強もみはメリットあるの?【身体にはイジメみたい】

和もみ®セラピストの万里です。

さて。今日は、
強もみってイジメみたいだよね・・そんなテーマで書いてみたいと思います。

強もみをするメリットって何?効くような感じはするけど身体に良いのだろうか…

このような疑問をお持ちの方へ。

強もみのメリットって何?

この記事を書いている私は、強もみができない、指が痛いセラピストさん向けの講座をはじめて5年、300人以上の手技の見直しをしてきました。

このような経験を基に、強もみのメリットについて書きます。

結論から先にいうと、むやみにする強もみにはメリットはないです。

なぜかというと、身体にとって良くないことが多いから。

むやみに強もみをすることによって、身体の中は傷つきダメージを負い、マッサージ直後は楽になった気がするけど、翌日には元に戻ることが多かったりします。

なので、強もみを受けた翌日の体調で、自分に合うか合わないかの判断をすることをおすすめしています。

私は、リラクゼーションでの強もみはメリットがないと考えています。

※治療家さんの痛みを伴う治療は、リラクゼーションとは別だと考えています。しかし、翌日が楽か?は判断基準の一つとして考えています。

・強もみについてはこちらでも書きました

■強もみしないと「ぜんっっぜん疲労感が軽くてビックリ!!」

まず、強もみにメリットがない理由を書くの前に、一つセラピストさんの感想を紹介します。

先日、「強もみせずにほぐす和もみ®」を受けに、京都からお越しくださったセラピストさんから、こんな嬉しい報告が届きました。

こんばんは
昨日は大変お世話になりました^^

今朝は、さすがに旅の疲れがドバーーっと出て起き上がれない予定でした。が…
ぜんっっぜん疲労感が軽くてビックリ!!

今日一日疲れてはいたけれど、身体が柔らかいです^^
ほんとにマリさんの和もみ理論は素晴らしい!と体感しました!

これは、3回くらいお世話になれば、疲れやすい体質が抜けると思いました。
どうもありがとうございました。

これから、和もみを少しずつ取り入れて、最終私がマリさんの施術で感じた感覚を、お客様に体感して頂ける様、進めていきたいと思っています!

Sさんより

Sさん、よかったです!

たくさん歩いたとおっしゃっていたので、だるさが出ないように調整しながらさせていただきました。

実際に受けて体感してから、YouTubeの動画を見てみると今までと見え方が違うと思いますよ。

ぜひぜひ!お客様にもやってみてください^^

■強もみしないのに、何でほぐれるの?

それでは本題に戻り、強もみしないメリットから。

強もみしないでほぐれるとは、どんな仕組みかと言うと・・

施術によって、血流が良くなる
 ↓
そうすると、治癒力が働く
 ↓
その結果、コリがほぐれる

身体の中では、こんなことが起こっています。

だから、翌日以降も身体の軽さを実感できるのです。

強もみせずにほぐす和もみ®の良いところは、それだけではなくて

  • 自然治癒力が働き、免疫力がアップ
  • 自律神経、ホルモンバランスが調う
  • 胃腸の働き、便通が良くなる
  • 新陳代謝がアップする
  • 肌の調子が良くなる
  • 眠りが深くなる
  • 朝スッキリ起きられる
  • 冷えにくくなる
  • 疲れにくくなる
  • むくみがスッキリ
  • 目の疲れがスッキリ
  • 呼吸が深くなる
  • 若々しく元気でいられる
  • やりたいことがやれる!

治癒力が働くので、身体にも気持ちにも、良いことがたくさん起こりますよ。

強もみしないでほぐすときの力加減は、「身体が気持ちいい~と喜んでいる」に合わせています。

血流が良くなるには、これがとても大切!

この時に気を付けなくてはいけないのが、身体と頭(脳)では、気持ちいい感覚が違うことがあると言うこと。

頭の感覚に合わせると、身体にとっては強過ぎることもあるので、見極めて調整しています。

■なぜ強もみにメリットがないの?

次に、強もみのデメリットについて。

硬いところをグイグイ押すと、その部分やそのまわりの筋肉を傷つけてしまいます。

強もみしたり、痛いくらい押すと、ほぐれるどころかこんなこと(デメリット)が起こります。

  • 筋肉、毛細血管が傷つく
  • コリが、さらに硬くなっていく
  • 血液、リンパの流れが悪くなる
  • 自律神経のバランスが乱れる
  • 身体の感覚が鈍くなる

これ、身体からしたらどう思うのかな?

頑張って疲れているのに、強い刺激がくる・・

その場しのぎの気持ち良さだけで、こちらの状況は無視される・・

こんな風に無視されて、傷つけられている身体。

まるでイジメですね・・

いつか、我慢の限界がきて爆発しないのか心配・・

強もみをするということは、こんな状況を作ってしまっていると言うことです。

強もみにメリットはないですよね。。

自分の身体、イジメてない?

お客様の身体、イジメてない?

どちらも幸せにならないこと、もう辞めませんか?

自分の身体にやさしくなれたら、まわりにもやさしくなれると思うのです。

まずは、セラピストのあなたが、自分の身体にやさしくしてあげてね^^

4月は、仙台へ。5月は、札幌へ。
6月は、福岡へ。7月は、沖縄へ。

和もみ®を必要としてくださる方に、お伝えできたらと出張講座を予定しています。

近々、詳しい日程をお知らせしようと思っていますが、「来てほしい!」「学びたい!」そんな声を頂けると、私も励みになります。

一緒にやさしい世界にしていきましょう♪

どうぞよろしくお願いします^^

・和もみ®基礎講座の内容はこちら

■おわりに:リフレクソロジー手技の見直しをしました

昨日は、和もみ®メンバーさんの練習会でした♪

リフレの圧が足裏の角度によって圧が入れにくい・・とのお悩みに

  • ベッドとの距離、いい立ち位置の見つけ方
  • 姿勢と楽に圧が入る足の使い方
  • アプローチするポイントを明確にする
  • 手技の動きと身体の動きを合わせる

これらを見直ししました。

身体がちゃんと使えていたら、圧もしっかり入るんですよ。

筋肉を傷つける力ずくの圧ではなく、ほぐれる圧が入ります。

逆に自分の身体がしんどい場合は・・ほぐれない押し方をしているということです。

見直し前の姿勢は、見ているだけでしんどそうでした・・

そんな姿勢じゃ身体壊しちゃうよ~><

それじゃなくても、リフレクソロジーは無理な体勢でやっているお店が多いので。

必死にやっている感じが良いと言う人もいるみたいだけど・・

セラピストが身体を壊したら、お客様を癒すことなんてできないですからね。

自分の身体をイジメちゃダメですよ!

関連記事

  1. 強もみマッサージは良くない!

  2. リラクゼーションで、強圧は不要です!【強もみダメ】

  3. 強もみ好きの人の特徴とその対応の仕方

  4. 強もみしない効果

  5. もう強もみをやめませんか?

  6. セラピストに痛いって言えない・・その原因は強もみから