施術で「もっと強く」と言われるのが怖い?

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
「もっと強く」と言われるのが怖い?という話です。

施術をしていると「もっと強く」と言われることがある…そう言われないようにするのにはどうしたら良いのかな?

このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

施術で「もっと強く」と言われるのが怖い?

強いのが好きな人って・・

せっかちで、頑固で、威圧的な印象ありません?

私も以前は(15年以上も前ですが)、強もみのお店で働いたことがあります。

親指の痛みに耐えながら施術をしていました。

お客様から「もっと強く」と言われたら、イヤだな~とびくびくしていたこともありますし、

「もっと強く『ても』いいよ」と言われて、イラッとしながら揉んでいたこともあります。

『ても』ってなんだよ!
こっちは指が痛いのよ!

遠慮しているわけじゃないよ?
あなたの肩が固いからでしょ?

・・・

もちろん、そんなことは言えません><

せっかちで、頑固で、威圧的な人に、何か言うなんて・・

言っても、どうせ聞いてくれないでしょ?そんな思い込みもありました。

でも、お客様の気持ちは、

『つらいから楽になりたい、楽にしてほしい』ってことなんですよね。

意地悪をしているのでもなく、悪い人でもないのです。

ただ!
身体がガチガチな人は、頭もガチガチ。

だから、頑固になっちゃうんだと思う。

■「もっと強く」と言われたときにできることは?

施術で強く押せるように、

筋トレする?
体重増やす?
手技の技を増やす?

これでもいいけど・・それをしていたら、どんどん強もみがエスカレートしていっちゃうから、不のループですよね・・

もっと、筋トレする?
もっと、体重増やす?
もっと、手技の技を増やす?

そうではなく、和もみ®からの提案は、

  • ポイントを探せる指の感覚を磨く
  • 気持ち良く感じられるアレンジを増やす

そして、

  • コミュニケーション力をつける

身体がガチガチな人は、頭もガチガチですからね。

身体と一緒に、頭の中(気持ち)もほぐしていく・・

そんな意識でいると、お客様の言ったことにびくびくイライラしなくなっていきますよ。

何をするにしても、対策を準備しておくと『怖さ』は減っていきます。

「もっと強く」と言われたときにできることが『強くする』しかない、でも強くすることができないとなると・・

どうしよう・・どうしよう・・って不安になってしまうわけで。

強めを求められる現場でも、強くしなくても満足してもらえる施術の方法が、和もみ®にはたくさんありますよ♪

まずは、無料メルマガ講座から始めてみませんか?

■オイル・ほぐし講座2回目を終えて

今週は、オイル講座、ほぐし講座を開催しました。

全身の施術が和もみ®流でできるようになり、独立の一歩を踏み出すことができる6ヶ月間の講座です。

4月からスタートして、2回目のグループレッスン。

和もみ®の基本の手技と身体の使い方を復習して、下肢前面へのアプローチ方法を練習しました。

2回目にして、コリやハリを見つけながら触れたり、ほぐし方も自分で考えてやってみたりしていました。

和もみ®は、手技が正しくできることがゴールではなく、お客様に合わせてアレンジ調整できることを目指しています。

これができるようになると、自分の手技の不安が減っていきますよ。

6ヶ月間の講座は、次は10月スタート予定です。

和もみ®に興味のある方は、こちらを見てみてくださいね^^

▼和もみ®流オイルマッサージ独立講座
https://aromare.jp/infoschool-9/

▼和もみ®流!もみほぐし独立講座
https://aromare.jp/infoschool-11

関連記事

  1. 無知な強もみは誰かを傷つける…過去のお客様に申し訳ない

  2. 強もみのお客様へのアプローチ

  3. セラピストさんへ♪強もみしないでほぐす和もみ®ができなくて心…

  4. 強もみが身体に良くないを伝えるには?エスカレートを止めよう!…

  5. マッサージ効果が持続する理由

  6. 強もみなら指名が取れる!本当にそれでいいの?