【セラピストさんからの質問】身体大きな人をほぐすには?

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

身体の大きな人を施術する時に困っています‥何かコツみたいのはあるのでしょうか?

このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

【セラピストさんからの質問】身体大きな人をほぐすには?

先日、現役セラピストさんからこのようなご質問をいただきました。

脂肪が多い方(体重で言うと90キロくらい)の場合の力加減に悩んでます。

奥まで届くようにしようとすると、力が入ってしまいます。

似たようなご質問は、他のセラピストさんからも度々いただきます。

多くの場合が、『手技でほぐそうとしている』のですね。

どこを押したらいいのか?
どれくらい押したらいいの?

そんな風に考えていませんか?

身体がほぐれていく仕組み、
良くなる仕組み、

そもそも、なんで凝るのか?
不調になるのか?
コリって何なのか?

これがわかってないまま施術をしていませんか?

身体の知識がないと、せっかくの技術も効果が出せません。

なので、和もみ®の講座では、そこからお伝えしているのです。

■大きな人をほぐすには、まずは考え方を変えて

文章なので、手法の話はできませんが、まずはこんな風に考え方を変えていきましょう!

>脂肪が多い方(体重で言うと90キロくらい)
>の場合の力加減に悩んでます。

→『力加減』を調整するのではなく、身体のどの部分にアプローチしたらいいのか?と考えてみてください。

力加減(自分目線)ではなく、お客様の身体に合わせる。です。

>奥まで届くようにしようとすると、力が入ってしまいます。

→力が入ってしまう場合、身体の使い方が悪い可能性と、押しすぎている可能性が考えられますね。

施術をしている自分の身体を観察してみてください。

セラピストの仕事は、疑問が尽きないですよね。

でも!だから!この仕事は楽しいし、長く続けていけるのです^^

よかったら、一緒に勉強しませんか?

■福井からセラピストさんが来てくれました

昨日は、福井県からセラピストさんが施術を受けに来てくれました。

大阪で和もみ®の基礎講座と練習会に参加してくれて、
「和もみ®の考え方いいですよね~実際に受けてみたかったので!」と。

全身もみのほぐしの施術を受けて、疲れが出ていた身体が軽くなったようです。

講座でも部分的に和もみ®を体感してもらうのですが、全身受けてみるとほぐれてゆるんだときの『ふっくら』するのがよくわかるようです。

よくある押し方と全く違う和もみ®の圧は、基礎講座でも体感できますよ。

関連記事

  1. 治療との違い!リラクゼーションは治せない。だから不調が良くな…

  2. 普段の3分の1の力加減で!?

  3. セラピストの体調も良くなる理由♪和もみ®

  4. セラピストの地位を向上させたい!

  5. 体力的に、セラピストは何歳までかな?あと何年続けられるんだろ…

  6. セラピストとしての考え方【失敗から学んだもの】