セラピストの指が痛いと何がダメなの?

和もみ®セラピストの万里です。

さて今日は、
指が痛いと何がダメなのか?そんなことを書いてみました。

セラピストの指が痛いのは我慢すればいいんじゃない?

サロンの研修は、お客様に触れられるための最小限のことしか教えてもらえません。

だって、すぐに働いてほしいからね。

「指が痛いのなんて当たり前だから」

「指は鍛えて作っていくものだから」

現場では、そんな風に言われていたりするのかな?

私に言わせれば、指が痛いと言うことはやり方が間違っているからだし、

それを我慢してるなんて、ヘタなだけ。

だって、自分の指が痛いってことは、お客様の身体のことを考えられていないってことですよね?

●どうして、指が痛いと何がダメなのか?

正直私は、指が痛いとか、身体がつらいと感じているセラピストにやってもらいたくないです。

自分の身体が上手く使えていないセラピストに、自分の身体を任せられなくないですか?

それから、メール講座でもお伝えしたように、指が痛いということは、お客様の身体も痛めているということです。

お客様とセラピストには同じことが起こります。

本当に癒されてほぐれていく施術は、やっているセラピストの身体も癒されるものなのです。

もう一つの問題は、痛みや辛さは相手にうつると言うことです。

緊張している人の隣にいたら、自分まで緊張してきた・・そんな経験ないですか?

あくびがうつることは、経験ある人が多いと思います。

セラピストが、どれだけいい状態で施術をするか?がとても大事なのです!

セラピストを長く続けるためにも、お客様に喜んでいただくためにも、

和もみを活用してくださいね^^

独立したいセラピストを応援しています

今年から、和もみを取り入れて、独立・半独立を目指すセラピストさんのサポートをはじめています。

チラシを作ったり、ブログを書き始めてみたり、サロンのメニューを考えたり・・

勉強会を通してそんなことをしています。

これからもっともっと、和もみを取り入れることで、セラピストさんが開業しやすい環境にしていこうと考えています。

なので前回のメッセージで、半独立からサロン開業までのプログラムを作るので参加しませんか?と書いたのですね。

●独立を考えているセラピストさんの声

そしたら、早速手を挙げてくれました!

万里さん、こんばんは(*^^*)

メルマガ読みました♪

和もみ独立プログラム、ぜひ参加させて下さい!!

Aさんより

Aさん、ぜひ!やりましょう♪

こんばんは!
昨日もメルマガありがとうございます!

今レンタルサロンの売り上げが月●万円くらいなので正直20万稼ぐ自信がまだないんですが、、具体的に目標決めてやるのいいですね!

万里さんの施術と講座は言われなくても行きます^^

Mさんより

Mさん、そうそう!具体的に決めて動くと夢も実現しますからね^^

●2022年、サロン開業目指す!

独立開業プログラムは、こんなプランになっています。

まずは、月10万を稼ぐ目標を、2021年の6月末までに達成する。

そして、2021年の末までに、月売上15万を目指す。

2022年には、月売上20万を達成。

2022年内に、サロン開業!

月売上25~30万を継続できる仕組みにする。

どうですか?あなたも一緒に目指しませんか?

ちなみに、このプログラムの参加費は無料です。

ですが、参加条件がありますので、まずは私に会いに来てくださいね^^

条件はこちらにも書きました。

関連記事

  1. お客様との会話が苦手です

  2. 再び火がつきました!世の中から強もみを無くします!

  3. 強く揉まれる気持ちよさとは違う、身体が喜ぶマッサージ

  4. 『強もみができる=上手い』そう思っている人が多い理由

  5. これを知らずにセラピストを続けていなくて良かった!

  6. 強もみのお客様に満足してもらうやり方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。