強もみのお客様をぎゃふん!と言わせたい

こんにちは^^和もみ®セラピストの万里です。

強もみが好きな人って、オウヘイな感じじゃないですか?

なんなんですかね??

私がリラクゼーション店で働いていたころは、こんなことを言うお客様にイライラしてましたね~

「もっと強くてもいいから」

(「ても」って、簡単に言いますけど、こっちは指痛いのよね・・)

「ガンガンやって。強くないと効かないから」

(「強くないと効かない」って、そんな身体の方がおかしいよね・・)

分かりましたよ。やりますよ。

やりますけど!イライラ・・

(お客様、ごめんなさい)

メールをくれたMさんのように、ぎゃふん!と言わせたい気持ち、すごく共感します^^

===

万里さん!聞いてください( *´艸`)

先日、担当した強もみのお客様から、すごく嬉しいことを言われました!!

そのお客様は、カルテにも『超強圧』と書かれていて、

先輩からも、「あのお客様、大変だよ~頑張ってね~」言われて、

ドキドキしながら入ったのですが、万里さんに言われたことを思い出しながらやったら

「ちょうどいいです」って、言ってくれたのです!!

和もみすごーーーい!!と、感激しました!!

自分の指は、全然つらくないし。お客様は、満足してくれているし。

今まであんなに必死にやっていたのは、何だったのでしょうか…

それでも、施術が終わるでは大丈夫かな?と不安もありましたが、

終わったときに、今までで一番ゆるんだ感じがすると言ってくれたのです。

さらに、名前も聞かれて、次は指名するね!と言ってくれたのです!!

嬉しすぎて泣きそうでした…

今まで強圧のお客様に、これでどうだ!と力でぎゃふん!と言わせたくて、必死にやっていました。

指がつらいのも我慢していたので、セラピストを長く続け行くのは厳しいだろうな~と思っていました。

今回のお客様を担当できて、少し自信がもてました。

和もみに出会えて本当によかったです!

自分にもお客様にも良い和もみが、もっと広まっていくいいですね!!

私も万里さんを目指して頑張ります!

またスキルアップ講座でもよろしくお願いします(*^^*)

(Mさんより)

===

Mさん、よかったですね^^

それにしても、『超強圧』のお客様に、和もみで挑んだ勇気、素晴らしいです!!

和もみは、ただの弱もみではありません。

マスターしたら、Mさんのように「ちょうどいいです」「今までで一番ゆるんだ感じがする」と言ってもらえます。

超強圧のお客様にもです!

そして、名前を聞かれて指名をいただける!嬉しいですね^^

「自分にもお客様にも良い和もみが、もっと広まっていくいいですね!!」

Mさんも言われているように、私も心からそう思っています。

Mさんに、どんなことを意識したのか伺ったら、この5つを教えてくれました。

1:肩と指の力を抜く

2:そう!そこそこ!のポイントを早く見つける

3:強さじゃなくて、深さを意識する

4:コリをやっつけるイメージをやめる

5:お客様にねぎらいの言葉をかける

どれも大事なことですね。

新しい手技を覚えなくても、今ある技術を見直すことで、お客様の反応はガラッと変わります。

ぜひ、やってみてくださいね。

3月の和もみグループ講座でも、こんな大事な基礎からお伝えします。

・指や腰に負担をかけない、手や身体の使い方

・指や腰に負担なく、圧を深く入れる方法

・本当のコリのほぐし方

・コリのポイントの見つけ方、感覚の磨き方

・強もみのお客様への対応方法

「もっと強く」と言われて、焦ってしまったり。

強く出来なくて、お客様を不機嫌にさせてしまって、自信をなくしてしまったり。

そんなセラピストさんに、和もみはゼッタイ身に付けてほしい!

新米セラピストさんが、指を痛めずに強もみのお客様にも満足してもらえる方法は、

こちらで学べます!

関連記事

  1. 強もみに慣れてしまった方でも、ちゃんと押されている感じがする…

  2. 【注意】強もみ、強いマッサージの危険性

  3. 強もみマッサージは良くない!

  4. リラクゼーションで、強圧は不要です!【強もみダメ】

  5. セラピストの指が痛いと何がダメなの?

  6. 強押しは、ほぐれないしセラピストは指が痛い…良いことなしのダ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。