もっと強くと言われた時の対応♪強もみエスカレートさせる?それとも…

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
お客様に「もっと強く」といわれた時の対応で、強もみエスカレートさせる?それとも・・という話です。

強もみして、これ以上は良くないなと思っても「もっと強く」と言われる…そんな時の対応はどうしたら良いのだろうか?

このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

もっと強くと言われた時の対応はどうする?

「もっと強く」とお客様に言われたら断れないよ・・

また来てもらえなくなっちゃうじゃない?

身体には良くないの分かっているけど・・この対応で仕方ないよ。

そんな中、自分の指や手を痛めながら施術を続けていたら・・いつか限界がきますよね><

だんだん固くなっているし、強もみもエスカレートしているけど、今更やり方を変えられない・・

そもそも、そんなやり方があるの?

いきなり変えたら、お客様に何してるの?って思われない?

そんな不安もありますよね。

でもその対応って、セラピストとは言えないですよ。

セラピストは、『導く人』

お客様の言いなりに強くするのは、そんな対応ばかりしてたらマッサージチェアと同じです。

■「もっと強く」と言われたらお客様をより良い方へ導きましょう

まずは、強もみ、強さをエスカレートさせないことです。

「いつものグイグイじゃないけど、これはこれで気持ちいいよ」

そう言われるくらい。

いつもの力加減の8~9割くらいにするところから始めてみてください。

お客様が求めているよりも、絶対に上回らないことです。

それから、強さではなくポイントを的確に狙うことで、

「私の身体の状態をみながら、調整してくれているのね」

と感じてもらえるように。

そうすると、むやみに「もっともっと」とはならなくなりますし、こちらの話を聞いてくれるようになります。

強くし過ぎるとどんどん硬くなってしまいますよ。
○○さんの場合は、強くしない方が緩みますね。

そんな提案ができると、セラピストとしてお客様をより良い方へ『導く』ことができます。

お客様からは、

「身体のどこが硬いのかよく分かります」
「肩が凝りにくくなってきました!」
「最近、調子がいいんです!」

こんな風に言ってもらえるのが、セラピスト本来の仕事なんじゃないかな?

自分の指も痛い、お客様の身体を固くする強もみは、もう止めましょう。

■和もみ®「セラピーワールド」出展に向けて

先週末は、10月に開催される『セラピーワールド東京2023』に出展するため、会場の下見に行ってきました。

和もみ®を、たくさんの方に知ってもらえたらな~と思っています。

少しですが施術の体感もしてもらえたらと思っています。

セミナーではなく、ブース出展をしますので、会いに来てくれたら嬉しいです^^

関連記事

  1. 施術で指が痛くなる、圧が入らない原因

  2. 指に負担をかけずに施術をする方法

  3. セラピストが「もっと強く」と言われたときのお客様への伝え方

  4. セラピストさんへ♪強もみしないでほぐす和もみ®ができなくて心…

  5. 強もみがダメって、みんな知っている!?

  6. 強いマッサージで辛い思いをしてませんか?