強もみしたくない!けど・・お客様には満足してほしい

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
強もみしたくない!けど・・強くしないとお客様は満足してくれないですよね?

それは、セラピストの思い込みかもよ?というお話です。

お客様に「もっと強く」と言われると強もみをしてしまう…本当は強もみしたくないんだけど…

このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

強もみしたくない!けど・・お客様には満足してほしい

強もみしたくない!けど・・強くしないとお客様は満足してくれないですよね?

強くしないっていうと、やさしいだけでほぐれないんじゃないの?って不安ありますよね。

先月の和もみ®基礎講座に参加したセラピストさんは、実践を続けていて変化を実感しているようです。

オンライン基礎講座受講から、実践で取り入れていますが、お客様の反応が変わりました。
ある方は、あっ私の身体ゆるんできましたね。
と自分の変化に気づかれた方もいらっしゃいました。

そして、私のお声かけも変わってきたと自覚しています。

これは、実際にお会いしてやるしかないっっと思いました。
よろしくお願い致します。

Yさんより

お客様が、自分で、自分の身体がゆるんだのが分かる。って、すごくいいですね!

Yさんは、和もみ®の基本手技を今までの手技に取り入れて、お客様の反応が変わったようです。

強くなくてもゆるむことが、お客様の反応を通して、Yさん自身も実感できているのではないでしょうか。

今度は、リアルの講座で、もっとできることを増やしていきましょうね^^

これが分かってくると、お客様との会話も変わったり、お客様の方もこちらの話を聞いてくれるようになる、良い関係が作れますね。

和もみ®って、表面だけにアプローチしているのではないのです。

けっこう深い筋肉にもアプローチしていくので、心地よく感じるし変化も感じるのです。

ただやさしいだけじゃなくて、体感してもらえるのが大切!

■強もみしないは・・そんな簡単なことじゃない

私も随分前のことになりますが、サロン勤めしていた頃は、強もみをしていました。

強いのが好きなお客様に、びくびくしながら・・親指の痛みに耐えながら・・施術をしていた時期もありますので。

「良くないから、やらなきゃいいじゃない!」そんな簡単なことじゃないのも分かっています。

だから。

和もみ®の講座では、サロン勤めの中でも使えるように、今ある手技に部分的に取り入れられるように、

個別レッスンや実践練習会では、その方の状況に合わせて、技術の見直し、アドバイスをしています。

Yさんのように、基礎講座を学んだだけでも、お客様の反応が変わってきます。

和もみ®では、強くしませんが、物足りないのを我慢してもらうのも、違うと考えています。

やっぱり気持ち良くないとね!

和もみ®の圧を体感したからなら分かると思うのですが、やさしいのですが、しっかりとほぐされる感じはあるのです。

やわらかい圧だけど、じんわ~りと奥までほぐすことができる。

そして、お客様の身体の状態に合わせて、アレンジ調整ができる。

お客様が自分の身体がほぐれていくのを感じるので、「もっと強く」という力加減を支持されることがなくなっていきます。

強もみしたくない!けど・・強くしないとお客様は満足してくれないですよね?

強くしないっていうと、やさしいだけでほぐれないんじゃないの?

そんな思い込みは、外していきましょう^^

和もみ®を身につけて、お客様の身体にとって本当に良いものを提供していきませんか?

関連記事

  1. 強もみと和もみ®の効果の違い

  2. 他のマッサージと和もみには、こんな違いがある

  3. セラピストの体調も良くなる理由♪和もみ®

  4. 力加減ができないのは、チカラが無いからじゃないよ

  5. ガチガチ身体が大きなお客様をほぐすときのコツ

  6. 和もみ®で理想のセラピストになろう!