強もみを辞めるとセラピストの体調不良が改善する!

和もみ®セラピストの万里です。

今日は、基礎講座でもお伝えした、和もみだとなぜ『セラピストの体調が良くなる』のか?について。

私が長く続けて来れた一番の理由でもあるので、ヒントにしていただけたら嬉しいです^^

この記事を書いている私は、強もみができない、指が痛いセラピストさん向けの講座をはじめて5年、300人以上の手技の見直しをしてきました。

この経験を基に、強もみを辞めるとセラピストの体調不良が改善されることについて書きます。

強もみに関してはこちらの記事もどうぞ♪

●体調が良くなったセラピストさんの感想

昨日の講座に来てくださったYさんから、早速、感想が届きました!

万里さん こんばんは(^^)

今日の基礎講座、すごく楽しかったです!
受講するの迷っていましたが、思い切って受講して良かったです(*^^*)

新たな道が開けた感じです!
受け手も、セラピスト側もとても気持ちいい~
これを実感出来た事は、とても嬉しかったです(TT)

よく、万里さんが言っている

『セラピスト側も体調が良くなる!』

ということが、私の中でカチッと はまった感じです!

和もみっていいですね(^^)
一歩踏み出してよかったです!

ありがとうございました(^人^)

Yさんより

Yさん、こちらこそありがとうございます!

>新たな道が開けた感じです!

とのこと、私も嬉しいです^^

>受け手も、セラピスト側もとても気持ちいい~
>これを実感出来た事は、とても嬉しかったです(TT)

手技の見直しのときに、はじめは半信半疑で戸惑っていたYさんですが、私のアドバイスを聞きながら、施術をしているうちに・・

「ああ~!なにこれ!?気持ちいい~!(笑)」

そう言ったのです。

もう一度言いますが、Yさんは施術する側です。

受け手になっていたセラピストさんに、受けた感覚を聞いたらYさんが「気持ちいい」って言ったときが一番気持ち良かったとのこと。

だから、

『セラピスト側も体調が良くなる!』

のです!

●強もみを辞めるとセラピストの体調不良は改善される?

和もみだと、どうしてセラピスト側も体調不良が改善されるのか?

その理由の1つは、

1、強もみしないでほぐすから

和もみでは、強もみはしません!

無駄に強い力を使わないので、セラピストの身体にも負担がなく体調も良くいられます。

※解剖学的に考えても、強もみでは硬くなるばかりで、コリをほぐすことは出来ません。

和もみの場合は、強いチカラを使わなくてもコリをほぐすことができます。

治るチカラを引き出すので、その場しのぎでなく根本からほぐれていきます。

強もみしないですが、ほぐれていく感覚がお客様も体感できるので満足してくれますよ^^

セラピスト側も体調が良くなる理由は、強もみをしないから、身体が楽だから、

それだけではありません!

理由の2つ目は、

2、お客様とセラピストに起こることが同じだから

私が強もみをしていたときにつらかったのは、自分の親指の痛みよりも常連さまの身体がどんどん固くなっていることでした。

こんなに頑張って押しているのに、ほぐれるどころか硬くなっている・・ほぐせていない・・

何が起きていたのかと言うと、強い刺激によって筋肉に負担をかけて硬くしていたのです。

私が、硬くしてしまっていたのです。

この経験から、今は真逆の発想です。

自分の指や身体に負担がなく、心地よいと感じることがほぐれることに繋がっていく。

実際に強もみを辞めてから、私自身すごく体調不良が少ないです。

その仕組みは、お客様とセラピストに起こることが同じだからです。

施術でお客様の身体を手や指で押していますが、見方を変えると、お客様の身体に手や指を押されているのです。

押しているけど、押されてもいる。

だから、ほぐれる施術をしていれば、セラピストの身体もほぐれていくのです。

●セラピストの体調不良が改善されるには

和もみが目指しているのは、施術を受ける方だけじゃなくて、施術をする方の体調も良くなることです。

それでしか、体調が良くならないと思っています。

セラピストを長く続けるには、身体を壊さないことがとっても重要。

だから・・

セラピストの指が痛いのは、当たり前じゃないよ!

強く押さないとコリが解れない、なんて大ウソだから!

って、伝え続けていきます!

強もみは良くないけど、強もみしないと指名もらえないからするのですか?

担当しているお客様が、どんどん硬くなっていても気にしないのですか?

そんな、つまらない仕事はもう終わりにしませんか?

昨日の講座でもお話ししたのですが、お客様から「気持ち良かった」と言ってもらうことがセラピストの仕事ではないですよ。

「気持ち良かった」は、通過点です

これをゴールにしては、いけないのです!

この話しの続きは、次の機会にしますね^^

●おわりに

私は、強もみができない、指が痛いセラピストさん向けの講座をはじめて5年、約300人の手技の見直しをしてきました。

今週は、月火は、スキルアップ講座。

水曜日は、和もみの基礎講座を開催しました。

千葉、福島、栃木、山梨からセラピストさんが来てくれました。

お越しくださった皆さま、ありがとうございました!!

できそうなものから、やってみてくださいね^^

今やっている手技やセラピストとしてのあり方を見直しすることができるのが、和もみの基礎講座です。

強もみができなくてお客様からダメ出しをされてしまった・・

力加減を聞くときに「もっと強く」と言われないかドキドキする・・

会話も苦手でお客様とどう接していいのか分からない・・

そんな悩みや不安を感じているようでした。

質問もたくさんいただき、色んな角度から皆さんのお役に立てそうなことをお伝えしました。

例えば、こんなこと。

  • 凝っているところと張っているところへのほぐし方の違い
  • 「もっと強く」と言ってくるお客様の心理と対応方法
  • 強く揉んでもコリがほぐれない仕組み
  • セラピストを長く続けていくためのお客様との向き合い方
  • お客様が「気持ちいい」と感じるアプローチ方法と施術の仕組み
  • セラピストの本来の役割について
  • 治療系とリラクゼーションの違いについて
  • 強もみのお客様が怖くなくなる力加減の聞き方
  • そもそも、コリっていったい何なのか?
  • 今のやり方から、無理なく和もみに変える方法

理論を学んだあとは、実際に和もみを体感していただいた後、手技の見直しです。

いつもの押し方と、和もみの違いに皆さん驚いていました^^

「ちょっとなのに、身体がポカポカしてきた!」
「わあ!施術していて自分も気持ちいい~」
「これなら、指が痛くないです!」

この声が聞けると、伝えてきて良かったな~としみじみ感じます。

こちらの講座もぜひ活用してくださいね♪

・お客様と長く付き合えるサロン開業!独立準備講座

・和もみ基礎講座の内容はこちら※今年は3年ぶりに仙台開催予定です。

関連記事

  1. 強もみをしているとお客様が減っていく!?

  2. マッサージ効果が持続する理由

  3. 「強く揉まない」と言っても、弱くて物足りないマッサージとは違…

  4. 強もみのお客様をぎゃふん!と言わせたい

  5. 強もみに慣れてしまった方でも、ちゃんと押されている感じがする…

  6. 再び火がつきました!世の中から強もみを無くします!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。