強もみ中毒と鬱との関係

和もみ®セラピストの万里です。

さて。今日は、

強もみ中毒のお客様はどんな風になっちゃうのだろうか?鬱は関係あるのだろうか?

『強もみ中毒と鬱』について書いてみたいと思います。

強もみ中毒と鬱は関係あるの?

この記事を書いている私は、セラピスト歴19年、独立して14年目。目白でプライベートサロンを経営しています。

現在は、指や腰が痛くなり悩んでいるセラピストさん向けに講座もしています。

このような経験を基に、強もみ中毒と鬱について書きます。

■コリがほぐれる力加減の目安

和もみ®では、身体が喜ぶ気持ちいい~力加減で治癒力を引き出す施術をしています。

『イタ気持ちいい』

ではなく、

『気持ちいい』

です!

思わず「ああ~気持ちいい~」と、言ってしまうような。

「ふぅ~」っと息が吐けて、身体のチカラが抜けていくような。

そんな力加減です。

コリがほぐれるには、この気持ち良さが必要!

セラピストが気を付けたいのは、身体と頭(脳)では、気持ちいい感覚が違うことがあると言うことです。

頭の感覚に合わせると、身体にとっては強過ぎてしまうことがあるのです。

と言うことは、お客様の「もっと強く」の言葉に合わせてしまうと・・

知らず知らずに、お客様の身体を壊してしまうかもしれませんね。

■強もみ中毒に似たような現象

メール講座では、ジャンクフードに例えてお話ししていますが、強もみ中毒に似たような現象って他にもありますよね。

例えば、

  • 辛いもの、甘いもの
  • 鎮痛剤、便秘薬
  • 柔軟剤、香水

など。

また、食べたくなったり、もっと刺激の強いものがほしくなったり。

身体の感覚が鈍くなるのですね。

同じ量だと効かなくなって来て、どんどん量が増えていったり。

一瞬の快楽で満たされた気になるので、また欲しくなる。

「もっと!もっと!」の悪循環になり中毒状態になっていきます。

感覚が鈍くなっていくので、自分では気づけなかったり、一瞬の快楽に魅了されているので、

一人でここから抜け出すのには、よほどの自覚と覚悟が必要です。

強もみ中毒も同じことが言えます。

■強もみ中毒は鈍くなる

強もみ中毒になり、身体の感覚が鈍くなると言うことは、本能的な感覚が鈍くなると言うことです。

「これは食べたら危険だな」

「こっちに行ったら危険だな」

「身体の調子がいつもと違うな」

そんなことに、気づきにくくなってしまうのです。

その感覚を取り戻してほしくて、

頭じゃなくて、身体が気持ちいいと感じることがとっても大事!

身体が喜んでいる力加減で、気持ちいいと感じられないって大変なことだよ!

そう和もみ®では伝えています。

■強もみ中毒になると鬱に…!?

そして、強い刺激は交感神経を優位にします。

強い刺激を度々受けていると、リラックス出来ない身体になっていきます。

「もっと強く!」と言ってくる強もみ中毒のお客様も、苦しんでいるのかもしれませんね。

ちなみに、交感神経が優位な状態が多くなると、鬱状態になっていくとも言われています。

さらに、鬱病との関連も指摘されている『失体感』と言うのがあります。

失体感とは、眠気、空腹感、疲労感、喉の渇き、筋肉の張り感、呼吸など自分の身体の状態が分からなくなること。

強い刺激を求めてくるお客様こそ、私たちセラピストが真剣に向き合わないといけないかも。

そんな強もみ中毒のお客様に、できることがもっとありそうですね。

あなたは、お客様とどう向き合っていきますか?

■おわりに:セラピストらしく

前回のブログで、和もみ®を通じて私がしたいことは「いじめをなくすこと」だと書きました。

良い悪いの2択ではなく、尊重し合える世界。

人間同士はもちろん、他の生物や地球ともね。

セラピストとして私が一番気になっているのは、自分の身体の声を無視したり、イジメていることです。

強もみ中毒さんも自分の身体をイジメてますね。

生きていく上で一番大切な『自分の身体』とも尊重し合えたら ・・

世界が、もっと良い方へ変わっていくはず!そう私は考えています。

そんな私の考えに、共感してくれたセラピストさんがいました!

こんばんは
山梨の●●です。いつもメルマガや動画、楽しく拝見しております(^^)

今日の内容に、思わずご連絡しています。

普段から、メルマガや動画の内容を自分なりに解釈し、理解し、少しずつですが自分のお店で実践しています。

そんな私の想いに共感もいただき、有難いことにリピーターさんも増えています。

私は、和もみの考え方を意識しているときが、一番自分らしくいられ、リラックスでき、心身ともに落ち着くことができます。

その感覚を、これからも一番大切にしたいと思っていますし、自分がそんな風にいることで、お客様にも良い影響が伝わるのだと信じています。

ゆっくり学ぶ機会を楽しみに、今は日々を楽しみたいと思います。
これからも、よろしくお願いいたします。

Sさんより

和もみ®をここまで深く理解してくださっているのは、とっても嬉しいです!!

Sさんありがとうございます!

>私は、和もみの考え方を意識しているときが、一番自分らしくいられ、リラックスでき、心身ともに落ち着くことができます。

施術のやり方やセラピストの仕事だけでなく、Sさんのように自分自身にも変化が起こります。

『自分らしくいられる』っていいですよね^^

手技手法が共通なのではなく、同じような価値観で繋がれるのが私は嬉しい!

和もみ®の考え方、価値観に共感してくださる皆さん、これからもどうぞよろしくお願いします。

関連記事

  1. リラクゼーションで、強圧は不要です!【強もみダメ】

  2. お客様との会話が苦手です

  3. 強もみできないと、満足してもらえないし指名取れないよ!て…本…

  4. 再び火がつきました!世の中から強もみを無くします!

  5. 強いマッサージで辛い思いをしてませんか?

  6. お客様へ「強もみ良くないよ」の伝え方ではダメ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。