なぜ?強もみを好きになるのか?謎が解けました

こんにちは^^和もみ®︎セラピストの万里です。

先週は、静岡から2時間以上かけて、セラピストさんがサロンに来てくれました。

施術を受けてくださって、

「初めての感覚です!ふわ~~っとしています^^」そんな風に言っていました。

Nさん、お越しくださりありがとうございました。

月末の、個別レッスンでまたお会いできるのを楽しみにしております^^

「万里さんは、自分でサロンをはじめるとき、勇気がいりませんでしたか?」

時々聞かれるのですが、、何の参考にもならない答えなので申し訳なくなります。

私の場合、「お店屋さん」をするのが子供の頃からの夢だったので、やることしか考えていませんでした。

30歳までに自分のお店を持ちたいな~そう考えていました。

開業に踏み切ったきっかけになったのは、13年くらい前。

強もみのことを知ってしまったことです。

その頃私は、リラクゼーションサロンで働いていました。

10分1000円~もみほぐしのクイックマッサージです。

その頃の常連さまは、ほぼ毎日のように来る方も珍しくありませんでした。

名前も覚えてもらえて、色々な話をするようになり、指名を頂くことも増えてきました。

でも、あるとき気づいたのです。

どんどん身体が固くなっていることに。

どんどん強くしないと気持ち良く感じなくなっていることに。

「ほぐしているのに、何で??」

調べてみたら、なぜ常連さまの身体がそうなってしまったのか謎が解けました。

・強くすると筋肉を傷つけてしまう

・ますます固くなってしまう

・身体の感覚が鈍感になる

そんなことは、お客様にできない!

指名してくださっているのに、申し訳ない><

もともと、独立を考えていましたが、これが、開業を決意したきっかけです。

あの時のお客様に申し訳ない・・

セラピストが、お客様の身体を壊してしまうことがないように・・

こうして数年前から強もみのことを、発信している原動力にもなっています。

メールをくださった、Mさんにも届いたようでとても嬉しいです^^

===

万里さんの動画で、常連さんの体がどんどん固くなったり

最初は弱もみだったのに強もみ好きになってゆく謎が解けました(笑)

強い刺激が体の負担になること、そしてお風呂につかったときのような

『あ~。気持ちいい~』という状態がいちばんほぐれやすいということも納得できました。

たくさんの動画の投稿、ありがとうございます。

それらを参考に先週から、身体の力を抜いて弱めに施術するよう心がけるようになりました。

無理な姿勢での強押しやヒジを使う施術も控えるようにしました。

お客様に『もっと強く!!』と言われるんじゃないかと

ヒヤヒヤしながら施術しているのですが思った以上に反応がよく、

「今まで、わたし、無駄な力を使ってた!?」とあらためて気づかされました。

いつかタイミングが合えば、講座にも参加して今の施術を見直していただきたいです。

今後も動画やメルマガを楽しみにしております。

オイルトリートメントの動画も

最近、リンパケアのデビューをしたばかりなので

とっても参考になります。本当にありがとうございます。

そして、、、動画編集されているご主人様?にも

どうぞよろしくお伝えくださいませ。大変な労力だと思います。

ありがとうございます(*^_^*)

心からの感謝をこめて

Mさんより

===

Mさん、見つけてくださってありがとうございます。夫も喜んでいます^^

無理な姿勢で施術をしなくても、ちゃんとお客様に喜んでもらえたようで良かったです!

強もみに疑問や不安を感じながら、施術をするのはもう辞めましょう!

分かっているけど、そんな雰囲気じゃなくて・・そんなお声もいただきます。

だから、仲間を増やしたいのです!

和もみの考えに共感するセラピスト仲間を増やしたいのです!

Mさんも見てくださっているように、YouTubeで、たくさん動画をアップしています。

施術の方法や理論、講座の様子も公開しています。

強もみに悩むセラピストさんがいましたら「指が痛いなら、こんな方法があるよ~」と知らせてほしいのです。

自分が本当に良いと思うことを、お客様に提供できる環境を、みんなで作っていきましょう♪

関連記事

  1. セラピストにとって大切な考え方

  2. ガサツ王の私がお客様から「丁寧ですよね」って言われた!!!

  3. とにかく行動してみることにしました!

  4. ちょっと心の痛むことがありました

  5. 現役セラピストさんから嬉しいメッセージを頂きました♪

  6. セラピストとしてのあなたの価値を高めるには

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。