立ち指のセラピストさんの悩みが、指導を受けたと同時に解決!

和もみ(やわもみ)セラピストの万里です。

さて。今日は、
セラピストさんは、自分の指、手、身体を大切にしてね。と言う話です。

立ち指だから圧が上手に入らない…立ち指でもセラピストとしてやっていけるのかな?

このような悩みをお持ちのセラピストさんへ。

立ち指のセラピストさんの悩みを解決!

先日の大阪講座を受講してくれたセラピストさんから感想が届きました。

おはようございます。
大阪講座ありがとうございます。

「立ち指」
万里さんの指導を受けたと同時に解決しました!

えっ!?えっ!!、何…この感覚。
ふわっと優しく触れているのに、指先の感覚が鋭くなっている。

ぱあっと目の前が明るくなり、楽しくて楽しくてあっという間に時間が過ぎました。

「立ち指」大切な私の指。
否定しててごめんなさい。

「頑張る」=「強揉み」卒業。

「和もみ」万里さん。
本当にありがとうございます。

これからもよろしくお願い致します。

Kさんより

セラピストKさんは、立ち指で圧が上手く入らないことに悩んでいました。

母指圧が鋭くなってしまう、四指の方にも圧が入ってしまう、気持ち良いポイントが見つけられない・・

力を抜いて、手首を柔らかくして、体重を載せて・・先輩からのアドバイスでも、なかなか上手く出来ず悩んでいたとのこと。

「私、セラピストの仕事向いてないのかも・・」

そう思うまでになっていたようです。

それが、

>万里さんの指導を受けたと同時に解決しました!

>ぱあっと目の前が明るくなり、楽しくて楽しくてあっという間に時間が過ぎました。

和もみ®に出会ってくれて、良かった!

セラピストさんは、自分の大切な指、手、身体、否定しないでね^^

■立ち指といことより前提となる考え方が違う

手技の見直しをしているとき、

「押さないで」
「押しているよ~」

私がよく言っていることです。

もちろん、立ち指で悩んでいたKさんにも。

和もみ®の考え方を知って、実践練習をしていたことで、Kさんの悩みは解決したのです。

例えば、

  • 強い弱いではなく→どの深さにアプローチするのか?
  • 押すのではなく→身体の重みを1~3㎏載せていく
  • コリを潰すのではなく→身体の感覚を取り戻していく

こんな風に、前提となる考え方が、強もみとは違うのです。

コリをほぐすはずなのに、戦いを挑むようなことになってない?

立ち指で圧が鋭くなる・・

指が反って圧が上手く入らない・・

指が痛い、手首が痛い、腰がつらい・・

強もみが苦手、疑問がある、出来ればやりたくないのであれば、和もみ®が役に立てると思いますよ♪

もっと、セラピストさんは自分の指や手、身体を大切にしてね^^

和もみ®は、弱もみじゃないよ

この前、こんなコメントをいただきました。

弱もみはどのような感じか興味あります。

弱もみじゃなくて、和もみ®ですよ^^

強もみはしませんが、ただ弱いわけでもないし、表面だけしかほぐせない、と言うのでもありません。

触れられたときは、やさしく感じるようですが、じんわりと奥まで気持ち良さがあります。

お客様自身が、ほぐれていくのが分かったり、身体が変わっていくのを実感することができます。

身体に良くても、気持ち良く感じない、効果を感じられない・・

それでは、やる意味がないですもんね。

和もみ®はそうじゃないですよ^^

施術で悩みのあるセラピストさん、よろしかったら和もみ®を実感しに受けに来ませんか?

■今週は東京で和もみ®セラピスト講座でした

今週は、目白サロンで和もみ®セラピスト講座3日間でした。

基礎講座では、強もみと和もみ®の違いを感じていただき、

スキルアップ講座では、手技とカウセリングなど、和もみ®を実際に取り入れていくための練習をしました。

強もみの違和感や疑問、モヤモヤがスッキリしたようです。

次は、お客様に実践してみる!

今までと違うことをするのは、ちょっと勇気が要るかもしれませんが頑張りましょう!

あれ?これでいいのかな・・?と

悩んだり困ったことがあったらいつでも連絡くださいね^^

来週は、福岡でも講座をします。

基礎講座の方はすでに満席となっていますが、スキルアップ講座の方にまだ空きがあります。

よかったら^^

【福岡】
3月24日(金)スキルアップ講座

せっかく行くので、参加できる方はぜひ♪

↓講座ではこのようなことが学べます

4月は、名古屋と沖縄で
5月は、札幌と目白サロンで

和もみ®講座を行います。

強もみに違和感があるなら・・ぜひ!お会いしましょう^^

関連記事

  1. 甘手だから指圧が苦手…圧が入らないはウソ!

  2. セラピストにとって大切な考え方

  3. セラピストが学びで迷ったら、自分で施術を体感してみる!

  4. セラピストとしてのあなたの価値を高めるには

  5. ちょっと心の痛むことがありました

  6. お客様に合わせる施術はしていますか?