本当に変わるんだ・・

こんにちは^^和もみ®セラピストの万里です。

夏は、ゴーヤが美味しい季節ですね。

あの苦さが嫌いな人もいるけど、私は好きです^^

万人受けしないモノの方が熱狂的なファンが多いですよね。パクチーとか珍味とか・・

「ゴーヤ嫌いでも。これなら食べられますよ」とか。

なんでも、食べやすくする傾向があるけど、個性はなくさないでほしいな。

その個性がいいんじゃない!!みんな似ちゃうと、選べないよ。

「和もみ」も、セラピストの個性として世の中に認識してもらえたらいいな~

そんなことを、ゴーヤを食べながら考えていました。

個性、大事。苦みが上手い!^^

今日のテーマは、

『本当に変わるんだ・・』

和もみの講座に来るセラピストさんには、ある共通点があります。

それは、

「変わりたい!」「今の自分を変えたい!」

そう思っているということ。

でも、変わるって勇気が要りますよね。

そんな、勇気を出して一歩踏み出して来たセラピストさんには、全力でサポートしています!

「こんなお客様には、こうしたらいいよ!」

こんな風に、手っ取り早く答えが欲しい場合は、私の講座には来ない方がいいです。

私が伝えたいのは、セラピストを長く続けていくための、考え方、あり方、だから。

「ちゃんとしっかりした考えを持ったセラピストさんだな~」
「私のことを考えた提案をしてもらえて、とても信頼できそうな人だな~」
「凛としていて、魅力的なセラピストさんだな~」

そんな風に、お客様から思ってもらえるセラピストになってほしいから。

本質的なことや自分で考えられるように指導しています。

和もみって深いですよね・・そう言われます。

だから、セラピストしての土台がしっかり作れるのです。

その土台の上に施術と会話の技術を身に付けていきますよ。

先日から、5回レッスンをスタートさせたセラピストさんも、変化を実感されたようです^^

===

最近は、この間、教えてもらったこと、気づいたことを実践していく中ですごく反応が変わってきています。

お客さんが帰るときにきちんと目をみて「ありがとうございました」って言ってくれるようになりました。

本当に変わるんだなと思っています。

強さに関しては、やっぱり、もう少し強くていいと言われることもあり、なかなか難しいですが、、

あと不思議ですが、前は苦手な(と自分が感じる)お客様が頻繁に自分の番に入り、いつも毎日がひやひやって感じでしたが、

レッスンに行くと決めたくらいから、ほとんど避けられてるのかってくらい、自分に当たらなくなってきていて、すごく楽に働けているんです。

不思議です。ありがとうございます。

Oさんより

===

Oさんが感じた変化は、

・お客さんが帰るときにきちんと目をみて「ありがとうございました」って言ってくれるようになった。

・レッスンに行くと決めたくらいから、苦手なお客様に当たらなくなって、すごく楽に働けている。

>本当に変わるんだなと思っています。

>不思議です。

不思議ですね~^^

実は、Oさんには、ある魔法をかけました。

苦手な人に当たる、同じような失敗を定期的にしてしまう、調子が良いときと悪いときの波がある・・

そんな場合に、とても効果的な魔法です。

実は、私も自分にこの魔法を使っています。

変わりたい!今の自分を変えたい!そんなときは、会いにきてね^^

単発レッスンでも、部分的にはお伝えできますが、「変わりたい!」場合は、5回レッスンをお勧めです。

最後にお知らせです。

—————

●8月9月スタート生を募集しています。

個別レッスン5回で、お勤めのサロン状況、メニュー内容に合わせて、一つ一つの手技を徹底的に見直しができます。

【8月9月スタート生募集!】

今の手技を見直して指名を増やす!和もみ個別レッスン(5回連続)

8月スタート生は、1名の受付可能です。

9月スタート生は、2名くらい受付可能だと思います。

現在受講してくださっている方の進み具合によって、募集枠を決めています。

お一人お一人異なる状況のセラピストさんにしっかりと向き合いためと、希望の日にレッスンの予約ができない!そんなことを防ぐためです。

実践と学びを繰り返して、セラピストの仕事に自信が持てるようになります。

今日も、お仕事楽しく頑張りましょうね♪

関連記事

  1. もう辛くてやめたい

  2. 【上達の秘訣】セラピストの仕事を更にやりがいのあるものに♪

  3. 上手くいっている理由

  4. 合わないお客様は切り捨て?【セラピストを長く続けるコツ】

  5. セラピストスクールで学んでも現場では使えない

  6. 強もみのお客様に、和もみを受け入れてもらうには

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。