強いマッサージ【痛い=効いている】は、間違い!?

こんにちは、セラピストの須藤万里です。
ひどい肩こりは、強めに揉まないとほぐれない。

と思っていませんか?

痛いくらい押さないと、ほぐれない。

と思っていませんか?

自分でする場合も、家族にやってもらう場合も気を付けてくださいね。

痛い=効いている

では、ありませんよ!間違いです!!

マッサージを受ける方は、

痛みに耐えてこそ終わった時には、肩こりが楽になてって健康な体になっている!

と思っている方が多いようですね…

施術する方も

コリを硬いものをほぐすのだから、痛くて当たり前

と思っているから困ったものです…

肩こりのツライ状態に耐えてきたのに、また痛みに耐えるのですか?

そんな必要ありますか?

痛いけど我慢…

痛いけど我慢…

これをくり返していると

生体の防衛反応のため、加えられた強い刺激に抵抗しようとして、筋繊維が繊維化して硬くなり、ほぐれにくくなくなります。

肩こりは、どんどん硬くなります。

そして、更なる血行不良を招き、身体のバランスが乱れてしまいます。

強いマッサージには、くれぐれもお気をお気をつけくださいね…

関連記事

  1. 強もみは身体に悪い!セラピストさんからの生の声

  2. 『強もみができる=上手い』そう思っている人が多い理由

  3. リラクゼーション・マッサージ業界が良くなるには

  4. 【注意】強もみ、強いマッサージの危険性

  5. セラピストに痛いって言えない・・その原因は強もみから

  6. 強もみができない・・イメージ変えるだけで圧が入りますよ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。