ガチガチで鉄板のように硬い人をほぐす方法は?

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
ガチガチで鉄板のように硬い人も和もみでほぐれるのか?という話。

背中や首がガチガチな人を、強もみしないでほぐす方法はあるのかな?

このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

ガチガチの人をほぐすには?優しい圧だからほぐれる

昨日の、オンライン質問会でこんな質問がありました。

和もみのような優しい圧で、鉄板のように硬い人もほぐれるのですか?

結論から言うと、ガチガチな身体は優しい圧だからほぐれるのです。

コリをほぐすとは、潰すことではありません。

強い力で捏ねても、柔らかくはなりません。

もしなったとしたら・・

筋肉をキズ付けているので、ケガや打撲と同じです。

どんなにガチガチで硬い人でも、表層から少しずつほぐしていきます。

じっくりじっくり確実にほぐすことで、徐々に中の方がほぐれていき、鈍くなっていた感覚が出てきます。

お客様も、身体の軽さや動きやすさ、血液の巡りや温かさを感じてくれますよ。

そう言われても・・

ガチガチの硬いお客様を目の前にすると、圧倒されて身体に力が入ってしまいますよね><

■まずは、自分の身体で体感してみる

先日の静岡足柄での講座に来てくれたセラピストさんも、こんな風に感じられたようです。

まりさん、こんにちは
先日はありがとうございました。

右側の背中と首が、すーっごく軽いです~
これを全身やったら、どうなっちゃうんだろう~って思っちゃいました。

あんなに優しい力で、こんなに軽くなるなんて、本当に凄いです!!
これからも、よろしくお願いします。

Mさんより

和もみの場合は、強い力でコリをなくそうとするのではなく、その人本来の姿に戻れるように施術をしています。

だって、本来は鉄板のようにガチガチじゃなかったハズだから。

その人の本来のいい状態に、戻してあげましょう!

和もみに限らず、強もみではガチガチの人をほぐすには難しいです。

■ガチガチの人をほぐす時こんな思い込みしていませんか?

  1. 強い方が効く!強く出来ることか上手いことだ!と思っている
  2. 「痛い=効いている」を目安にしている
  3. 「固いコリが柔らかくなる=ほぐれた」と判断している
  4. ガチガチで指が入らない場合は、肘を使わないとほぐれないと思っている
  5. 身体が固い、むくんでいるのは、「良くないことだ!」と思っている
  6. 柔らかくなればなるほど、身体の調子はよくなっていくと思っている
  7. もっと効果的な手技があれば、指名が増えるはず!と思っている
  8. 指が痛い、腰がつらいのは仕方ない…と思っている
  9. お客様の言うことには、できる限り応えなきゃ!と思っている
  10. 「体重圧=全体重を乗せること」だと思っている
  11. しっかり踏ん張らないと、ベッドに乗らないと、圧が入らないと思っている
  12. 強もみ好きのお客様は、強くしないと満足してくれないと思っている

これ、全て間違っています!!

私もサロン勤めをしていた頃は、こう思っていました。だって、先輩もそう言っていたから。

でも、お客様の身体を見ていると、なんだかおかしいんじゃない?と思うようになりました。

強もみに疑問や違和感のある方は、ぜひ!学びに来てくださいね^^

強もみしなくてもガチガチさんをほぐすことはできますよ。

まずは10日間無料メール講座から♪

■静岡・足柄和もみセラピスト講座

今週の火曜と水曜日は、静岡県の足柄で和もみの講座をしてきました。

サロンの雰囲気が良くて癒されながら、講座ができました^^

来てくださった皆さま、ありがとうございました!

また、開催できたらいいな。

来月は、福岡と目白サロンで和もみ基礎講座。

12月は、大阪と名古屋でも開催を予定しています。

講座内容はこちらです♪

関連記事

  1. リピート率を気にしないで、なぜ100回も10年も来るの?

  2. 痛みのある部位への施術アプローチの注意点

  3. 和もみにも治療効果がある!?

  4. 強押しで傷つけるかも!?お客様を癒しているつもりが…

  5. 「もっと強く」と言わた時の対応方法【押し過ぎじゃない!?】

  6. 施術のおける圧加減の目安【どれくらい押したらいいの?】