セラピスト講座で学び「今までの人より良かった。名前は?」と!

こんにちは^^和もみ®セラピストの万里です。

先週末は、個別レッスン5回をスタートしたセラピストさんと、常連のお客様が来てくださいました。

常連のお客様は、183回目と、48回目の来店。

どちらの方も、10年のお付き合いです。

今回のコロナ騒ぎについても、考え方が似ていて話が盛り上がりました^^

現場の話しや専門知識のある方の視点は、とても参考になりますね。

(二人のお仕事は、教育関係、医療関係です)

私のサロンでは、マスクは必要ありません。

私も、施術で必要なとき以外はマスクをしていません。

・和もみ流のコロナ対策

安心してお越しくださいね^^

セラピスト講座で学び「今までの人より良かった。名前は?」と聞かれた!

さて今日は、和もみのセラピスト基礎講座について。

セラピスト講座でどんなことが学べて、学んだあとどんな変化があるのか?

そんなことをお伝えしようと思います。

先週、大阪での講座に参加したセラピストさんが感想に書いてくれました。

いただいたメールを紹介しますね。

昨日はありがとうございました!あっという間の4時間でした…。

早速、今日の施術で実践してみました。

今日はヘッドマッサージの方が多く、ヘッドは毎回指が疲れて自分の肩が凝るのですが、姿勢の「首と腕の始まり」と「指(手)のどこで触れるか意識する」に気を付けると普段より楽で肩も凝りませんでした。

(あとストレッチの「伸ばしっぱなし」と同様、「押しっぱなし」でもあったなと気付き…)

ボディは「どこで触れるか」「最初にとらえてから動く」「自分の手より相手の中を意識する」という点に気をつけながらしてみたところ、自然に強く解さない感じになりました。

私は初めて施術に入ったお客様(数回ご来店頂いている)で、痩身目的の方だったので、もしかしたら物足りなかったかもしれないな…と考えていたところ、

お着替え後に「あなたはいつ来れば居るの?今までの人より良かった。名前は?」と聞いて頂きました。

ビックリしました!

新たな手技を学ぶわけじゃないから、直ぐに実践で使えるってどういうことかなと思っていましたが、ホント凄くよく分かりました。

また機を見て学びにゆきたいです。

お尻を落とすのは今日は上手く出来ませんでしたが、今後も色々意識しながら実践していこうと思います。

疑問が固まったらZoom相談させてください!

(Mさんより)

Mさん、お越しくださりありがとうございました!

Mさんは、広島にお住まいで、今年のはじめには、東京の私のサロンまで施術を受けに来るくらいの行動力!

お勤めはエステサロンで、和もみの考えを取り入れたいと学びに来てくれました。

早速、お客様から嬉しい言葉をいただいたようで、私も嬉しいです^^

●和もみ®セラピスト講座でお伝えしたこと

講座でお伝えしたことを、Mさんのメールから解説していきますね。

まずは、

>姿勢の「首と腕の始まり」と「指(手)のどこで触れるか意識する」に気を付けると普段より楽で肩も凝りませんでした。

施術をするときの、姿勢と一緒に意識してほしいのが、自分の身体の構造です。

自分の身体の「首と腕の始まり」を意識することで、動きが楽になります。

そして、「指(手)のどこで触れるか意識する」これも大事です。

なんとなくではなく、「ココで触れる」と意識することで、圧が無理なく奥まで入っていきます。

Mさんは、「普段より楽で肩も凝らなかった」ようですね^^

次に、

>あとストレッチの「伸ばしっぱなし」と同様、「押しっぱなし」でもあったなと気付き…

習ってから、実際に仕事に戻ってやってみると気づくことがありますね。

Mさんが、気づいたのは、「伸ばしっぱなし」「押しっぱなし」になっていたこと。

施術だと、押す刺激。ストレッチだと、伸ばす刺激。これだと、効果はありません。

押す刺激と、解放。伸ばす刺激と、解放。必ずセットです。

この方が、ほぐれるし、お客様が感じる気持ち良さが何倍にもなりますよ。

更に、

>ボディは「どこで触れるか」「最初にとらえてから動く」「自分の手より相手の中を意識する」という点に気をつけながらしてみたところ、自然に強く解さない感じになりました

施術に慣れてくると、ついつい力で強くしてしまいがち。

力を抜くと頭では分かっていてもできないものです。

なので、「どこで触れるか」「最初にとらえてから動く」「自分の手より相手の中を意識する」

こんな意識を持つことで、自分も楽で(手抜きじゃないよ)、お客様も気持ちいいと感じてくれる施術に変わっていきます。

Mさんも、「自然に強く解さない感じ」になったようですね^^

そしたら、

>お着替え後に「あなたはいつ来れば居るの?今までの人より良かった。名前は?」と聞いて頂きました。

ビックリしました!

おお!!

これは、嬉しいですね^^

>新たな手技を学ぶわけじゃないから、直ぐに実践で使えるってどういうことかなと思っていましたが、ホント凄くよく分かりました。

●和もみ®で学べること

和もみには、決まった手技はありません。

オイルマッサージ、もみほぐし、タイ古式マッサージ、リフレクソロジー、フェイシャル、ヘッドマッサージなどなど

どんな手技でも見直しできます!

せっかく学んだ手技を、施術する方もされる方も気持ちいい手技に見直していきますよ。

Mさんのように、学んだ次の日から変われます。

自分の身体の感覚も、お客様の反応も。

あなたも、自分の手技を見直してみませんか?

セラピストの仕事を、もっと楽しみながら続けていきませんか?

和もみ®理論には、セラピストを長く続ける秘訣がたくさんあります。

お客様から「また、あなたにお願いしたい!」そう言ってもらえますよ^^

今日も、お仕事楽しく頑張りましょうね♪

悩まれてるセラピストさんへ

関連記事

  1. セラピストの施術が上手くなるには

  2. 和もみ®セルフケア講座に参加セラピストさんの感想

  3. 「圧が弱い」と言われてしまう・・どうしたら圧って入るの?

  4. 施術で和もみを意識したら、お客様の反応が変わった!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。