セラピストの力が弱かったんじゃなくて、自分のコリが硬すぎだったとは…

こんにちは、セラピストの須藤万里です。

私は、お客様の施術もしていますが、セラピストさんの技術の見直しもしています。

強もみが好きになってしまうメカニズムもお伝えしています。

もっと!もっともっと強く!!の悪循環なのです><

肩こりが慢性的になると、ちょっと押したくらいじゃ物足りなく感じること、ありますよね?

「もっとギューって押して!」

と、思うかもしれませんが…

もしかしたら、

あなたのコリが硬すぎるからかもしれません。

先日、初めてのお客様がこのようなことをおっしゃっていました。

<お客様の声>

思い返してみたら、30才の頃はマッサージに行った次の日は揉み返しになっていたが、その後で楽になるから良いのだと思っていました。

最近では、揉み返しもならなくなり、強ければ強いほど良くていつも通りでは物足りなく感じていました。

強もみのこと、説明を聞いて納得しました。

施術の最初は物足りなく感じていたが、じっくりじっくりやってもらったら、だんだん効いた感じが分かるようになってきました。

これが大事なんですね。

今まで、力が足りないセラピストに問題があると思っていたことを反省しました。

力が弱いから物足りないと思っていたが、自分の身体の方が鈍くなっていたんですね。

そうなのです!

わかって頂けて嬉しいです^^

関連記事

  1. おすすめのアンチエイジングの方法

  2. 何をやっても冷えていたのに、すぐ手足がぽかぽかになった!

  3. 疲れが抜けにくい肩コリの私が、日常生活の中でどう気をつければ…

  4. あきらめていた肩こりが楽になる!と、気持ちも楽になる。

  5. やる気を無くさせる呪いの言葉を受け入れないで

  6. 和もみ®なら五十肩も改善する!