セラピストの地位を向上させたい!

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

2024年もはじまりましたね!

年末年始は、珍しく体調を崩していました。

寝込むほどではないですが、この休みの間にやろうと思っていたことが全くできませんでした。

できてないことがあると、落ち着かず焦りますね・・

今日から少しずつ仕事をしています。

スロースタートですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

大きな地震がありましたね・・
皆さんがどうかご無事でありますように。

さて。今日は、
セラピストの地位を向上させたい!という話です。

セラピストの地位を向上させたい!

去年の講座の開催を振り返ってみると・・

大阪へは、4回
名古屋へも、4回

静岡へは、2回
福岡、沖縄、札幌には、1回ずつ

2年ぶりに仙台へ
初の広島へは、2回

出張で講座をさせていただきました!

そして、名古屋と新潟の企業からの研修も依頼をいただき行ってきました。

2023年は、なんと!18回も出張に行ったのですね。

東京の私のサロンでも、講座をしたり、お客様をお迎えしたりしていますので・・

振り返ってみると、けっこう動いていたようです。

今年も、「和もみ®を学びたい!近くまで来てほしい!」と要望があるところに出張しますよ♪

3月頃には、大阪と福岡にも行けたらいいな~
4月頃には、名古屋と沖縄にも行けたらいいな~

なんて考えています。

皆さんに、お会いできたら嬉しいです^^

■そもそもセラピストって何する人?

さてさて。講座でセラピストさんとお話をしていると・・

セラピストって何する人なのか?見失っている状況を目にします。

セラピストの仕事が、『身体を揉んだり、マッサージや施術をすること』になっていませんか?

和もみ®では、セラピストとは『導く人』だと定義しています。

近いイメージとしては、スポーツ選手のトレーナーかな。

自分の状態を客観的に見てくれて、指導するトレーナーのような存在。

お客様の「こうなりたい!」に寄り添い、必要なケアや提案をして導いていくのが、セラピストの仕事だと考えます。

和もみ®では、こうした『セラピストのあり方』を最も大事にしています。

これなしに、手技手法をどれだけ身につけても、お客様と長くお付き合いしていくことは難しいのです。

だから、和もみ®の講座では、施術の方法だけではなく、『考え方』から伝えているのです。

まりさんにほぐして頂いた、私が1番辛かった左肩は、数日間、全然痛くなりません!!

その瞬間の気持ちよさや刺激だけを求めていたことに気が付きました。
まりさんにお会いできたことを本当に感謝しています。

Aさんより

お客様のことをラクにしてあげようとか、良かれと思って一生懸命だったなぁ、少し傲慢だったなぁと改めるきっかけとなりました。

もっとお相手の身体を信頼していいんですよね!
和もみの優しい世界に触れられてとっても癒やされました^^

Yさんより

お客様に「気持ち良かった~」だけでなく、
「あなたに出会えてよかった!」そう言ってもらえるセラピストになりましょう。

■和もみ®ができるセラピストを増やしたい!

和もみ®ができるセラピストをもっともっと増やしたい!

その理由の一つは、私がやってもらいたいから。

そして、和もみを学んでいるセラピストさんも、口をそろえて言うのです。

「自分も受けたい!やってもらいたい!」と^^

▼和もみ流オイルマッサージ独立講座の第3期は、4月からスタートします♪
https://aromare.jp/infoschool-9/

同じように、手順から教えない!ほぐし(ドライ)の講座も、新しくスタートしようと思っています。

ほぐしはできるけど、オイルマッサージには自信がない・・
オイルマッサージはできるけど、ほぐしもできるようになりたい!

そんなセラピストさんは、ぜひ!

それから、和もみ®を伝えていきたいセラピストさんには、こちらの講座にぜひ!

4月から第4期がスタートします♪

▼和もみセラピスト養成講座
https://aromare.jp/school-35/

みなさんが、セラピストの仕事を長く続けていけるように、お手伝いさせていただきます。

和もみに興味がある方は、まずは、基礎講座で『考え方』から学んでくださいね^^

今年から基礎講座は、オンラインで学べますよ。

関連記事

  1. 強もみのお客様の気持ちを考えてみよう!

  2. セラピストに必要な事【和もみ®の圧の入れ方】

  3. リラクゼーションなんだから

  4. セラピストの指が痛くなる原因は?

  5. リラクゼーションチェーン店のセラピストが身体を壊さず仕事をす…

  6. セラピストの技術を磨く!和もみ®流の強もみ?