ベッドに乗らずにマッサージをする事が大切

こんにちは^^和もみ®セラピストの万里です。

先週は、大阪で和もみの基礎講座を開催しました。

「勤務時間を減らそうと思っていたのですが、これなら無理なくできそうです!」

「今までの癖を抜くには練習ですね。でも、目指すところが分かって希望が持てました!」

そんな風に言っていただけて、とても嬉しいです^^

講座に来たら、指や身体が楽になり、楽しくお仕事ができますよ。

さて。

今日は、和もみの基礎講座でもお伝えしていることの一部を紹介しますね。

身体の使い方で、やってはいけないことが3つあります。

1:肘伸ばさない

2:ベッドに乗らない

3:踏ん張らない

今日の講座にお越しくださったセラピストさんは、この3つ全てをされていました。

それじゃ、指が痛くなるし、腰もつらくなっちゃうよ?><

とくに、ベッドに乗って施術をしているセラピストさんは多いですね。

上に乗って押さないと、圧が入らないと思い込んでいるのですね。

はじめは、皆さん半信半疑ですが、

「体重圧って、こういうことなんですね!」

「苦しくないのに、圧が入ってくる!」

技術の見直しすると、ベッドに乗らない方がしっかり圧が入るようになります。

ベッドに乗って押すのは、実は、受けている方は苦しいのです。

「苦しい、圧が重い」

そう言われたことはありませんか?

その場合、身体を押しつぶし、身体をベッドに押し付けられている状態になっています。

つまり、身体の中に圧が入っていないのです。

だから、お客様は物足りなく感じるので「もっと強く」と言われてしまうのです。

どんな施術方法でも、ベッドに乗らずに、気持ちよく深い圧を入れることはできます。

無理な姿勢で、指や身体を痛めないでくださいね。

関連記事

  1. セラピストさんへ「和もみ®理論基礎講座」動画が完成しました!…

  2. マッサージの当たり?ハズレ?っていつ決まる?

  3. 強もみで目先の指名を取っても・・

  4. セラピストをやめる理由は、「対応できる術」を教えてもらえない…

  5. オイルマッサージの場合は?和もみ®ではどのようにするの?

  6. すごい強圧のお客様に、和もみやってみたら・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。