マッサージで「強く」と言われる原因はコレ!辞めるといいよ

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
それがマッサージで「もっと強く」と言われる原因だよ!と言う話。

マッサージで「強く」とお客様に言われることが多い…「強く」と言われる原因があれば知りたい。

このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

マッサージで「もっと強く」と言われる原因

結論から先に言うと、「ベッドに乗る」「肘を伸ばす」「足で踏んばる」この3つをマッサージでやっている場合に、「もっと強く」と言われるセラピストさんが多いです。

というのも、セラピストさんの手技の見直しをしていると、この3つをやっている場合は特に、圧が入っていない方が多いから。

この3つを見直すと、気持ちいい圧が入るようになるセラピストさんが多いです。

つまり、

  • ベッドに乗る
  • 肘を伸ばす
  • 足で踏んばる

これが、そもそも圧が入らない原因です。

この3つをマッサージでやることで、

指で押されている刺激はあるけど心地よくない・・

表面的で奥まで響いてこない・・

圧が重たくて苦しい・・

受けているお客様は、こんな感じになっているかも。

身体ごと押し潰されて、身体の中のコリには届いていないんですよね。

お客様が強もみなのではなく、そもそも圧が入ってない可能性も考えてみてほしいのです!

このやり方だと、頑張って押しても自分の身体に負担がかかるばかりで、お客様も気持ち良くない。

  • ベッドに乗る
  • 肘を伸ばす
  • 足で踏んばる

マッサージで「強く」と言われてしまう原因である、この3つを辞めるところから、身体の使い方を見直ししてみてくださいね。

強もみをするのではなく、お客様の「そうそこそこ!」のポイントに圧を届けられるようになりましょう!

こちらも参考にしてみて下さい♪

「強く」と言われないよう講座で伝えてること

先日も、こんな嬉しい報告が届きました!

お店のセラピスト(10年目くらいのベテランさん)と練習をしたのですが、「圧の入れ方がゆっくり、じわーと入ってきて気持ちよかった」と。

意識していることを伝えたら、「ひとつひとつ丁寧に施術しているのが伝わってきます」と言ってもらえました!

15分の肩甲骨から頭にかけての施術で、終わったら体がポカポカになったと汗ばんでました^^

きちんと筋肉を捉えて、一層一層受け入れてもらう!
意識することの大切さ、施術を通して想いも伝わるんだと実感した日でした^^

お客様にもどんどん伝わっていくように、頑張っていこうと思います!

Yさんより

Yさん、これは嬉しいですね^^

>「圧の入れ方がゆっくり、じわーと入ってきて気持ちよかった」

>「ひとつひとつ丁寧に施術しているのが伝わってきます」と言ってもらえました!

>終わったら体がポカポカになったと汗ばんでました^^

最近、私が講座で強調してお伝えしているのがこれ。

>きちんと筋肉を捉えて、一層一層受け入れてもらう!

この意識、マッサージでとても大切なんですよね。

意識するだけで、マッサージで「強く」と言われることも減りますよ。

■セラピストさんからの報告

毎月、受講生さん限定の勉強会を、オンラインでやっています。

この中で、最近こんな報告が増えてきています。

  • 和もみの方がほぐれるのが分かる
  • 今までよりも、もちがいい
  • お客様の反応が良い

これって、すごくないですか!?

和もみなら、自分の手や身体が楽なだけじゃなく、お客様の身体にもいい変化が起こるのです!

お勤めをしていると、色々なお客様が来ますので、今までの強もみをしなくてはならないときも当然あると思います。

ちょっとずつ試してみると、意外といい反応が返って来るようですよ^^

まずは無料メール講座から始めてみませんか?

関連記事

  1. セラピストの指が痛いと何がダメなの?

  2. 強押しで感覚は鈍くなる!?感覚を戻すには?

  3. 指が入らないほどガチガチの肩こりでも、力でもんではいけません…

  4. セラピストの指が痛くなるのは当たり前?それって違いますよ!

  5. あなたの施術、お客様はどう感じてる?

  6. 強もみしないで価値あるセラピストになるには