施術をして指が痛いなら…手はそのままがいいよ!

和もみ®セラピストの万里です。

さて。今日は、
指が痛くならない手の使い方について書いてみたいと思います。

施術を続けると指が痛くなってしまう…痛くならない方法ってあるのだろうか?

このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

施術をしていて、指が痛くなってしまうセラピストさんの気持ちが、少しでも楽になったら嬉しです。

施術をして指が痛いなら…手はそのままがいいよ!

先日の和もみ®基礎講座に来てくださったセラピストさんが、早速実践してみたようです。

昨日はありがとうございました!

早速今日から試しています。

患者さんも気持ち良く感じてくださっているようで、私の指もいつもより負担が少ないです。

もっと学んでいきたいと思いますので宜しくお願い致します!

また、12/7の独立準備講座も宜しくお願い致します。

Yさんより

Yさん、施術で変化を実感できたようでよかったです!

上達するには、学んだことをまずは『やってみる』ですね。

講座でやったことが、一人になってやってみてできるかどうか・・

お客様の反応はどうか?

自分の手や身体はどうか?

こんな感じかな?これでいいのかな?と思いながらやっていくことで、自分のものになっていきます。

講座では、色々お伝えしていますので、一つずつやってみるといいと思います。

セラピスト独立準備講座も楽しみにしていてくださいね♪

■指が痛いなら…そのままの手の形でいいよ

親指の関節を突き出すようにして!

四指はしっかり揃えて密着!

肘は真っ直ぐピンと張って!

圧が入らない場合はベッドに乗って!

チカラが弱いなら筋トレして!

これで施術が上手く出来ているなら、それでもいいと思います。

ですが、自分の身体がしんどかったり、指が痛かったり、お客様が気持ちよさそうでないのなら、見直ししみませんか?

手の形や指の反り方は人それぞれです。

そのままで、ぜんぜんOK!

私はそう思っています。

手の形や指の形によって、上手く出来るできない、圧が入らない、鋭くなる・・そんなのとは関係ないのです。

不自然な手の使い方をしなくても、お客様に喜んでもらうことは可能ですよ。

手技チェックをしたら、Yさんの場合は、

施術で力が手にも身体にも入ってしまい、鋭い感じがするけどやってほしい奥まで届いていない・・

そんな状況になっていたので、こんなアドバイスをしました。

  • Yさんの手の形のままに指を当てること、余計な力を抜くこと
  • 力で押さずに身体を使って手を動かすこと

実践してみたら、お客様も気持ちよさそうで、Yさん自身も負担が減ったのを実感できたようですね。

もっと楽に、もっと気持ちいい施術ができますよ!

■指が痛くなるような力でコリはほぐれない

セラピストの手や身体に力が入って施術をしていると、触れられたお客様の身体も力が入ります。

つまり、ほぐれにくくなります。

触れた相手に伝わるんですよね・・

伝わると言えば、あくび。

あくびって、無意識にうつりますよね(笑)

それから、満員電車。

イライラしている人がまわりにいると、自分もイライラしてきたり・・

そんな風に、人と人って影響を受け合っているんです。

この仕事はとくに、直接触れるのでもっと影響を与えてしまいます。

コリは、力ではほぐれません。

それよりも、自分の力を抜いて施術をし、お客様の身体の力や緊張を緩めてあげましょう!

お客様も、セラピストも、一緒に気持ちよく癒されていくのが和もみ®です。

セラピスト希望の方が北海道から来てくれました!

今日は、なんと!!

「YouTubeを見ていて、万里さんに会いたくて北海道から来ました^^」

なんと!北海道から東京の目白のサロンまで、私の施術を受けに来てくれたのです。

もう・・嬉しすぎて泣きそうでした・・><

セラピストの仕事にも興味があって、転職を考えているとのこと。

色々調べていたら、私のブログを見つけてくれて

「あ!これ!!これが私が目指したいセラピストだ!」

そう思ったそうです。

嬉しい!幸せ過ぎる・・

講座には遠くからも来てくださる方がいますが、施術を受けるためだけに来たのはなかなかビックリでした。

「YouTubeで見ていたイメージ通り、思っていた以上に気持ち良かったです^^

来春からの新しい挑戦、不安もありますが勇気が出ました!」

そう言ってお帰りになりました。

Mさん、ありがとうございました!

これから楽しみですね^^

前回のメルマガでも書きましたが、和もみは『強い弱い』の調整ではなく、その方の身体が喜ぶ加減に調整しています。

『和もみ=弱い』ではなく、そもそも圧の入れ方も、圧を入れる目的も違うのです。

どんな風に違うのか?

この辺の話は、明日の福岡講座でもしっかりとお伝えしますね。

関連記事

  1. 力加減ができないのは、チカラが無いからじゃないよ

  2. 強もみ好きマッサージのお客様に満足してもらうには

  3. 和もみにも治療効果がある!?

  4. セラピストにとってコリって何でしょう?

  5. セラピストの仕事を通じて、子育て生き方のヒントを学ぶ

  6. 治療との違い!リラクゼーションは治せない。だから不調が良くな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。