やさしい施術とは?お客様に満足してもらうコツ

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日はやさしい施術について。

やさしい施術ってどうすれば良いのかな?ただ弱くするとお客様にも満足してもらえないかも…

このような疑問をお持ちのセラピストさんへ。

やさしいだけの施術だとお客様に満足してもらないよ!

先日、セラピストさんのオイルマッサージの施術チェックをしました。

和もみ®の基本は出来ている方なので、更に細かいところを見直すために私がモデルで。

ちなみに、和もみ®って「もみ」と言っていますが、ほぐしだけじゃなく、オイルマッサージも見直しできますよ♪

施術を受けていて感じたのは、『やさしいだけ』の施術なっていたことです。

丁寧だし気持ち良いのですが、やさしいだけで何も変化が起こらない感じでした。

そこで、施術のときに意識することをいくつかアドバイスしました。

  • 受けているお客様が、今どんな感じなのか?感じようとすること
  • 自分がイメージしていることと、一致しているのか?感じようとすること

お客様の感覚と、施術をしている方のイメージがズレていることに気づけたら、調整ができますよね。

気づかずに「これって気持ちいいでしょう~」とやっているのが一番残念!もったいない!

ではそのためには、どこに向けてどんな触れ方をしたらいいのか?

それを、目の前のお客様に合わせられるように、考え方と考えるときの目安をお伝えしました。

これが分かってくると、

自分の施術が未熟で「もっと強く」と言われているのか

お客様の身体の感覚が鈍くなっていて「もっと強く」と言われているのか

それが分かるので、お客様にもより良い提案が出来るようになります。

一方通行のやさしいだけの施術にならない。

そこを目指してほしい!

お客様の言いなりに施術をしていたら・・私たちセラピストの価値は上がらないからね。

頑張ろーね!

セラピストの価値についてはこちらでも書きました♪

■やさしい施術の和もみ®は、弱もみじゃない!

やさしさって「いいよいいよ~」と甘やかすことではないと思うのです。

「本当はどうしたいの?」「それでいいの?」「もっと良くなれるよ!」

その人の考えを尊重しながら、本当に求めているものを聞いたり、選択肢を増やす提案をしたり・・

これが本当のやさしい施術でありやさしさだと、私は思っています。

確かに、劇的な変化は、分かりやすいから魅力的。

でも、劇的な変化って、リバウンドが付きものじゃないですか?

リバウンドって、元に戻るだけじゃなく、元の状態より悪くなると言うおまけ付き。

だから和もみ®では、小さな変化を確実に積み重ねていくことで、コリにくい不調になりにくい身体をつくっていきます。

和もみ®は、ただやさしいだけの弱もみ施術じゃないんですね^^

目指すのは、自分の身体と仲良く付き合っていけること。

そうしたら、人生でやりたいことが、もっともっとやれるもんね。

和もみ®が考えるセラピストは、そういうサポートができる人のことです。

■オンライン♪セラピスト勉強会

先日は、午前中に初めましての方も参加できる質問会、午後にメンバー限定の勉強会を開催しました。

合わせて、15名の方が参加してくれました。
ありがとうございました!

和もみ®の講座を受けてくださった方が、その後どうされているのかな~?と気になりながらも、フォローがなかなか出来てなくて・・

本当に申し訳なかったな~><と反省しました。

今後は、出来る限り月に1度、オンラインでの勉強会をしていきます!

次回は、7月末に。

そして、初めましての方が参加できる質問会も、同じ日の予定です。

和もみ®と強もみの違い、強もみしないでほぐす仕組みについて話そうかと思います。

メルマガを登録すれば、無料で勉強会に参加できます♪よろしかったら、登録して下さいね。

関連記事

  1. 強もみしないって、物足りなくないの? 

  2. 手技の効果よりも大事もの

  3. マッサージの当たり?ハズレ?っていつ決まる?

  4. 和もみ®流!コリのほぐし方講座(2日間集中)

  5. 強もみしない「和もみ®セラピスト養成講座」で見直せること

  6. 和もみ理論の学び方!5回連続の個別レッスンの受け方について