なぜ「もっと強く」と言われるのか?強もみは風邪薬と同じ

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
なぜ「もっと強く」と言われるのか?という話です。

なぜ「もっと強く」と言われるのか?強もみは風邪薬と同じ

和もみ®の考えでは、強もみって、

『痛かったら痛み止め、風邪を引いたら風邪薬を飲む』

これと同じことで。

凝っているから固いから、強い力で押してどうにかしようとする。

これって、その場しのぎでしかなくて、根本的には何も解決していないですよね。

和もみ®に興味を持ったセラピストさんからも

「強もみのお客様にも、満足してもらえますか?」
「ガチガチの人にも、通用しますか?」

と聞かれることが度々ありますが・・そもそもそういうことじゃないんです。

身体には、自分で自分を治す力

『治癒力』があるのを忘れていませんか?

■「もっと強く」と言われてしまう…自分の施術に自信がもてないなら

和もみ®では、

  • 1~3キログラムの圧
  • 押したり捏ねたりしない
  • 強くしない方がほぐれる

のですが、この理由も身体が良くなる仕組みが分かれば納得できるはず。

  • 施術の翌日以降、身体がさらに楽になる
  • 続けていると、だんだんと凝りにくい身体になる
  • 施術をするセラピストの体調もよくなる

そんな和もみ®を学んでみませんか?

手技の手順だけではなく、目的や意味から学ぶことで、セラピストとしての土台ができますよ。

この土台に、経験とさらなる知識を積み重ねていくので、自信がついていきます。

お客様に「もっと強く」と言われてしまって施術に自信が持てない…そのようなセラピストさん!和もみ®を学んでみませんか?

まずは、無料メール講座から↓

■セラピスト質問会へのご参加ありがとうございました!

昨日は、オンライン質問会でした。

  • 施術をしていてこれでいいのか、よくわからずにやっている
  • お客様が気持ちいいのかどうか分からない
  • 強い刺激を求めてくるお客様にどうしたらいいか

サロン勤めのセラピストさんが多かったので、施術のこと、力加減の合わせ方などの質問が多くありました。

サロン勤めだと、色んなお客様が来るし、施術のやり方も考え方の色々だから、戸惑うこともおおいですよね・・

途中参加、チラッと参加の方も含めて、9名の方が参加してくれました!

はじめましての方も、お二人いらしてくれて。

お話できて嬉しかったです^^

次回の予定は、2月7日(水)21時~です。

■今年の出張セラピスト講座について

最後に、3月に大阪と福岡で講座をしようと思っているのですが、学びたい方はいますか?

講座の内容は、こんな感じで考えています。

【講座①】
オイル・ほぐし講座(6か月間の連続講座)の一部が学べる!
1day講座 ~首・肩・背中 編~
受講料:44,000円

【講座②】
和もみを取り入れたい!同じ価値観のセラピストと練習したい!
和もみ実践練習会
受講料:16,500円

どちらも、

時間は11~17時(お昼休憩1時間含む)5時間。
和もみの基礎講座を学んでいる方が対象です。

※和もみの基礎講座は、1月2月に、オンラインで予定しています。
詳細は、このメールの後に載せています

講座①と②のどちらかか、要望があれば日程を増やし両方開催しようと思っています。

両方受講することも可能です。

大阪へは3月4~6日、福岡へは3月7~8日を予定していますが、ご都合はいかがでしょうか?

4月は、名古屋と沖縄
5月は、札幌

も予定していますので、「〇〇に来てほしい!」「講座①②を学びたい!」とお返事いただけると嬉しいです。

皆さんのお役に立てるように、今年も動いていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 強押しして腕が上がらない…そんな教えは無視しましょ

  2. セラピストさんへ♪強もみのお客様への対応方法を紹介します

  3. もっと強くと言われた時の対応♪強もみエスカレートさせる?それ…

  4. 強もみのお客様へのアプローチ

  5. どれくらいが強もみなの?

  6. 『強もみができる=上手い』そう思っている人が多い理由