をやめる
  3. 強もみ好きのお客様にも、「強くないけど気持ちいいね」と納得してもらえる
  4. お客様の身体の状態を把握し、その状態に合わせて調整できる
  5. 身体の反応、翌日以降の変化を考えた、施術とカウンセリングができる
  6. より良い5年後10年後のための提案ができる
  7. お客様と5年以上長く付き合える信頼関係が築ける

まずは、1~3が出来るように、今回の沖縄出張講座の2日間でお伝えしました。

お勤めサロンの中で、やるには1~3まででも大丈夫ですが、和もみ®を取り入れてお客様に良い変化を感じていただくには、

4つ目以降がとても大切です。

和もみ®の学び方は、いくつかあります。

基礎講座やスキルアップ講座は、他のセラピストさんと一緒に学べることが特徴です。

受け手になったり、他の人を見たり・・色んな角度から学びや気づきがあると思います。

個別レッスンでは、特に日程は決まっていませんので、私とスケジュールが合えばいつでも受講可能です。

内容は、基礎講座やスキルアップ講座の中から、その方の状況に合わせて必要なことをお伝えしています。

マッサージで手が痛い、腰がつらい、施術に自信が持てない、会話が苦手、独立したいけどどうしたら・・

そんなお悩みを早く解決して、前に進みたい方にお勧めです♪

お客様に「気持ち良かった~」そう言ってもらえるだけでなく、より良い変化を感じていただけるように。

もっと、価値あるセラピストになりませんか?

■沖縄セラピスト講座を終えて

初めての和もみ®沖縄講座が無事終了しました!

今回は、1日目和もみ®の基礎講座。2日目は、スキルアップ講座の2日間でした。

女性2名、男性1名のセラピストさんに、和もみ®をお伝えすることができました。

参加してくださった皆さんが、とても良い人たちで、私もとても楽しかったです^^

沖縄本島だけでなく、石垣島からも来てくれたよ♪

お会いできた皆さん、ありがとうございました!!

20年以上ぶりの沖縄は、とても新鮮でした。

東京とは違った活気があって、学ぶことがたくさんありましたよ。

実際に自分の目で見て感じるって、大切ですね^^

関連記事

  1. 強いマッサージ【痛い=効いている】は、間違い!?

  2. これを知らずにセラピストを続けていなくて良かった!

  3. 強もみのお客様をぎゃふん!と言わせたい

  4. 無知な強もみは誰かを傷つける…過去のお客様に申し訳ない

  5. 強もみと痛いマッサージは違う!セラピストはやっちゃダメ

  6. コリのほぐし方には力加減が重要です【目安は?】