施術が上達しない理由【スグに見直せる2つ】

和もみ®セラピストの万里です。

さて。今日は、
施術が上達しない理由について書いてみたいと思います。

研修やスクールで、手技のやり方は学んだけど、お客様の反応にビクビクしてしまう・・

そんなセラピストさんのお役に立てたら嬉しいです^^

セラピストの施術が上達しない理由

今月の仙台での講座にお申込みをくださったセラピストさんから、こんなメッセージが届きました。

万里さん、ご連絡ありがとうございます(^^)

現在、パートでセラピストととして勤務してるのですが、レベルアップをしたくて、万里さんのYou Tubeを発見し、万里さんの考えとマッサージに魅力を感じ、勉強して実践しています。

ですが、スタッフ同士でチェックしてもらえる時間もないですし、皆、強もみをしてるので相談もできないし、自信を持てず悶々としています。

そこで万里さんが仙台に来ることを知って、是非万里さんに直接教えて頂きたいと思い、申込みをさせて頂きました。

Sさんより

同じように悩んでいるセラピストさんは本当に多いです・・

まわりの施術者は、強もみが当たり前になっているので、なかなか和もみ®の考え方を理解してもらうのは難しいと思います。

もっと色んな考え方や施術方法があっていいはずなのにね。

まだまだ、強もみ至上主義のリラクゼーション業界・・

進化しないと時代に取り残されてしまいそうだけど・・大丈夫なのかな?

強もみに疑問や違和感があるなら、自分が本当に良いと思えるものを提供したいなら、

手技の技術よりも、考え方やあり方を見直すことから始めるといいですよ。

和もみ®の考え方に共感して、自分の仕事に取り入れていきたい!

そう決めたセラピストさんの表情が、モヤモヤからスッキリと晴れていくのをたくさん見てきました。

手技のやり方が気になると思いますが、まずは根っことなる基礎からですね。

Sさんも、土台がしっかりしたら、自信を持ってセラピストの仕事も長く続けていけますよ♪

■施術が上達しない理由①

セラピストさんから、こんな質問をいただくことがあります。

「ベッドから、どのくらいの位置に立つといいですか?」

「ここの部位は、母指と手根どっちの方がいいですか?」

聞きたい気持ちは、とってもよく分かります。

サロンの研修では、手技の手順ややり方を教えられるので、『目に見えるもの』に意識がいきがちになります。

上達しない理由の1つ目は、

『手技のやり方にとらわれているから』

研修だと、手技のやり方を覚えたらデビューさせられてしまうことが多いですが・・

上達するには、そこからが大事です!

手技を覚えたら、次にすることは、

  • この手技は、お客様がどう感じているのかな?
  • この手技は、どんな体感を目指しているのかな?

この視点で、一つ一つの手技を見直してみてください。

こちらでも詳しく書きました。

■施術が上達しない理由②

続いて、こんな質問もよくいただきます。

「ガチガチに硬いところは、どうしたら柔らかくなりますか?」

「押すと痛がってほぐせない場合は、どうしたらいいですか?」

硬いところは強くしないとほぐれない、強くできることが上手い。

その考え方の世界にいると、当たり前で疑わないのかもしれませんが・・

それって本当にほぐれているの?身体にとって良いことなの?

私も、10数年前のあるとき、疑問に感じて身体のことを色んな角度で学ぶようになりました。

上達しない理由の2つ目は

『ほぐれる仕組みを理解していないから』

・どうして柔らかくしたいのかな?

ほぐれるって、硬いものを柔らかくすることじゃないよ。

・そもそも、なんで硬くなっているのかな?

身体が嫌がらせなんてしないし、無意味なこともしないよ。

・痛がるとき、身体がどんな状態なのかな?

身体の状態に合わせて、圧加減やアプローチ方法を変えないと悪化させちゃうよ。

この辺をヒントに、ほぐれる仕組みと自分の施術の作用との関係を見直してみてください。

自分もお客様も癒されて笑顔になれる。

そして、その周りの人にも笑顔とやさしさが広がっていく・・

そんな世界を、私たちセラピストから作っていきませんか?

■おわりに:秋の施術

今日から10月!今年もあと3ヶ月。

だいぶ秋らしくなってきましたね。

朝晩涼しくなってきましたが、体調崩していませんか?

この時期の過ごし方は、厚着をし過ぎないことです。

暑かった夏から急に涼しくなると、気温よりも寒く感じることがあると思います。

身体が慣れていないからね。

なので、慣らせていくことが大事!

「これから寒くなっていくよ~」そう身体に知らせてあげましょう。

この時期から厚着をしたり、暖房に頼ってしまうと・・自分の力で温められない冷え冷えの身体になってしまいます。

夏の冷房で冷やされることが多かった、

運動不足でなかなか汗をかかなかった。

そんな方に私もサロンでは、よもぎ蒸しをお勧めしています。

身体の芯から温めて発汗。その後に施術でほぐしていくと・・

血流が良くなるので、身体の適応力もアップ!

そして、色んなものがデトックスされて、身体も気持ちもスッキリして寒さに負けない身体になっていきますよ♪

関連記事

  1. セラピストとは・・治療家のマネでいいの?

  2. 他のマッサージと和もみには、こんな違いがある

  3. 強もみしない「和もみセラピスト」がお客様に与えられる影響

  4. 強くしないでほぐれ理由【セラピストさんの反応は?】

  5. 痛くなく気持ち良いけど、こんなマッサージで効くの?

  6. 強もみ好きマッサージのお客様に満足してもらうには

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。