セラピストの指が痛いのは仕方ないこと?

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
『セラピストの身体を守る』そんな講座をしようかと考えているのですが・・

興味ありますか?

という、皆さんのご意見や要望を伺いたく書いております。

セラピストの指が痛いのは仕方ないこと?

前回もお伝えしたのですが、セラピストさんから・・

  • 指が痛い、手首が痛い、腰がつらい
  • 「もっと強く」と言われても対応できない
  • 体重圧が上手くできず、力が入ってしまう
  • ベッドの上に乗っても、圧が上手く入らない
  • オイルマッサージの強圧ができない
  • お客様一人終わると、ぐったり疲れてしまう

こういったメッセージが来るたびに、苦しい気持ちになります。

早くそこから抜け出してほしいな・・

まわりのセラピスト先輩から、

「この仕事そういうものだから仕方ないよ」と言われ

「こうしてみたら?」とアドバイスをもらうけど、痛いのは変わらない

「手ができてないからね~やっているウチに慣れるよ」と言われているうちに・・

どうにもならないものだと、諦めてしまっているセラピストも多いようですね。

それに。弱くしたら・・

物足りないと言われるんじゃないか?ほぐれないんじゃないか?

そんな不安も、ありますよね。

でも!!

和もみ®の講座に来てくれた方なら分かると思いますが、

『やる方がこんなに楽なのに!?、受けてみると圧がしっかり入っている!柔らかくなっていくのが分かる!』

こうなります。

知られてないですが、こういうやり方があるのです。

自分の手や身体の負担、なくしませんか?

強いのが好きなお客様にも、満足してもらえるようになりませんか?

和もみ®の中の一部、サロン勤めの中でできることに絞った内容で、講座をしようと考えています。

講座のタイトルは・・

「もっと強く」と言われても、
自分の身体に負担なくお客様も満足する!

和もみ®流!セラピストの身体を守る講座
手と身体の使い方・圧の入れ方編

■セラピストの指や身体を守る講座の内容は

こんな感じで考えています。

指が痛くならない、身体への負担をなくすための

  1. 手と身体の使い方
  2. 圧の入れ方
  3. 姿勢と動き

指圧やほぐし、ストレッチ系だけでなく、リフレやオイルマッサージの場合のやり方もお伝えします。

さらに、こんなこともお伝え出来たらと思っています。

  • ポイントの見つけ方、触れて分かるように感覚を磨く方法
  • 「もっと強く」と言われない!お客様が満足するアプローチ方法
  • 強もみのお客様にも焦らない対応方法(手技のアレンジ調整、声掛け)

私自身は、強くするのが良いとは思っていないのでお勧めはしませんが、、

色んなお客様が来るサロンだから、強いのが好きなお客様にも対応できて、強いのが苦手な人にも対応できるようにお伝えします!

日程は、5月5日(日)または、7日(火)の午後

会場は、東京の目白駅から徒歩3分にある私のサロン

時間は、3~4時間くらい

受講料は、基礎講座+11,000円

こんな感じで考えているのですが・・どうかしら?

「興味ある!ぜひ知りたい!」「学びたい!」という方はメッセージください!

指の痛み、身体のつらさ、施術のことなど、状況も教えていただけたら嬉しいです。

それから、要望や質問もありましたら遠慮なく!

単純に強弱の話ではなく、無理に強くしなくても満足してもらえるやり方があるのです。

筋力が無くても、手が小さくても、身体が華奢でも、
反り指だろうが、立ち指だろうが、自分の手の形、身体をそのまま生かしたらいいのです。

『やる方がこんなに楽なのに!?、受けてみると圧がしっかり入っている!柔らかくなっていくのが分かる!』

これ。感じてほしいな~

セラピストさんが、手や身体を壊すことなく、楽しくお仕事が続けられますように。

心から願っています。

【追記】日を決めましたのでお知らせです。

日時: 5月7日(火)13時~17時
会場: 東京の目白駅から徒歩3分にある私のサロン
受講料: 初めての方→38,500円
※和もみ基礎講座を受講済の方→11,000円

和もみ基礎講座を事前に動画で学んでいただき、 その上でサロンに来ていただき、和もみの圧を実際にやってみたり受けて体感したり。
それぞれのお悩みを解決し、サロンの現場でも使えるように練習をしていく・・ そんな形で学んでいただきます。

関連記事

  1. セラピストが身体に負担なく施術をするには?

  2. マッサージでほぐれる力加減の調整とは

  3. ベッドに乗らずにマッサージをする事が大切

  4. 手技の効果よりも大事もの

  5. 強もみは良くない…そう思うセラピストさんへの講座

  6. セラピストが手技を見直す方法【チェックポイント7つ】