施術で指が痛くなる、圧が入らない原因

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
『セラピストの身体を守る講座』でお伝えしたことを、少しシェアしようと思います。

施術をしてて指が痛くなる…指や身体が痛くならない施術方法はあるのかな?

このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

施術で指が痛くなる、圧が入らない原因

「強もみできないと通用しないよ」そう言われ、『強くする方法』として、

施術ベッドに乗るといいよ
肘をまっすぐ伸ばすといいよ
足を踏ん張るといいよ

そんな風に教えらた通りにやっていたら、指が痛くなり、腰がつらくなり・・

このやり方で良いのかな?と疑問や違和感があり・・

和もみ®のことを見つけてくれて、今回の講座にも参加してくれました。

講座のはじめに、実際にどんな風にやっているのかを、一人ずつ見せてもらったのですが、

この『強くする方法』が、指や手首、腰が痛くなる原因になっているだけでなく、

圧が入らない、お客様が気持ち良く感じない原因にもなっていました。

『強くする方法』として教えられていることが、

セラピストの身体を壊し、お客様は不満足なんて・・悲しいですよね><

■強くしないと!のセラピストの勘違い

今回の講座では、身体の使い方と圧の入れ方をメインにお伝えしました。

施術するときに自分の身体に負担がない、指の当て方や腕の角度、立ち位置や姿勢。

気持ち良い圧を入れるための意識や感覚。

そして、アプローチするポイントの見つけ方もお伝えしました。

やはり、強もみに悩むセラピストさんの多くが勘違いしているのがコレ。

  • 強くしないとほぐれない
  • 強く押さないと圧が入らない
  • 強く押せば押すほど、気持ち良さが増す

この勘違いが、苦しさに繋がっているんじゃないかな?

指が痛い、身体がつらい、お客様に満足してもらえない・・そんな状況から抜け出しませんか?

強もみに悩むセラピストさんは、ぜひ!和もみの基礎講座を受けてほしい。

基礎講座の内容と日程はこちら⇒和もみ®基礎講座

身体の使い方と圧の入れ方を見直したい!と思ったら、セラピストの身体を守る講座へ!

詳しくはこちらのページをご覧ください⇒セラピストの身体を守る講座

■セラピストの身体を守る講座を終えて

昨日は、『セラピストの身体を守る講座』を東京の目白サロンで開催しました。

お客様から「もっと強く」と言われても

自分の身体に負担なく、

でも、お客様にも満足してもらえる

そんな方法をお伝えしました。

和もみ®を知ると、身体によくない強もみはしたくない!けど・・

強め好きなお客様に「強くしてもほぐれないこと」を伝えるには、なかなか勇気が要ることと思います。

コミュニケーション力や伝える力、知識も必要。

でも、お勤めサロンだと、セラピストの話って、あんまり聞いてくれないかもね・・

その時に大切なのが、ポイントを捉える技術。

ポイント捉えられてないのに「強いのは良くないんですよ」なんて言われても、おそらく聞いてもらえない・・

『強くできない言い訳』『ヘタの言い訳』に聞こえないように。

手の感覚を磨き、手技の技術を高め、伝える力、身体の知識を身につけて、

こちらの話を聞いてもらえるセラピストになりましょう!

強もみに悩むセラピストさんに、あなただけじゃないよ!抜け出す方法はあるよ!と、少しでも希望になったらと思っています。

関連記事

  1. 強もみ中毒と鬱との関係

  2. 「もっと強く」と言われた時の対策

  3. 強もみはメリットあるの?【身体にはイジメみたい】

  4. 強もみ、悪くなるとわかってるのにやるの!?【やらないための方…

  5. リラクゼーション・マッサージ業界が良くなるには

  6. 施術で「もっと強く」と言われるのが怖い?