手技の見直しは大切!お客様が不快に感じることしちゃってない?

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
その手技、お客様が不快に感じることしちゃってない?定期的な手技の見直しって大切ですよと言う話です。

施術をしてるけどお客さんの反応が良くない…手技の見直しをした方が良いのかな?

このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

手技の見直しは大切!セラピストさんの違和感

和もみ®講座にお申込みをくださったセラピストさんからのメッセージ。

講座受講の理由は、

指、手、腰など痛くならないやり方を学びたい

圧を強くできるように練習するのがしっくりこない

頻繁にマッサージ受けている人ほどガチガチなことに疑問

こりを潰すのではなくほぐすという考え方に興味がある

自分のやってる手技がお客様の気持ちいい場所に当たってるのか自信がない

お客様とのトークが苦手

もっと知識を学びたい

将来は、

お客様の体を傷つけないマッサージと、相手に寄り添えるカウンセリングやトークで

体も心も癒されて帰ってもらえるような安らげるサロンを開きたいです。

まさに、私がお伝えしたいことばかり!

少しずつですが、こういう違和感や疑問を感じるセラピストさんが増えてきているように感じます。

>圧を強くできるように練習するのがしっくりこない

>頻繁にマッサージ受けている人ほどガチガチなことに疑問

身体をほぐして楽にするのに、「強くする」って変なことだよね?

自分の施術でお客様がどうなるのか?

しっかりと責任持てるように知識と技術を身に付けないとね。

その結果、お客様のために手技を見直していくことも大切です。

■手技でお客様が不快なことしてない?

先ほどのメッセージの中にもありました、

>自分のやってる手技がお客様の気持ちいい場所に当たってるのか自信がない

同じように思っている人は多いと思います。

気持ちいい場所、ポイントに当たっているか、それも大事!ですが、その前に見直してほしいことがあります。

お客様が不快に感じることしちゃってない?

セラピストさんが練習している手技を見ていると、皆さんけっこうもったいないことしています。

例えば、

  • 施術をしているときに、ベッドに身体が触れている
  • お客様から手を放すときに、はらうような触れ方をしている
  • オイルマッサージの反対側に移動する際に、ずっと背中に手を付けている

と言ったことです。

気持ちいいポイントに触れられたとしても、不快に感じることがあったら、お客様の印象としてはどうなのでしょう?

できれば、マイナスになることは減らしたいですよね。

■気づけないと手技は見直しできない

他にも、

  • タオルをかけるとき
  • オイルを塗布するとき
  • お客様の身体に触れるとき

ふとした手技でお客様を不快にしていないか、自分でも気にしてみるといいと思います。

しかし・・

私が、「今の触り方、お客様はあんまり心地よくないよ?」と手技を指摘をすると

セラピストさんの反応は、皆さん同じで

「え!?今、私、何しました?」

本人は気づいていないんですね。

これが、もったいないところです><

気付かずにやっている手技を直すのは、ひとりでは絶対に無理なのです。

だから、個別レッスンで手技を見直ししたり、スキルアップ講座で練習したり、誰かにチェックしてもらうことが大事。

もし違和感を感じているようなら、今やっている手技を見直し、してみませんか?

おわりに:目白で初めて入ったお店

目白でサロンを開いてから、10年以上になりますが、ずっと気になっていたお店に初めて入ってみました。

看板には、『珍味・佃煮・おつまみ』とあって、気になりながらも、通り過ぎてしまっていました。

そんなお店になぜ入ってみたのかと言うと・・

『おいしい 豆腐 入荷中』と張り紙が目に留まったからです。

豆の味がしっかりしていて、包丁で切った感触がチーズケーキを切っているかのような濃厚さ。

本当に美味しかった~!!絶対にまた買う^^

関連記事

  1. 和もみ®セラピスト講座に関する質問に答えます

  2. 和もみ®セラピスト養成講座について

  3. セラピストの手技を気持ち良くする!【見直しポイント3つ】

  4. セラピストさんが新しい手技を学ぶのもいいけど・・

  5. セラピストスクールで何が学べるの?

  6. 強もみで目先の指名を取っても・・