リラクゼーションなんだから

先日のこと。毎月来てくださるお客様が、お誕生月と言うことで200分のコースで来てくださいました。

よもぎ蒸しで温まってから全身をほぐして、お顔もクレイパック&アロママッサージ。

だるかった身体がスッキリ軽くなったようでした。

そして、噛み合わせが整った!ととても喜んでいました。

身体が気持ち良くほぐれると、色んな所が整っていくのですね。

これも、和もみの良いところです^^

さて今日のブログのテーマは、

『リラクゼーションなんだから』

「もっと強く」というお客様に、あなたなら、どうやって満足してもらいますか?

アンケートには、「強もみが良くないことを伝えるようにしています」という回答があってとても嬉しかったです^^

多くの場合は、強いチカラと、強い刺激で満足させよう。

そう考えている施術者が多いようですね。

どうやって強くするか?どうやって深く押すか?どうやって刺激をあたえるか?

そのための肘の使い方や、指の鍛え方や、全体重ののせ方など・・

そんな指導をしている動画も多く見かけます。

本当に、それでいいの?

言われるままに強くするのではなく、どうやったら満足してもらえるのか?

それを和もみでは、お伝えしています。

だって、むやみに強くしたら、お客様の身体は壊れますからね。

しかし、、、ただ弱くて物足りないのも違う。

リラクゼーションなんだから、やっぱり気持ち良くなきゃね!

お客様の要望にもお答えしなきゃね!

私はそう考えています。

和もみを実践していくときには、こんなポイントがあります。

1、「そう!そこそこ!気持ちいい~」と喜ばれるポイントを見つけられること。

(ツボが押せるのとは違います!)

2、お客様が求めてきても、筋肉を傷つけるようなほぐし方をしないこと。

(痛い方が効いているは、違います!)

3、そして、その場しのぎではない、長期的な変化を感じてもらうこと。

(次の日に戻ってしまうのは、違います!)

「強もみできる=上手い」の中で、和もみを実践していくのは、そう簡単なことではありません。

分かっています。

上の1、2、3は、施術のやり方だけではなく、お客様とのコミュニケーションの取り方なども、一緒にお伝えしています。

技術だけで対応しようとするから、「もっと強く」というお客様の言うままに強くしなくてはならないのです。

度々書いていますが、それはマッサージチェアの仕事です。

セラピストの仕事ではありません。

現状を変えていこうとしなければ、ずっとこのままです。

それは、イヤなのです。強もみをしてきた私にも責任があるから。

セラピストも幸せに!お客様も幸せに!そんな幸せが広がることを願って、これからも伝え続けていきます。


●【お願い】アンケートにご協力をお願いします!

『セラピスト100人に聞きました!』を目指して、ご協力をお願いします!

現在、83名の方からアンケートの回答をいただいています!ありがとうございます!!

「指が痛い…」

セラピストさんに多い悩み。私がサロン勤めをしていた15年前から変わってない。

それどころか、激安店が出来てから「セラピスト使い捨て」の考えの経営者が増えたように感じます。

使えなくなったら新しい人を入れればいいし。

安くしとけばお客は来るし、来なければセラピストの歩合が減るだけだし。

手や身体の使い方も、ちゃんと教えないで、強もみ強要するのはどうなの??

リラクゼーションサロンのオーナーさん!ちゃんと研修してあげて!セラピストを使い捨てにしないで!!

そんな思いを届けていきたいので、こちらのアンケートにご協力をお願いします!

・【お願い】アンケートにご協力をお願いします!

・アンケートはこちらから

もしよかったら、お知り合いのセラピストさんにもシェアしていただけないでしょうか?

関連記事

  1. 強もみを続けて、お客様と10年付き合えますか?

  2. そもそも、コリって何?どんなマッサージがいいの?

  3. リピート率を気にしないで、なぜ100回も10年も来るの?

  4. ホテルベッドでの施術3つのコツ

  5. 和もみは、やわやわ~じゃないよ!セラピストが使える技術です

  6. セラピストは自分を犠牲にしたら続かないよ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。