体力的に、セラピストは何歳までかな?あと何年続けられるんだろう…

こんにちは^^和もみ®セラピストの万里です。

セラピストを続けていきたいが、何歳までできるか不安。できれば長く続けたいので体力的な不安をなくしたい。

このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

体力的に、セラピストは何歳までかな?あと何年続けられるんだろう…

この記事を書いている私は、強もみができない、指が痛いセラピストさん向けの講座をはじめて5年、300人以上の手技の見直しをしてきました。

このような経験を基に、セラピストを長く続けるコツについて書きます。

結論からいいますと、セラピストを長く続けるコツは「セラピストとしての軸」を持つことです。

そうすれば、何歳までできるかな?と不安にならずに、70歳代になっても楽しくセラピストを続けれたりします。

セラピストとしての軸を持ち、身体に負担のない方法で施術をすることが大切です。

■和もみ®で不安がなくなったセラピストさん

和もみ®を学びに来るセラピストさんのキャリアは、本当に幅広いです。

研修が終わったばかり、お客様にデビューしたばかりのセラピストさんから、15年以上のベテランさんも学びに来ています。

ベテランのセラピストのMさんの場合は、こんな不安があったようです。

「体力的に、セラピストは何歳までかな?あと何年続けられるんだろう・・」

それが、こんな風に変わったようです。

和もみを学んで変わったことは、「セラピストをこのまま続けていきたい!」と思ったことが一番の変化です。

そのうち開業したいと思うようになったので、学ぶ姿勢も変わってきてると思います。

最初はドキドキしながら「強すぎるとよくないですよ」など恐る恐る言っていましたが、

極端な方じゃない限り普通に会話のなかで和もみをお薦めできるようになりました。

最近、強もみが好きな方に完全に和もみではできなかったんですが

「強すぎると身体に力が入ってほぐれにくいですよ」とすすめてみたところ「次回指名する」と言っていただけました。

あと、機嫌の悪そうなお客様に言われたことでイライラしたり落ち込んだりとか昔はありましたが、考え方が変わってきました。

和もみの根本の考え方があるからこそ、気持ちに余裕ができてきたのが自分の身体に表れてると感じます。

万里さんのお陰でたくさん変化があります。

セラピストとしての軸を築いていきたいので、これからもまたよろしくお願いします(*^^*)

(Mさんより)

体力的に、セラピストは何歳までかな?あと何年続けられるんだろう…

そう思っていたところから、

セラピストをこのまま続けていきたい!

そう思えるようになった。だけじゃなく、

「そのうち開業したい」

とまで思うようになったなんて!すごい変化ですね!!

Mさんの場合は、すでに50人以上の指名のお客様がいる状態でした。

強圧が好きなお客様にも、強くすることで満足してもらう対応をしてきました。

その今までのやり方を変えるのには、とても勇気がいったと思います。

■長く続けるには「軸」が大切

勇気を出した結果、Mさんにはこんな変化があったのですね。

「最初は、ドキドキしながら、恐る恐るだったのが、普通に会話の中で和もみ薦められるようになった」

「お客様の言葉に、イライラしたり落ち込んでいたけど、考え方が変わった」

セラピストなら、本当にお客様のことを考えた施術や提案をしていきたいですよね?

強くするのは良くないと知りながら、やり続けるのはつらいですよね?

それでは、セラピストを長く続けることは出来ませんよね?

セラピストが、早い段階で何歳までと区切りをつけて諦める前に、もっと続けていきたいと思える。

そのために、和もみ®では、根っこになるあり方を伝えているのです。

「和もみ®の根本の考え方があるからこそ、気持ちに余裕ができてきたのが自分の身体に表れてると感じます。」

Mさんのように、

「セラピストとしての軸を築いていきたい」

その軸を持って何歳までも続けていきたい、そう考えているセラピストさんに、和もみ®は学んでほしいのです。

楽しくなりますよ^^

■体力的にセラピストは何歳までと諦める前に

先日から、メルマガでお伝えしてきたことをこちらの記事に残しました。

・すごい強圧のお客様に、和もみやってみたら・・

・圧の深さは、皮膚脂肪をとばして1~5ミリ

・意識を1センチ変えるだけで!?

体重を乗せているのに「弱い」と言われてしまう場合は、ぜひ試してみてください。

セラピストを長く続けるためには、まずはあなた自身の身体に負担なく施術ができるようになることです!

その上で、お客様に「あ~気持ちいい~^^」と言ってもらえるように、一つずつ手技を見直していきましょう!

セラピストは、個人で活動しやすい仕事です。

あなた自身で、収入を増やすことが可能です。

お店に所属しているだけでは、もったいないですよ!!

先の見えない状況が続いていますが、お互い頑張りましょうね^^

関連記事

  1. 強もみせずにほぐす【お客様に満足してもらう方法】

  2. セラピストさんと一緒に変えていきたい!リラクゼーション業界

  3. リラクゼーション業界に、未来はあるのか?

  4. セラピストとしての考え方【失敗から学んだもの】

  5. 他のマッサージと和もみには、こんな違いがある

  6. 治療系やエステとも違う、リラクゼーションの目的とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。