『強もみができる=上手い』そう思っている人が多い理由

こんにちは^^和もみ®セラピストの万里です。

さて今日は、

リラクゼーションサロンに通うお客様の中に、

『強もみができる=上手い』

そう思っている人が多い理由について書いてみました。

硬さや鈍さを自慢するようなお客様や、強圧に耐えられる身体が自慢になっているお客様もいたり・・

どうして、こんな状況になっているのでしょう?

この状況って、いつから誰が作ったのでしょう?

これに関しては、先に謝らなければなりません。

私のせいです。ごめんなさい!!

約15年ほど前、知らなかったとはいえ、私も強もみをしていました。

お客様が「もっと強く」と言えば、強く。

言わなくても「もっと強く」と言われないように、強めにしていました。

力加減は「イタ気持ち良いくらいがいいですよ」と言っていたし、

オイルでも「リンパが詰まっていますからね~」と言いながら、痛いのを我慢させてグリグリ。

リラクゼーション店で働いていたのは2年間ですが、多くのお客様と接してきました。

そのときのお客様には、本当に申し訳ないことを・・

そしてその時のお客様が巡り巡って、皆さんのところに行っているかと思うと・・

今でも思い出しては、反省しています。

(だから、世の中から強もみを無くすために頑張ります!)

今も現場では、「強くしないと指名が取れない」と言われ、強もみの特訓をするところがあると思います。

以前から思っていたのですが、

『強もみができる=上手い』

これは、お客様を通わせるために、作られたものかもしれません。

だって、強くしたら良くないことを知りながら、

お客様が言うから・・仕方なく・・って強もみしているセラピストいますよね?

強くしても改善しないことを知りながら

強い刺激には中毒性があることを知りながら

強い刺激によって新たな不調が生まれることを知りながら

強もみをしている。

その場だけ強い刺激で、気持ち良ければいい喜ぶでしょ。

根本改善したら通わないので、強もみ中毒にさせていこう。

新たな問題を作り出して、自分の仕事が無くならないようにしよう。

そんな考えでしょうか。

ひどい!!と感じるかもしれませんが、この考えってあなたにもありませんか?

私の中にも、少しあります。

(生活していくには、稼がないといけないしね・・)

理想を言えば、

セラピストにとって最高の喜びとは、自分の仕事がなくなることだと思っています。

身体の不調を感じる人がいなくなり、セラピストが必要なくなることです。

理想と現実。

かなりギャップはありますが、理想がなければ何も始まりません。

■私は、強もみの無い世界にしていきたい

そうなれば、みんなが笑顔になるから^^

リラクゼーションサロンに通うお客様の中に、

『強もみができる=上手い』

そう思っている人が多い理由について書いきましたが、

通わせるために強もみを勧めてきたことで、もう一つとても残念な結果を招いています。

それについては、次回にしますね^^

関連記事

  1. セラピストさん!なんで強く押したいの?

  2. 強もみをしているとお客様が減っていく!?

  3. 強もみのお客様に満足してもらうやり方

  4. 強もみのお客様をぎゃふん!と言わせたい

  5. マッサージは、強くない方が肩こりが楽になる!?

  6. リラクゼーション・マッサージ業界が良くなるには

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。