和もみ®流オイルマッサージ独立講座の1回目は

和もみ®(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
和もみ®のオイルマッサージ独立講座の1回目の報告と、手技を学ぶ順番について書いてみました。

オイルマッサージのセラピストとして仕事を長く続けていきたい…そのためには、どのように学んだら効率が良いのかな?

このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

和もみ®のオイルマッサージ独立講座の1回目は

  • 和もみ®流のオイルマッサージ全身の施術ができる
  • また来たくなる接客カウンセリングができる
  • 独立の一歩を踏み出す

これが、この講座で目指すところです。

そもそも、和もみ®流とは?

『お客様の状態に合わせて自分で考えて、その場しのぎでないアプローチや提案ができる』

  • お客様の状態がみれるようになる
  • どうアプローチするか考えながら調整ができる
  • その場しのぎでない根本的で長期的な視点をもてる

これがセラピストを長く続けていくためにも、独立してやっていくためにも、必要なことです。

そのために、和もみ®の基本を振り返り。

強もみと和もみの比較、和もみの特徴、ほぐれるために必要なことなど。

「押す」をやめる、どうにかしようとしない、正解探しをしない

和もみでは、しないことも改めて確認しました。

■手の形や手順から教えないオイルマッサージ独立講座

オイルマッサージ実技練習では、腕とデコルテの施術。

『お客様の状態に合わせて自分で考えて、その場しのぎでないアプローチや提案ができる』

これを目指すので、手はこんな形にして、腕はこうして、立ち位置はここで・・
1ライン目はこうで、2ライン目はこう、3ライン目は・・

といった手の形や手順から教えません。

オイルマッサージ手技の見直しをしていると、

「手の形って、これであってますか?」
「次の手技は・・なんだっけ・・」

こういうことが多いのですが、これじゃお客様の身体の状態なんてみれないですよね・・

なので!まずは、身体の骨格構造を知るところから。

自分の身体を触って、骨がどうなっているのか?関節の形は?どこが気持ちいいのか?
自分の身体で体感して確認します。

それから、他の人の身体を触らせてもらいます。

アプローチするポイント、気持ちいいポイントを触れて確認してから、実際にオイルを塗っていきます。

  • 身体の中がどうなっているのか?
  • どこにどう触れたら気持ちいいのか?
  • 身体のどこにアプローチしたら効果的なのか?

これがわかってから、手の形や手順です。

『お客様の状態に合わせて自分で考えて、その場しのぎでないアプローチや提案ができる』

これを目指して、オイルマッサージ独立講座1期がスタートしました♪

受講生さんの成長が楽しみです^^

■和もみ®オイルマッサージ独立講座一回目を終えて

今月から新しくスタートしました『和もみ流!オイルマッサージ独立講座1期』

今週の月曜日は、その第1回目でした。

昨日の実技はほぼデコルテでしたが、大げさではなく身体の線が締まり、顔の血色も良くなっていました。
自分が美人に見えました^^

それに、やっぱり和もみ流は人も施術も心地よいです。
これから、よろしくお願いします!

Hさんより

おお!変化が実感できているようで、良かったです^^

Hさんは、モデルになった後の着替えの時にも、「ブラジャーが緩くなってる!ホックが一つ内側で止められる~」と言っていました。

これからが楽しみですね。

ちなみに、10月からオイルマッサージ講座2期がスタートします♪
https://aromare.jp/infoschool-9/

3回目までの日程は、10月30日、11月20日、12月18日、すべて月曜日。
時間は、11時~17時を予定しています。
※4回目以降は、今後決定します。

関連記事

  1. 和もみ®マッサージは弱もみではない!

  2. セラピストさんの講師として大切にしていること7つ

  3. セラピストが手技を見直す方法【チェックポイント7つ】

  4. YouTube動画では、伝えられないこと

  5. セラピストさんに、もう「指が痛い」なんて言わせない!

  6. セラピスト講座で学んだものの取り入れ方【和もみ®の場合】