セラピストさんへ♪強もみのお客様への対応方法を紹介します

和もみ®セラピストの万里です。

さて。今日は、
前回に引き続きお客様との会話について。

「もっと強く」と言われたときに、こんな風にするといいよ~と言う対応方法の提案です。

この記事を書いている私は、強もみができない、指が痛いセラピストさん向けの講座をはじめて5年、300人以上の手技の見直しをしてきました。

お仕事のヒントにしていただけたら嬉しいです。

前回ブログの会話のコツはこちらです。

●強もみのお客様への対応方法

強もみが良くないと分かっているけど、なかなか上手く伝えられない・・

お客様からどんな反応が返ってくるかドキドキする・・

そんなこと、ありますよね。

私も、つい数年前までありました。苦笑

先日、和もみのメンバーさんからいただいたメールに、ヒントがたくさんあったので紹介しますね。

先日、全身硬いお客様に、

「硬いとつい強く押してほしくなりますが、ご気分が悪くなったり、もみ返しがあるといけないので、
まずは表面のほぐれやすい所からほぐしていきますね」
とお伝えしました。

それをきっかけに会話が続き、いろんなお話しをする事ができ、気を許してくださったのかな?と
ホッとしながら私自身もリラックスして施術する事ができました。

Sさんより

Sさんは会話が苦手のようですが、会話のきっかけをちゃんと作れているようですね^^

実は、苦手意識がある人の方が、ちゃんと学ぶと会話が上手になる傾向があります。

だから、大丈夫!

●強もみのお客様対応は「共感、想い、提案」

Sさんが、どう強もみのお客様に対応し伝えたのか見ていきましょう!

まず、

「硬いとつい強く押してほしくなりますが、」

→お客様の気持ちに共感していますね。

こちらの話を聞いてもらうためには、とても大事なことです。

次に、

「ご気分が悪くなったり、もみ返しがあるといけないので、」

→お客様への想いを伝えています。

これを伝えると、次の提案を聞いてもらえますよ。

そして、

「まずは表面のほぐれやすい所からほぐしていきますね」

→プロとしての提案をしています。

こう言ってもらえたら、私がお客様ならすごく安心します。

Sさんが担当したお客様も、

私の気持ちを分かってもらった上で、私のことを考えて提案をしてくれた。

そう感じたと思います。

だから、

「それをきっかけに会話が続き、いろんなお話しをする事ができ、」たのですね。見事な対応方法です。

共感、想い、提案

あなたなら、どんな言葉で話しますか?

●新米セラピストさんにおすすめの対応方法

圧の入れ方が上手くできない、納得してもらえるほどの手技も話術もない・・

初めはの頃は、ガッチガチの手強いお客様だと太刀打ちできないこともあると思います。

「もっと強く」と何度も言われて、必死にやるも満足してもらえなそう・・

そんなときの対応方法は、他のセラピストに代わってもらうことをおすすめします。

えっ!?そんなことして大丈夫なの?

と思った方は、お客様目線になってみましょう!

「こうしてほしい」と言ったのに、してくれなかったら・・どんな気持ちですかね?

もし、自分の技術ではどうにもならないときは、できるセラピストに代わってもらいましょう!

お客様には、こんな風に伝えてみてはいかがでしょうか?

「申し訳ありません。今の私の技術ではこれが精いっぱいでして・・
他のできるセラピストが代われるかどうか確認してきますね」

代われる人がいれば、代わってもらう。

もし、そのタイミングで代われる人がいない場合は

「申し訳ありません。今は代われるセラピストがいないので、私でよければ施術を続けさせていただきますが、

もし、ご要望に沿えないようでしたら改めて、できるセラピストがいるときにお越しいただけたらと思うのですが、

いかがでしょうか?」

こんな感じで、伝えるといいと思います。

強もみの現状をまとめました。

●未熟だからこそ!強もみを誤魔化さない

誰でも新人の頃はあったはずなので、ちゃんと話せば悪い気はしないハズです。

大切なことは、誤魔化さないことです。

できないのに、できる振りをしないことです。

技術が未熟でも、知識が足りなくても、あなたの誠意は伝えることができます。

お客様も、「新人なんだね。頑張ってね!」って応援してくれたりしますよ^^

私もお客様から「前よりも上手になったね!」って言われたことがあります。

強もみのお客様って、ドキドキするけど、頑張ろうね!

和もみ®では、施術だけではなくこんな対応方法のコツも学ぶことができます。

まずは、セラピストとしての土台を作るところから学んでみてくださいね^^

●おわりに:施術もしてますよ

セラピストさん向けの講座をしている印象が強くなっているかもしれませんが・・施術もしていますよ^^

今週末は、初めましてのセラピストさんが2名、常連さまが2名来てくれました。

常連さまは、110回目、193回目のご来店。

7年、11年のお付き合いになります。

私がリラクゼーションサロンで働いていた頃は、週に5回来るお客様もいたので、

回数だけ見ると、大したことがないように思う方もいるかも。

和もみが目指しているのは、月に1~2回のペースで5年10年のお付き合いです。

一人のお客様と長くお付き合いしていく秘訣は、講座でもお伝えしていますよ^^

関連記事

  1. 『強もみができる=上手い』そう思っている人が多い理由

  2. 強もみのお客様をぎゃふん!と言わせたい

  3. あなたの施術、お客様はどう感じてる?

  4. マッサージは、強くない方が肩こりが楽になる!?

  5. お客様との会話が苦手です

  6. 【強もみは悪循環】肩こりって言うけど「コリ」って何なの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。