セラピストにとって大切な考え方

こんにちは^^和もみ®セラピストの万里です。

昨日と、一昨日は、「和もみセルフケア講座」でした。

セルフケア講座と言っても、マッサージの方法は教えません。

日々の生活に取り入れて、健康で元気になれる方法をお伝えしています。

日曜日は、サロンの常連さまが来てくれました!

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2921673904733819&id=100006737141913

月曜日は、セラピストさんとネイリストさんが来てくれました!

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2922665157968027&id=100006737141913

ありがとうございました!!

講座の内容よりも、ご飯を楽しみにしてくる人が増えているような・・

来てくださる方の雰囲気もあって、暖かい場になって嬉しい^^

私の最近のテーマは、

自分の身体ともっと仲良くなろう♪」です^^

お客様もセラピストさんも、自分の身体の扱いが雑だったり、めんどくさがっていたりして

も~~~~っ!そんなんじゃ、身体も文句を言いたくなるよ~><

思わずそう言いたくなる人が多い。

自分の身体と仲良くなれたら、毎日がもっと楽しくなります。

そして、もっともっとやりたいことがやれますよ!

セラピストにとって大切な考え方

さて今日は、素敵なメールが届いたのでご紹介します。

和もみでは、「施術のやり方も大切だけど、セラピストのあり方がもっと大切だよ!」と伝えています。

施術の方法は色々あるけど、お客様が選ぶのは「あなた・人」だから。

Nさんからのメールを読んで、改めてどんな考えを持ったセラピストにやってもらうかが大事だと感じました。

共感するセラピストさんも多いんじゃないかな^^

メール講座の5日目には、私からこんな質問があります。

質問は、この2つ。

1:あなたは、どんなセラピストになりたいですか?

2:そうなったとき(あなた、お客様、世の中にとって)どんな良いことがありますか?

そして、Nさんから届いたメールはこちらです。

===

1.私は、お客様の心にも身体にも寄り添えるようなセラピストになりたいです。

お話をすると手が疎かになってしまうし、まだ余裕がないので黙々と押しているのですが(笑)、話すことでも気持ちや身体は楽になると思うので、その両面をケアできるセラピストになりたいです!

2.お客様が喜んでくれることで私の心はハッピーになります。

そのハッピーな私が別のお客様を施術することでその方もハッピーになります。

更に私はハッピーになって、また別のお客様をハッピーにすることができます。

お客様も心や身体がハッピーになれば、周りの人たちにも優しくできて、ハッピーが連鎖していきます。

結果、世の中がハッピーで優しい人たちで溢れ、無意味な争いごとは起きなくなります。

そういう世界を作るために、私の腕が指が気持ちが役立つんだと思ってます!
メール届けてくださってありがとうございます。

Nさんより

===

Nさん、お返事ありがとうございます。

ハッピーの連鎖、素敵ですね!

結果、世の中がハッピーで優しい人たちで溢れ、無意味な争いごとは起きなくなります

ホントに!私もそう思います。

セラピストには、世の中を変えていく力があると思っています。

たくさん練習して、たくさんのお客様を癒していってくださいね^^

ひとりのお客様から、世界へ。

楽しく頑張りましょうね^^

応援しています。

Nさんは、お客様デビューをしてまだ2か月だそうです。

このメールを読んで、こういうセラピストさんなら、身体のチカラも抜けて癒されるだろうな~

改めて、どんな考えを持ったセラピストにやってもらうかで結果も変わると感じました。

強もみが良くないことを知りながらやっている施術者や、

お客様の顔色を伺いながら無理してやっている施術者よりも、

世の中をハッピーにしたい!

そんな優しい考えのセラピストさんが、私はいいな^^

あなたは、どうですか?

【予約状況について】

・個別レッスンとサロンの予約は、随時受付しています

こちらの予約状況から、希望の日時をご連絡ください

予約・お問合せ

関連記事

  1. セラピストさんの悩み「施術で筋肉を痛めてしまっているかも・・…

  2. 今年こそは、自分を変えたい!

  3. セラピストとしてのあなたの価値を高めるには

  4. 強もみをしない「和もみ」は、弱揉みでもない!

  5. 強もみのお店で働いていたMさんが2年半ぶりに講座へ♪嬉しすぎ…

  6. 強もみしない施術の効果は、どれくらいもつ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。