指が反らないと、お客様が満足する施術はできないのか?

こんにちは^^和もみ®セラピストの万里です。

先日は、和もみセルフケア講座をでした。

・和もみセルフケア講座

https://aromare.jp/yawamomiself1

午前中は、免疫と腸内環境と添加物の話。

オレンジジュースやコーラを作る添加物の実験もしました。

お昼を食べたら、こんにゃく湿布。

温めたこんにゃくを、肝臓や腎臓に当てて温める自然療法です。

なんとも言えない心地よさに、みんなうとうと気持ちよさそうでした^^

湿気や暑さ、冷房が苦手な方には、こんにゃく湿布いいですよ。

内容を変えて、9月6日と7日にも開催予定です。

詳細は、またお知らせしますね。

指が反らないと、お客様が満足する施術はできないのか?

さて、前回の続きの前に、ご質問をいただきましたので

今日はそれにお答えしていきたいと思います。

あなたは、「上手くできなくてお客様に申し訳ない・・」そんな気持ちで施術をしていませんか?

疑問があるなら、解決していきましょう!

上手くできるまで、アドバイスしますよ^^

Sさんからいただいた、メルマガに関するご質問はこちら。

マリさん、こんばんは(^^)

いつもメルマガありがとうございます!

今日と、前回のメルマガについてですが、

「自分の指の当てたい部分と、お客様の身体の当てたい部分を、ピタッとフィットさせること。」

自分の職場での練習の際などに、どうにも思った様にできません。

というのが、私は指の第一関節が直立で反らなくて、

フィットしたい指の面積をお客様に当てて、圧をかけると指のつけ根の関節に負担がかかります。

面積を減らして指を立てると、どうしても爪が刺さる気がして気になって仕方ありません。

圧を強くかけ過ぎなのでしょうか?

お店では、体重を乗せろといつも言われます。

Sさんより

Sさん、お返事ありがとうございます!

前々回お伝えした

「自分の指の当てたい部分と、お客様の身体の当てたい部分を、ピタッとフィットさせること。」

Sさんは、私は指の第一関節が直立で反らなくて、思ったようにできないようですね。

>フィットしたい指の面積をお客様に当てて、圧をかけると指のつけ根の関節に負担がかかります。

指の付け根に負担がかかるということは、親指を寝かせ過ぎているのかも。

とくに親指の付け根は、傷みやすいので曲げないようにしてくださいね。

それから、指が反らないとカタチを気にされているようですが、施術をするのには全く関係ありません。

(動画を見てもらったら分かると思いますが)私も指はほとんど反りませんよ^^

また、Sさんはこんな風にも言っていますね。

>面積を減らして指を立てると、どうしても爪が刺さる気がして気になって仕方ありません。

爪が刺さる感じになっているかどうか練習相手に聞きながら、

先ほどとこの中間の指のカタチでやってみるのはどうでしょうか?

自分の指の当てたい部分と、お客様の身体の当てたい部分を意識したら、爪が当たっているのかどうかは自分の感覚でも分かるはずです。

もし、指の感覚で分からないとしたら、指や手に力が入っています。

力が抜けると、指の感覚が敏感になりますよ。

~無料で学べるメール講座、メルマガ配信中~
詳細⇒https://aromare.jp/tsuyomomishinai

●マッサージに必要な体重圧は1~3キロ

そして次は、

>圧を強くかけ過ぎなのでしょうか?

>お店では、体重を乗せろといつも言われます。

施術をするとき、和もみ理論の考えでも体重圧は使います。

ちなみに使う体重圧の重さは、1~3キログラムです。

多くても5キロまで。

20キロ30キロ乗せるように指導している人もいるようですが、普通に考えてその重さが乗ったら身体壊れますよね?

体重をたくさん乗せるのではなく、1~3キロの重さを無駄なくお客様の身体の中に届けるのです。

3キロだって、けっこう重いですよ。

それを親指をいう一点に乗せたら、十分気持ち良く感じてもらえます。

●指が反ることより大切なこと

もう一つ、圧を入れるときに大切なことがあります。

圧を入れる自分の指を、お客様の身体に受け入れてもらうことです。

施術って共同作業なんですね。

一方通行になると、気持ちいい施術はできません。

どんなに強いチカラを入れても、相手が受け入れなければ、圧は入らないのです。

自分の都合だけで押そうとすると、お客様の身体が無意識に抵抗します。

抵抗された状態で圧を入れようとするから、自分の指が痛くなるのですね。

手の余分な力を抜いて、柔らかい手で、指を当ててみてください。

そうすると、お客様の身体に抵抗されずに圧が入るので、指は痛くならないですよ。

文章だと難しいですが、少しでも伝わったら嬉しいです。

最後にお知らせです♪

9月16日(水)に、和もみの基礎グループ講座を開催します! 

手や身体への負担なく、お客様に喜ばれながら、セラピストを長く続けていく秘訣をお伝えします!

●動画YouTubeにアップしています

https://bit.ly/2MZ9BFy

●無料で学べるメール講座、メルマガ配信中

強もみしないでセラピストを長く続ける秘訣を公開!

詳細⇒https://aromare.jp/tsuyomomishinai

和もみ®理論には、セラピストを長く続ける秘訣がたくさんあります。

お客様から「また、あなたにお願いしたい!」そう言ってもらえますよ^^

今日も、お仕事楽しく頑張りましょうね♪

関連記事

  1. セラピストさんの悩み「施術で筋肉を痛めてしまっているかも・・…

  2. とにかく行動してみることにしました!

  3. なぜ?強もみを好きになるのか?謎が解けました

  4. 圧の深さは、皮膚脂肪をとばして1~5ミリ

  5. 強もみをしない「和もみ」は、弱揉みでもない!

  6. 強もみのお店で働いていたMさんが2年半ぶりに講座へ♪嬉しすぎ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。