リラクゼーション業界の問題点を解決しませんか?

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は・・

ここ数日、「なぜ和もみ®を伝えているのか?伝えてどうしたいのか?」そんなことを改めて考える機会がありました。

そこで、リラクゼーション業界の問題点について、経営者側とセラピスト側のそれぞれから考えてみたいと思います。

リラクゼーション業界は問題点が多い…その場しのぎではなく、根本から解決する方法はあるのかな?

このような疑問をお持ちのセラピストさんへ。

以前にも少し触れました♪

リラクゼーション業界の問題点:まわりにその場しのぎな人、多くない?

和もみの講座では、施術に関することはもちろんですが、お客様との会話、カウンセリングについて、独立に向けて準備することなど

リラクゼーションセラピストの仕事をする上で必要なことを幅広くお伝えしています。

ですが、

本当に伝えたいことは、その場しのぎではなく、もっと根本から問題解決しませんか?と言うことなのです。

長く続けていくには、とても大切なことだから。

長くお客様と付き合っていきたいなら、自分がしていることに責任を持たないとね。

だから、和もみの講座では

そもそもコリって何なのか?
セラピストとは何する人なのか?

どうしたら硬いコリがほぐれるのか?
どういう状態を目指したらいいのか?

そんな、根本的なことからお伝えしています。

でも、このリラクゼーション業界のまわりには、こんなその場しのぎな人が多くないですか?

  • お客様が「もっと強く」と言うから強くする
  • 指名のために、身体に良くないことでもする
  • 売上のために、セラピストにはムリをさせる

そんな状況を根本から変えていきたい!このリラクゼーション業界そういうものだから仕方ないよね・・と諦めたくない!

と言うのが、私の想いです。

■リラクゼーションセラピスト側の問題点

なんでそんなことになっているの?と考えたときに、まずセラピスト側の問題点としては・・

お客様に、強もみの危険性を伝えられない。

身体のことをよく分からないまま、手順だけ習って現場に出されてたりする?

強くする以外のほぐし方を教えてもらえないもんね。

それから、施術後にお客様の身体がどうなるのか気にしてない。

先輩たちが「あのお客様、はじめはあんなに強もみじゃなかったんだけどね~」って言ってたりしない?

自分の施術でそうなったとは考えないのかな?

私からしたら無責任に思えるけど、その場が良ければいいのかな。

■リラクゼーション経営側の問題点

次に、リラクゼーション経営者側の問題点をざーっと上げてみると。

ほぐれたらお客様が来なくなるから、部分的な技術しか教えない。

カウンセリングやお客様と話をする時間なんて必要ない。

何も考えずに、お客様を強もみ中毒にしてくれればいいから・・

実際に、強もみ好きの人って、週に何度も来たりするよね?

セラピストの代わりは、いくらでもいる。

知識も経験もない人を、研修すればいいからね。

未経験なら、人件費も抑えられる。

こんな風に技術者ではなく、労働者として扱われている。

リラクゼージョン経営者側の問題点を書いていて、だんだん悲しくなってきました・・><

■そんなリラクゼーション業界に違和感を感じたら

もっと強くと言われるけど、こんなに強くして大丈夫なの?

指が痛いし腰がつらいけど、これは仕方ないことなの?

ガチガチに硬い人って、本当に柔らかくなるの?

ほぐしているのに、何でまたすぐに固くなるの?

セラピストって、施術をするだけの人なの?

そんな疑問や違和感があるリラクゼージョン業界の問題点を、根本的に解決したいなら

自分の身体も痛めて、お客様の身体も壊してしまうようなことは、もう辞めようよ。

経営側を変えることは難しいけど、自分がどんな施術をするのか?どう伝えるのか?は、学んだらすぐにできるよね。

お客様とどう向き合っていく?

その場しのぎをまだ続ける?

放っておけば悪くなる一方だよ?

・・・

このリラクゼーション業界の問題点に、しっかりと向き合い根本解決していったら・・

自分にも、まわりにも、もっとやさしく、やわらかい世の中になる

良いことばっかりなのにな~みんなやったらいいのに~

そんなことを考えていた数日でした。

長くなりましたが、最後まで読んでくださりありがとうございました^^

■おわりに

昨日は、目白サロンでスキルアップ講座でした。

和もみセラピスト養成講座の受講生さんも参加してくれたのですが、施術がかなりいい状態で安定して出来るようになっていました。

身体の状態に合わせながら、調整していくコツも掴めてきたようでした。

お客様の身体は一人ひとり違うから、自分で考えて出来るようにならなくてはいけません。

分からなくてモヤモヤしたり、出来なくてもどかしい思いもしながら、よく頑張ったね!!

技術を上達させたいなら、焦らずコツコツです。

小さなことを一つずつ確実に積み重ねていくことです。

今は、なかなか前に進んでいる感じがしなくても、諦めなかったら大丈夫!

半年、1年経ったら、自分の軸がしっかりできて、成長している自分に気づけますよ。

しっかりサポートしますので、焦らず頑張りましょうね^^

まずは、10日間無料メール講座からはじめませんか?

関連記事

  1. セラピスト【独立・半独立】何から始めたらいいの?

  2. 【提案】セラピストさん!逆から考えてみませんか?

  3. 施術が上手くいったり、いかなかったり、波やムラがあるのはなぜ…

  4. 【上達の秘訣】セラピストの仕事を更にやりがいのあるものに♪

  5. 手技の練習方法♪練習相手がいなくてもできる!

  6. ほぐしのやりすぎは注意!気持ちが強すぎて、やりすぎてない?