セラピストが「もっと強く」と言われる理由。その時に焦らないために

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
セラピストが「もっと強く」と言われても焦らないために、そんな話です。

施術をしていると「もっと強く」と言われることがある…言われないためにはどうしたら良いのかな?

このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

セラピストが「もっと強く」と言われる理由

この記事を書いている私は、強もみができない、指が痛いセラピストさん向けの講座をはじめて6年、400人以上の手技の見直しをしてきました。

このような経験を基に、セラピストが「もっと強く」と言われる理由について書きます。

1つ目の理由は、『効いている感じがしない』ので「もっと強く」と言われている可能性です。

この場合に考えなくてはいけないことがあります。

  • ポイントを捉えられていない、圧の角度が違うなど、自分の手技の技術が未熟なのか?
  • お客様の身体の感覚が鈍くなっているのか?

このどちらなのか、分かるようにならないといけません。

「もっと強く」と言われているのが、自分に問題があるのか?お客様に問題があるのか?

凝りすぎで鈍くなっている感覚に合わせて、強く刺激してしまったら、お互いに身体が壊れてしまいますからね><

はじめのうちは、お客様の感覚なんて分からないので、自分の技術を磨いていきましょう!

2つ目の理由は、強い方がほぐれる、痛くないと効果がないと『間違った思い込み』をしているから。

なので「もっと強く」と言われている可能性です。

この場合は、会話の技術を磨いていきましょう!

大切なのは、「強もみは良くないですよ」と否定しないこと。

お客様の話を聞いて、メリットを感じていただけるように伝えるようにするといいですよ。

お客様から「もっと強く」と言われても焦らないために、言われている理由を考えてみましょう。

冷静に客観的にお客様を観察することができたら、気持ちに余裕ができるはず!

そして、手技の技術を磨くためにどうしたらいいのか?

会話の技術を磨くために何をしたらいいのか?

学んで見直しして、繰り返し練習していきましょう!

7月の目白サロンでのスキルアップ講座(練習会)は、まだ参加者募集中ですよ^^

▼スキルアップ講座の詳細、お申込みはこちらから
https://aromare.jp/infoschool-4/

■『セラピストオンライン質問会』開催します♪

無料メルマガを読んでくださっている方ならどなたでも参加できます。

メルマガを読んでいて、動画を見ていて・・色々と聞いてみたいことありませんか?

強もみしないのにどうしてほぐれるの?

ガチガチの人にも通用するの?

指、手首、腰が痛いけど、どうしたらいい?

お勤めサロンの中で、和もみの取り入れるには?

強もみが好きなお客様に、どう伝えたらいい?

オイルマッサージ独立講座、養成講座など、どれから学んだらいい?

などなど・・

日頃の疑問や違和感を解消できたらと思って、この『オンライン質問会』を企画しました。

次回のセラピストオンライン質問会の予定は、

日時:7月30日(金)の21時~最大90分

Zoomを使ってオンラインで行います。
参加費は、かかりません。

お顔を見てお話しをしたいので、画面は『オン』にしてご参加くださいね。

私も色々と発信していますが、なかなか届けきれないので、この機会を活用していただけたら嬉しいです^^

■7月のセラピスト講座は満席になりました♪

今お申込みをしてくださっている方で、7月の東京と名古屋の和もみ®基礎講座は、満席になりました!

ありがとうございます!!
※キャンセル待ちは受け付けています。

次の和もみ®基礎講座は、9月以降の予定です。

基礎講座は動画でも学べますので、和もみ®の基礎理論は動画で学んで、スキルアップ講座で実践練習するのもいいですよ。

今回の大阪講座でも感じましたが、繰り返し繰り返し練習するの大切ですね。

言うまでもありませんが、練習しているセラピストの方が、上達が早い。

■もうすぐ滋賀に誕生!和もみ®認定セラピスト

大阪での講座3日間が終わり、翌日に滋賀で個人サロンをされているセラピストさんのところにお邪魔してきました。

養成講座の1期生で、和もみ®認定セラピストを目指している方。

講座のカリキュラムは全て終了しましたので、試験も兼ねてサロンに伺ったのです。

試験のときは、実際に私が施術を受けますので、緊張されていたと思います。

すごく気持ち良くて、途中ウトウトしてしまいました(笑)

終わったあとも次の日も身体が楽で、「やっぱり和もみっていいな~」と改めて実感。

しかし、試験の結果は・・不合格。

和もみ®認定セラピストと名乗るには、技術にブレがあっては困りますので、かなり厳しくしています。

  • 受けている私が自分の身体を感じることができているか?
  • 施術者の指や手を感じさせてしまっていないか?

これをみています。

(講座を受けてない方には、何のことやら?かもしれませんが・・)

母指での施術は良かったのですが、四指での圧が和もみ®になっていないところがありました。

施術以外のことは、ほぼカンペキでしたので、手技の気になったところをもう一度練習してチェックすることに。

もう少しで、滋賀に和もみ®認定セラピストさんが誕生します!

合格したらこのブログでもご紹介しますので、関西方面の皆さま楽しみにしていてくださいね^^

和もみ認定セラピストに興味がある方はこちらをご覧ください。
https://aromare.jp/school-35/

関連記事

  1. 強押し好きだと感覚が鈍る!普通に戻れるのか?

  2. 強もみ好きの人の特徴とその対応の仕方

  3. 強押しではほぐれない理由

  4. セラピストの指が痛くなるのは当たり前?それって違いますよ!

  5. 強もみの悪影響…強押しを受けたら寒気が!?

  6. 強もみを辞めるとセラピストの体調不良が改善する!